本文の先頭へ
LNJ Logo レイバーネット日本
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Folder labornet
View

会員関連サイト

more...

全ニュース記事のRSS/RDF(0.91)

2019/04/21
(by Staff)

コルテックの9次交渉は4月15日午前11時、 韓国ガス公社ソウル地域本部で開かれた。 8時間を越えるマラソン交渉の末に午後7時に交渉が中断された。 次期交渉は4月16日午前10時、同じ場所で開かれる。 

2019/04/21
(by Staff)

コルテックの解雇労働者たちが2007年に使用者側の一方的な工場閉鎖と整理解雇に対抗して闘争を始めてから13年になりました。 3月12日、コルテックの解雇労働者のイム・ジェチュン氏は、 コルテック使用者側に「整理解雇謝罪、定年前の名誉復職、解雇期間補償」を要求してハンストを始めました。 イム・ジェチュン氏は毎日毎日燃え上がるからだと不眠の苦痛に耐えに耐えています。 

2019/04/21
(by Staff)

セウォル号惨事5周年を前にした4月13日晩、 光化門でセウォル号惨事5周期記憶文化祭「記憶、今日に明日を問う」が開かれた。 今回の集会は「記憶、未来、責任」をテーマに 市民約2万人の参加で進められた。 集まった市民の主要要求は、セウォル号惨事の再捜査と責任者の処罰だった。 

2019/04/21
(by Staff)

検察がハンファ不当労働行為訴訟で使用者側の人物の多数を不起訴にした中で、 金属労組慶南支部が抗告をした。 

2019/04/19
(by Staff)

自由韓国党の秋慶鎬(チュ・ギョンホ)議員など17人は4月11日、 「労働組合および労働関係調整法一部改正法律案(労組法)」と 「派遣法勤労者保護などに関する法律一部改正法律案(派遣法)」を発議した。 

2019/04/19
(by Staff)

「遠南労働者権利探し事業団」が4月8日に発足を知らせ、 遠南産業団地労働者の実態調査を始めた。 遠南事業団は5月中に実態調査結果を発表して、 その後、労組の組織化事業を推進する計画だ。 

2019/04/19
(by Staff)

この1年間の活発なMeToo運動で、 性差別、性暴力の現場だった職場にも少なからぬ変化があったことが明らかになった。 セクハラ・性暴力が法的に処罰される犯罪で、 女性の人権と労働権を侵害する行為だという認識が 多くの職場に広がったのだ。 特に積極的に制度が作られた職場では、 性暴力の対応に実効性がうまれて組織の雰囲気も改善された。 

2019/04/19
(by staff01)

4月13日(土)の「あるくラジオ」に出演した黒鉄好(安全問題研究会)さんから、感想が届きました。 

Next 20 older articles


このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について