本文の先頭へ
LNJ Logo レイバーネット日本
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Folder labornet
View

会員関連サイト

more...

  • 全新着
  • メイン新着
  • 韓国発新着
 レイバーネットへの情報提供 

不誠実なゼロ回答をやめなさい!〜東部労組全溶支部が第3波・第4波ストライキを決行
JRや私鉄各社のレール溶接を手がける株式会社全溶(本社:東京都練馬区)の労働者でつくる全国一般東京東部労組全溶支部は、8月3日から同4日にかけて第3波・第4波のストライキを決行しました。7月31日に行った団体交渉で、手当 カットや人員削減をもとに戻すよう要求している組合側に対し、全溶の沼田社長がまたもやゼロ回答を行ったためです。第3波ストは全溶支部のうち本社所属の組合員31人が8月3日午後8時から同4日午前6時までの10時間、第4波ストは全溶支部のうち東京レールセンター営業所(東京都江東区)所属の組合員10人が同4日午前8時半から同日午後4時半までの8時間、それぞれ実施しました。(須田光照) 報告

「アリ地獄」の引越社に対して集団提訴〜弁償金を取り戻そう!
「アリ地獄」と揶揄され、労働者に引越荷物や車両事故の高額な弁償をさせることで知られているアリさんマークの引越社(株式会社引越社=名古屋、株式会社引越社関東、株式会社引越社関西の3社)に対する集団訴訟が始まりました。第一陣は、7月31日に名古屋地方裁判所に12人で提訴し、司法記者クラブで記者会見を行いました。同日、東京でも在職者1人が先行して、東京地裁に提訴し、厚生労働記者クラブで会見。関東も15人が後に続きます。関西も8月中に提訴予定です。巨大なブラック企業に対し、勇気を持って立ち上がった20代、30代の社員、元社員の闘いをご支援ください。(プレカリアートユニオン・清水直子) 詳細 *写真=TVも大きく取り上げた

戦争する国は学校から〜第5回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会
8月2日、東京の日比谷図書文化館で第5回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会が開かれ、約150名が参加した。国立大学にも「日の丸・君が代」が押し付けられようとしているいま、「戦争する国は学校から」と題してドイツ文学研究者の池田浩士さんが講演した。池田さんは、天皇制日本とナチスドイツの教育支配を比較する。学校支配に手間取ったドイツに対して、日本は明治維新後、軍隊と教育をいち早く掌握した。しかし労働奉仕(日本では勤労奉仕)に関しては、日本はドイツに学んだという。日中戦争のさなか、こどもたちは農家の手伝いや、神社の清掃などをさせられ、それが勤労動員につながっていった。1939年夏休みには、高専・師範学校生2500人が中国に「勤労報国隊」として約1ヶ月派遣され、侵略戦争後の復興活動に使われた。(佐々木有美) 続き渡部通信

ついに高校生も立ち上がった!〜制服姿で「戦争法案反対」渋谷デモ
大学生に続いて、ついに高校生も「戦争法案」反対に立ち上がった。8月2日午後4時、代々木公園を出発したデモ隊は、制服姿の高校生など数十名を先頭に行進。隊列は、応援の市民をあわせて数千人を超える大デモとなった。高校一年生の女性は筆者のインタビューに答えて、「回りはまだ無関心が多いが、私はこの時代に関わっていきたい」と目を輝かせていた。デモは音楽をがんがん流しながらのサウンドデモ。壇上の車から男性は「来年から選挙権が18歳になる。いまこそ高校生が政治に関心をもつべきときではないか」と訴える。また浪人生だという女性は「いま遊んだり勉強できるのは、先人たちが闘って憲法を守ってくれたおかげ。次は私たちが権力と闘って憲法を守るべきではないでしょうか」と熱く語った。若者のリズミカルなコールは、渋谷の繁華街の人々の大きな注目を浴びた。コールで印象に残ったのは、「安倍晋三から日本を守れ!」「安倍晋三は一番脅威!」だった。高校生は「アベ」に本当に怒っていた。(M) 写真速報動画(5分47秒)ムキンポ写真館毎日新聞NHKニュース高校生デモ「T-ns SOWL(ティーンズソウル)」HP

