本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国の労働運動
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Folder korea
View


注目トピックス

韓国の労働運動に関するすべての記事

韓国:サムスン労働者の遺体侵奪、警察-サムスン共謀か?

2018/04/24

検察がサムスンの労組破壊文書の捜査を進めているが、 サムスン電子サービスのヨム・ホソク烈士遺体侵奪事件の真相もまた明らかにしなければならないという要求が高まっている。 特に、この事件は警察が大規模経歴を動員して遺体と骨壷を持ち出したケースで、 検察の捜査範囲を警察とサムスンの癒着疑惑まで拡大すべきだという声も上がっている。

 

韓国:国防部、THAAD基地装備搬出「偽り」議論

2018/04/20

国防部の「偽り合意」の論議がおき、国防部とTHAAD反対団体・住民間の対立が再点火された。 「民間装備」を搬出することに合意したが、まさに搬出した装備は駐韓米軍の装備だったという。 国防部は将兵生活改善のための工事がぜひ必要だという立場だが、 THAAD反対団体・住民は国防部を信頼できないという雰囲気だ。

 

韓国:セウォル号4周年、遺族も専門家も「真相究明はまだ遠い」

2018/04/20

セウォル号惨事が発生してから4年経った今日、 初めて政府次元の合同永訣-追悼式が行われるようになる。 今日の合同告別式を最後に304人の遺影を大切に保管してきた安山の合同焼香所も扉を閉じる。 追慕の象徴は歴史の中に消えるが、惨事の真実は相変らず真っ暗だ。 遺族とセウォル号惨事真相を調査してきた専門家たちは、 政権の妨害できちんと真相調査ができなかったので「沈没原因」等を再調査すべきだと主張した。

 

韓国:サムスン、故ヨム・ホソクの遺体奪取に介入した状況証拠

2018/04/20

サムスン電子サービス本社が2014年5月に亡くなった自社の労働者、 故ヨム・ホソクの遺体を警察が奪取することに介入した状況証拠が出てきた。

 

韓国:保守プロテスタントと韓国党の『人権条例殺し』

2018/04/20

地方選挙までわずか二か月残す現在、人権条例が熱い政治的な話題に浮上した。 昨年、保守プロテスタント界を中心に構築された 「同性愛同性婚改憲反対国民連合(以下、同反連)」は 「地方人権条例の廃止のために努力し、 地方選挙の立候補者に同性愛についての立場を聞く」と明らかにした。 人権条例が候補検証の新しいリトマス紙として登場したのだ。

 

韓国:二大労総「最低賃金法改正要求案」を発表

2018/04/20

国会が最低賃金算入範囲議論を本格化した中で、 二大労総が労働界の提案を込めた「最低賃金法改正要求案」を発表した。 二大労総は最低賃金制度の本来の趣旨である 「低賃金労働者の生活の安定」、 「社会二極化の解消」の原則を基準として 該当要求案を作成したと明らかにした。

 

韓国:国防部、星州THAAD基地装備搬入中断

2018/04/17

4月12日午後2時、 国防部はTHAAD(高高度ミサイル防衛体系)基地工事装備の搬入を中断し、 警察と市民150人の対峙状況も終了した。

 

韓国:警察の遺体奪取…サムスンだから可能だったか

2018/04/17

最近、サムスンの労組破壊文書が判明し、 4年前に発生した警察のサムスン電子サービス死亡労働者の遺体奪取事件が再照明されている。 その時、警察は機動隊数百人を動員して遺体を奪取したが、 当時も警察とサムスンの事前共謀の疑惑が提起されていた。

 

韓国:故障したフードの下で働いた給食室調理員、肺ガンで死亡

2018/04/17

京畿道水原のK中学校の給食室で働いた調理実務士が、肺ガンで死亡する事件が発生した。 同じ学校の他の調理実務士も脳出血で倒れたり混沌を訴えて、 入院治療を受けた履歴が明らかになり、 給食室の産業安全が問題になっている。