米国が日本をスパイ盗聴していた!〜ウィキリークスが暴露
本日、2015年7月31日、中央ヨーロッパ夏時間[世界標準時より2時間進んだ時間]午前9時、Wikileaksは「ターゲット・トーキョー」を公表する。NSAが日本をターゲットとした35のトップシークレットの情報で、このなかには日本の閣僚、三菱などの日本の企業が、日米関係、貿易交渉、慎重な取り扱いが必要とされる気候変動戦略に関する傍受が含まれている。このリストは、NSAが日本の企業複合体、政府の官僚、大臣、相談役を、第一次安倍内閣(2006年9月から2007年9月)の時期にまで遡ってスパイしていたということを示している。電話盗聴のターゲットのリストは、日本の内閣府の電話交換台switchboard、内閣官房長官、菅義偉、「政府VIP 回線」と記載された回線、黒田日銀総裁を含む日本銀行内部の非常に多くの職員、少なくとも一人の日銀職員の自宅の電話、日本の財務省内、経済産業省、三菱の天然ガス部門、三井の石油部門の部の非常に多くの電話番号が含まれている。(ウィキリークスHPより・仮訳) 続き

NHKへの怒りはすごかった!〜「恥を知れ」200人がコール上げる
8月1日夕刻、東京・渋谷のNHK放送センター前には2〜30人ほどの人が集まっていて、せいぜい50人ぐらいかなと思いきや、定刻の午後6時になるとあっという間に人数が増えて、沿道の両側100メートルぐらいが埋め尽くされ、道路を隔てた反対側にも並んでいた。集会には、元NHKプロデューサーの永田浩三さんやジャーナリストの林克明さんの姿も見える。飛び入りのミュージシャン・火炎瓶テツさんがマイクを握ると、一挙にムードが盛り上がった。この人は天性のアジテーターだ。まず、運動には時期をつかむことの大切さを説きながら、主催者の勇気と実行力を称えた。短い演説とコールをくりかえしながら、参加者の発言を求めていく。(牧子嘉丸) 続き *写真=NHK放送センター前

鶴見俊輔さんに学び憲法擁護の道を歩もう!〜松本昌次のコラム
現在、安倍政権を打倒するために、いかなる組織にも属さず、個人として日夜、国会をとり巻き抗議の声をあげる人びとに期待し、それに先駆的に応援を惜しまなかった人こそ豸俊輔さんといっても過言ではない。60年安保の折、政府に抗議して都立大を辞職した竹内好さんに呼応し、直ちに東工大を辞職した鶴見さん。そんな知識人・学者がいまどこにいるか。「一つの尺度」にしばられる党派や進歩的集団を批判しつつ、生涯、日本共産党に投票しつづけたという鶴見さん。去る7月20日、鶴見さんは93歳の生涯を閉じた。その生涯から学ぶことによって、憲法擁護の道を歩まねばならない。(松本昌次のいま、言わねばならないこと) 全文大木晴子さんの写真 *2002年イラク反戦デモ 中央が豸俊輔さん(写真提供=しんぶん赤旗)

「戦争法案」本当に止める〜学生・学者・市民がタッグを組んで共同行動
7月31日夕方、東京・砂防会館の大ホールはびっしり埋まり立ち見になった。ここで2回に分けて「安保法案に反対する学生と学者の共同行動」の集会が行われ、約4000人が参加した。市民の参加が多く、学生の一つひとつの発言には惜しみない拍手が送られた。集会では、シールズの学生と学者が交互に発言した。上智大学の中野晃一教授が「世界3位の経済大国で文明国家のはずの日本国。その総理大臣に対して“憲法守れ!”と言わなくてはならないこと自体、とてもおかしいことだ」と語ると、苦い笑いが会場に広がった。登壇した学生は「反民主主義の安倍政権に対して、日本の人々がどう立ち向かうのかを世界中が注目している。私たちが声を上げ行動することで、日本の民主主義を世界に示そう! 学生・学者・市民は団結して必ず廃案にしよう」と訴えた。集会後、国会請願デモ、正門前抗議を行ったが、参加者は膨れあがる一方だった。(M) 写真速報動画(6分43秒)東京新聞ムキンポ写真館TBSニュース水島朝穂スピーチ(IWJ) *写真=国会正門前抗議行動

「鮮度でクビ」を追認!〜「カフェ・ベローチェ雇止め事件」で不当判決
本日(7/31)、東京地方裁判所民事第19部(吉田光寿裁判官)は、「カフェ・ベローチェ」 を運営する株式会社シャノアールが、同千葉店で4年11ヶ月もの間アルバイトとして勤務してきた女性 労働者(原告)を雇止めした事件において、同社に対する地位確認請求、慰謝料請求をいずれも否定する 極めて不当な判決を言い渡した。本件の原告は、長年貢献してきた被告から、モノのように扱われ簡単に 辞めさせられたこと、年齢を重ねた女性を鮮度が落ちたと評され、人として尊厳を奪われたことに深く傷 つき、本訴訟を提起した本判決は、被告の組織的かつ脱法的な雇止めを容認し、原告の権利を踏みにじる ものであり、極めて不当な判決である。首都圏青年ユニオン及び同顧問弁護団は、不当な雇止めと人間の 尊厳を奪うことを容認した本判決を断固として糾弾し、労働者の権利を守るため、今後も徹底的にたたか い抜く決意である。(首都圏青年ユニオン) 声明全文 *写真=判決後の記者会見

ついにJR北海道崩壊 が始まった!〜噴出する赤字ローカル線問題
国鉄分割民営化とJR発足から2 8年が経過した。国交省・JRグループが弥縫策を積み重ね、民営6社体制の矛盾をなんとか覆い隠そう とする中で、2013年、JR北海道で積年の矛盾が一気に噴出するように安全問題が顕在化。相次ぐ脱 線・発煙事故、衝撃的な元社長2人の自殺、そしてJR会社法に基づく史上初の「監督命令」と続いてき たJR北海道の崩壊がとうとう始まった。今度はローカル線廃止問題が急浮上したのだ。きっかけは、去 る6月26日、JR北海道内に設置された「JR北海道再生推進会議」が島田修JR北海道社長に対して 行った提言だった。予想されてはいたことだが、提言はJR北海道に対し、「事業範囲の選択と集中」を 進めるよう求めた。(黒鉄好のレイバーコラム「時事寸評」) 続き

「戦争法案反対」 7.30木曜行動に2500人〜国会審議では「米軍の戦争犯罪」追及
毎週木曜日に行われている「戦争法案反対国会前集会」も7月30日で11回目になった。しかし数は減ること なく増える一方で、2500人が集まった。集会では、生活・民主・共産・社民の議員が「絶対廃案」を訴え た。福島みずほ議員(社民)は、この日の質疑で「憲法を守らず勝手に解釈を変えてしまう総理大臣はい らない、ただちに退陣すべきだ」と安倍首相に強く迫ったと報告した。30日には山本太郎議員が再び質問 に立ったが、傍聴した市民は「すごい迫力だった」と記者に語った。山本議員は、民間人が大量に犠牲に なったイラク戦争を取り上げ、「米軍が一番戦争犯罪を行っている常習犯。安倍総理は知っているのか? そしてアメリカに戦争犯罪をやめるように言えるのか?」とただした。首相はまともに答えられず、生中継 のTV画面からも狼狽ぶりが伝わってきた。(M) 写真速報動画(国会前 3分30秒)動画(山本太郎質疑「米軍の戦争犯罪」)