 

韓国:THAAD基地工事装備搬入切迫

2018/04/16

4月12日午前、国防部がTHAAD(高高度ミサイル防衛体系)基地の施設工事のための装備を搬入する予定とされる慶北星州郡草田面の韶成里一帯では緊張感が高まっている。 国防部は生活施設を補修しなければならないとし、 警察4千余人を動員して装備を搬入すると発表、 THAAD反対住民と団体は「米軍ための不法工事を積極的に阻止する」と明らかにしており、衝突が憂慮される。

 

韓国:現代起亜車非正規職座込場また侵奪

2018/04/16

現代起亜車非正規職座込場が4月11日、また侵奪された。 警察・鍾路区庁と非正規職労働者たちが衝突し、 非正規職労働者1人が腰に怪我をして応急搬送された。

 

韓国:焼却施設の緊急整備の途中に下請労働者が労災死

2018/04/16

4月9日午前10時に蔚山南区にある産業廃棄物処理業者(株)コエンテックの焼却施設(K-2)で 協力業者所属のA氏(61歳)が労災で亡くなった。 A氏は焼却炉の中で踏台を設置する作業(足場作業)をしていた時、 頭に落下物に当たってその衝撃で足場から落ち、死亡した。 会社側は落下物防止対策を取っておらず、処罰されるものと見られる。

 

韓国:レイテック、性暴力に暴力まで

2018/04/16

4月10日レイテック・コリアの女性労働者たちが 性暴力と暴力を受けたと主張して、国家人権委員会に緊急救済を申請した。

 

韓国:曾坪母娘事件、「低すぎる福祉選定基準、現実に合わせろ」

2018/04/16

4月6日、忠南道曾坪郡のあるアパートで、40代の女性A氏と4歳の娘が死後数ヶ月で発見されたという事実がマスコミの報道で世の中に伝えられた。 聯合ニュースなどのマスコミの報道を総合すれば、 アパート管理事務所側はA氏が4か月間管理費を支払っておらず、 不審に思ってA氏の家を訪ねた。 管理事務所側は過去何回かの連絡にも答がなく、 この日も扉が開かないので結局警察に申告したと明らかにした。

 

韓国:サムスン前のキャンドル…「労組破壊…李在鎔の再拘束を」

2018/04/16

サムスンの労組破壊文書をめぐる議論が続く中で、 4月9日、サムスン瑞草社屋の前でサムスン電子の 李在鎔(イ・ジェヨン)副会長の再拘束を要求する キャンドル集会が開かれた。

 

韓国:金属労組、サムスン労組破壊文書の公開を要求

2018/04/16

最近暴露されたサムスン労組破壊文書と関連して、 金属労組と市民社会はサムスングループを相手に押収捜索しなければと主張している。 また、検察が確保した労組破壊文書の内容の公開を要求した。

 

韓国:KTX乗務員・解雇者約100人がソウル駅で直接雇用を叫ぶ

2018/04/13

KTX乗務員と解雇者約100人が ソウル駅の中で直接雇用を要求した。

 

韓国:労働界、「李在鎔を助ける朴槿恵判決」

2018/04/13

朴槿恵(パク・クネ)前大統領が国政壟断事件の裁判で 「サムスン賄賂」の容疑に無罪を宣告され、 労働界の内外から糾弾があふれている。

 

韓国:警察、現代起亜車非正規職座込場を暴力撤去

2018/04/13

警察と鍾路区庁が政府ソウル庁舎前の 現代起亜車非正規職座込場を暴力的に撤去した。

 

韓国:アシアナ下請、最低賃金算入範囲の拡大ですでに被害

2018/04/13

最近、国会が最低賃金算入範囲の拡大を議論しているが、 公共部門事業場で、すでに最低賃金算入範囲の拡大で被害を受けている 非正規職労働者たちが問題を提起している。

 

古い 20 本の記事


世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について