再稼働阻止!川 内原発の現地に乗り込もう〜広瀬隆が緊急呼びかけ
全国のみなさま・・広瀬隆です。時間がないので、大至急の呼びかけをさせていただきます。 つい先日、鎌田慧さんの呼びかけで、8月8〜11日に、二陣に分かれて、「首都圏から大集団を出して、川 内原発のゲート前行動に参加しよう!」との決断がなされました。どうして現地へゆくのかって? だっ て、おかしいでしょ? 鹿児島の現地では、川内原発の再稼働を阻止しようと、“住民による必死の活動”が展 開されているのですよ。しかも、九州電力の計画では来月8月10日に制御棒を引き抜いて、核分裂をスター トさせる、ついにその「再稼働Xデー」まで10日余りしかない。というのに、首都圏の新聞では「川内原 発の再稼働を許さない」という新聞記事がどこにも見えない日々ですよ。今朝の朝日新聞では、「原発時 代への回帰はおかしい」という論調の社説はあったが、あまりに抽象的で、軟弱すぎる。これは、全国問 題なのです。(たんぽぽ舎通信より) 続き

「国民の命を守る 気があるのか!」〜山本太郎議員が安倍の嘘っぱちを暴露
7月29日の「戦争法案」参議院特別委員会では、共産党(小池晃)・社民党(吉田忠智)・生 活(山本太郎)が質問に立ったが、安倍首相がタジタジになるシーンが続出した。小池議員は海自の内部 資料をもとに、米軍攻撃用ヘリと給油する自衛隊ヘリ空母との関係を図で示し、「これは米軍と一体にな った武力行使そのものではないか」と追及した。山本議員は、「政府は北朝鮮や中国のミサイルが脅威だ としているが、原発が攻撃され破壊された場合、放射能被害はどの程度になるのか? 住民の避難はどうな るのか?」と質問。これに対し原子力規制庁の田中委員長も安倍首相も「想定していない」「起きてみな いとわからない」としどろもどろ。山本議員は「それで国民の命を守る気があるのか! 国民の命と財産を 守ると言って“戦争法案”を準備しているが、とんでもない。何もやっていないではないか」と迫った。 (M) 記事動画 (小池晃質疑)動画(山本太郎質疑「原発とミサ イル」)7.29審議ダイジェスト

NHKってなんだ、 いったい何なんだ!?〜牧子嘉丸のショート・ワールド
●NHKってなんだーその1 NHKは7月15日の安保(戦争)法制特別委員会の締めくくり総括 質疑をテレビ中継せず、「これほど関心の高い法案を無視して公共放送と言えるのか」(乙武洋匡)と批判 され、「歴史的汚点を残した」(内田樹)断罪された。翌16日の本会議は中継されたが、衆院通過する と、「これで法案成立の公算は大きくなった」とテロップや解説で執拗に繰り返す。「どうだ。うるさく 言うからちゃんと中継してやったろう。でも、法案は成立するもんねえ」と言わんばかり。懲りもしな い、反省もしない、いったい、みなさまのNHKってなんだ。何なんだ。(牧子嘉丸) 続き

「法の支配」を否 定する礒崎発言を許すな!〜日比谷集会に15000人
7 月28日、東京・日比谷野音で開かれた「強行採決許すな!戦争法案廃案へ!大集会」の集まり方は半端で はなかった。会場外にあふれた人波に、富山・石川・福井・兵庫の組合旗もあった。全国から集まってい るのだ。集会には民主・共産・社民・生活・沖縄社大など約15人の国会議員が登壇し、各党の代表が熱弁 を奮った。小池晃議員(共産党)は、「法的安定性など関係ない、国際情勢に合わせて憲法解釈を変える んだという礒崎発言があった。とんでもない。それは立憲主義の否定どころか、法の支配を否定する独裁 政治への道ではないか!」と強く批判した。またママの会や医療関係者の会も発言。「戦争法案」反対運 動がさまざまな分野で急速に広がっていることが実感された。集会後は請願デモ。参加者数は1万5千人と 発表された。(M) 写真速報動画(5分 小池晃発言など)TBSニュース7/29国会審議予定総がか り行動スケジュール

「戦争法案」参院 審議入りに抗議!〜炎天下に400人が声上げる
「戦争法案」が参院審議入りした7月 27日昼、炎天下の国会前に約400人が集まり抗議の声を上げた。「暑い、暑い、でも負けない」。この間の 反安倍運動の広がりを感じて、参加者の表情は明るく闘志満々だった。集会で吉田社民党党首は「審議は 冒頭から大きな問題をはらんでいる」として、「特別委員会運営が自民・公明・民主・維新の4党の理事だ けになっていて、通常行われてきた少数会派のオブザーバ理事参加が認められていない」ことに強く抗議 した。「これでは少数会派の意見が運営に反映できない。改善を強く求めていく」と声を張り上げた。審 議の入口から攻防は始まっているのだ。またこの日、韓国最大の反戦団体メンバーも参加し、「戦争法案 で最初に被害を受けるのは朝鮮半島だ。一緒に反対していきたい」とアピールした。(M) 写真速報

怒りの渦で議事堂取 り巻く〜「とめよう!戦争法案」7.26国会包囲行動
7月26日午後、気温がぐんぐん上がるなか、「戦争法強行採決を絶対に許さない」「わたしたちはもう 騙されない」と2万5千人が国会を包囲した。もし警察が、鉄柵で規制していなければ、国会議事堂は民 衆の怒りの渦で簀巻きにされていただろう。みな、スピーカーから流れるゲストスピーチに拍手を送り、 安倍政権は退陣せよ!と拳をあげた。佐高信は「アベは今、どこに居るのか。われわれに向かって、しゃ べってみろ」と言ったが、このときアベは、郷里山口県の長門市で「アグリアート・フェスティバル20 15」に参加・挨拶し、そのあと居酒屋「ながと本陣」で大西倉雄長門市長らと食事をしていた、と翌日 の新聞で知った。この日の大行動は、「戦争法案」廃案と安倍退陣に向けた重要なステップになった。 (shinya) 写真報告

福島県郡山で 「戦争法案」に反対する金曜行動が始まる!
7月24日、福島県郡山市のJR 郡山駅前で「戦争法案」に反対する金曜行動が行われた。この取り組みは、6月21日に開催された「戦 争させない・9条壊すな県南県中集会」の準備会が呼びかけたもので、24日はその第1回目である。準 備会事務局長の前田文子さん(福島県教組郡山支部書記長)は、「東京などの戦争法案や川内原発再稼働 を止めようとする人たちと一緒になって、ここ郡山でも取り組んでいきたい」と取り組みの趣旨を語っ た。三春町からの参加者は、「毎週土曜日、スーパーヨークベニマルの前で戦争法案反対の行動をしてい く」と発言した。この金曜行動は、当面7月31日、8月21日、28日に予定されている。(湯本雅 典) 報告動画(3 分)

二度と戦争させない 覚悟こめて〜「東アジアのヤスクニズム」が鎮魂舞で開幕
侵略と植民地支配責任とむきあうどころか、戦争法案が強行採決された「戦後」70年の今夏、東アジアで2 度と戦争をさせない覚悟で企画展「東アジアのヤスクニズム」が7月25日に開幕しました。巨大な絵画が、 ブレヒトの芝居小屋という異空間にひしめきあう展示に圧倒されながら100人近くの人がかけつけた初日の オープニング。メインイベントとして、洪成潭「靖国と松井秀男伍長」に添えられた詩をもとに構成された 朗読があり(構成・演出 李英哲、東京演劇アンサンブル+朝鮮大学校演劇部)、次に、韓国の伝統舞を現 代にも民衆の舞として継承し続けている李愛珠さんの<戦争を掃き清めクッ>をテーマにする鎮魂舞が行 われました。26日は映画『靖国・地霊・天皇』を上映し、小倉利丸氏(現代資本主義論)と洪成潭氏のト ークがあります。 (文責:岡本・李) 1日目2日目3日目4日目5日目 6日目7日目8日目9日目(最終日)ス ケジュール詳細

ここから時代が見え てくる!〜レイバー映画祭に330人が集う
ことしのレイバー映画祭は大いに盛り上が った。7月25日(土)午前10時から午後5時すぎまで、東京・田町交通ビル6Fホールには熱い思いの人々が 5本の映画に見入った。午前の部。巨大企業サムスンに素手に立ち向かった父親を描いた韓国劇映画『もう ひとつの約束』の衝撃は大きかった。見終わった観客のほとんどが、押さえきれない感動の涙を浮かべて いた。その後に上映された『天皇の名のもとに』『誰も知らない基地のこと』『ワーカーズ・リパブリッ ク』『メトロレディーブルース3』も好評で、たたかうメトロレディーの登壇で会場が沸いた。「ここか ら時代が見えてくる」「つながって声を上げることの大事さがわかった」「どの映画も画面が緊張してい て心が震えた」などの感想が寄せられた。参加者は330人に達した。(M) 写真速報感想(堀切さ とみ)『天皇の名のもとに』感想『もうひとつの約束』感想『メトロレディーブルース3』感想フィナーレ動画 歌 /コールアンケート紹介 *写真=第2部のショートトーク

安倍政権にNO!を 突きつける〜官邸前・国会周辺に押しよせた人々
7月24日、日比谷野音に数千人の 市民、学生や労働組合関係者が結集し、安倍政権に「NO!」を突きつけた。集会は、原発、秘密保護法、労 働、TPP、農業、米軍基地、安全保障法制など様々な分野で、安倍政権の規制緩和や制度破壊に対して声 をあげる個人や団体が企画した。集会で発言した精神科医の香山リカさんは、安倍総理を「権力中毒」と 診断し、首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさんは「安倍こそが本当の売国奴だ」と指摘した。 「『平和のためには戦争してもいい』という全くおかしなことが、今の日本ではまかり通っている。安倍 首相は積極的平和主義のためには戦争も辞さないと言うが、これこそが暴力。こういう暴力をなくすこと こそが積極的平和主義ではないか」と香山さんは訴えた。参加者は、「安倍政権NO!」と書かれたプラカー ドを掲げてシュプレヒコールをあげたあと、官邸前や国会周辺に移動して抗議行動を続けた。(松元ち え) 写真速報動画 (3分)

中学校歴史・公民とも に育鵬社版を採択〜恣意的に作られた「採択資料」
7月23日の都教委定例会の議案は、都立中学校(中学校・中等教育学校10校、特別支援学校2 1校)の教科書採択について、報告が都立高校における規範意識の育成について。非公開議案は教員の懲 戒処分について。教科書採択が議案だったので、傍聴希望者は38名。18名が傍聴できなかった。「モニタ ーをつけて、別室で見られるようにしてほしい」と何人かが訴えたが、難しいことではないだろうに、担 当者は無視をした。今回もまた、前回の定例会の終わりに予告した「10時開始」をホームページ上で突 如、「9時15分開始」に変更しての開始だった。傍聴者を歓迎しない、そして何と無責任な仕事ぶりか。定 刻を過ぎたというのに、私たちは入室できずに廊下で待たされた。と、9時20分、木村委員があわてて部屋 に入って行った。木村委員が席に着くや、私たちに入室指示が出された。(根津公子の傍聴日記) 続き *写真=都教委入口
 
 
Count:5855208
全カテゴリのサマリ:RSS
トップカテゴリのサマリ:RSS

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について