本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国の労働運動
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Folder korea
View


韓国の労働運動に関する情報

韓国の労働運動に関する情報の一覧です

新しい 20 本の記事

フランスのイエローベスト・デモ- 1789 1871 1968 2018?

2019/01/10

[ワーカーズ]写真

 

韓国:ユソン企業、敗訴した訴訟に「取り下げた」と歪曲主張

2019/01/10

ユソン企業使用者側が労使交渉中に歪曲された主張を含む報道資料をマスコミに配布し、 議論が起きている。

 

韓国:ユソン企業労働者の死…「検察の企業庇護のため」

2019/01/10

金属労組ユソン企業支会が最近自決したユソン労働者の死には 検察が捜査を遅らせ、企業を庇護したためだと糾弾した。

 

韓国:ファインテック...労使交渉なぜ解けないか?

2019/01/10

ファインテック労使交渉が難航を繰り返している。 1月3日の4次交渉で使用者側は「ファインテック(子会社)再稼働」案を提示し、 労働側は「ファインテック運営にスターフレックス(元請)が法的責任を負う条件」を要求した。 使用者側がこれを拒否し、交渉は空転を繰り返している。 チャムセサンが具体的な交渉の争点を整理してみた。

 

韓国:ファインテック高空籠城労働者2人、無期限ハンスト

2019/01/10

金属労組ファインテック支会のパク・チュノ、ホン・ギタク組合員が 煙突での座り込みを始めて421日目の1月6日、 スターフレックスに3継承(雇用、労組、団体協約)の労使合意履行などを要求して 無期限ハンストに突入した。

 

韓国:KEC労組破壊の主犯、会計違反で代表理事解任勧告

2019/01/08

KEC持ち株会社の韓国電子ホールディングスが 会計処理違反で証券先物委員会から代表理事解任勧告措置を受けた。 韓国電子ホールディングスのパク・ミョンドク代表理事は、 2010年からKEC労組破壊を主導した人物だと言われている。

 

韓国:人権委、ユソン企業が労働者を死に追いやった

2019/01/07

昨年12月20日、また一人のユソン企業労働者が自殺したが、 事実上、国家人権委員会が労働者を死に追いやったという批判が続出している。 人権委が2017年にユソン企業精神健康実態調査を行ったが、 2年近く調査結果を出していないからだ。

 

韓国:ファインテック4次交渉合意不発

2019/01/07

ファインテック労使が1月3日、ソウル市陽川区の社会的経済支援センターで 4回目交渉を進めたが、合意に至らなかった。 スターフレックス(ファインテック親会社)のキム・セグォン代表が 直接雇用不可の立場を固守したためだ。

 

韓国:タンジョテイ氏の父親とキム・ヨンギュン氏の母親が会う

2019/01/05

韓国政府の取り締まり中に建設現場で8メートル下の地下に落ちて死亡したミャンマー青年労働者の父親が 発電所の石炭粉塵の中でひとりで働いて亡くなったキム・ヨンギュンの母親の手を取り 韓国政府に真実を明らかにしてくれと訴えた。

 

韓国:ファインテック4次交渉開始

2019/01/05

ファインテック4次交渉が1月3日午前10時、 ソウル木洞陽川区の社会的経済支援センター3階で開かれた。 金属労組ファインテック支会のチャ・ガンホ支会長は交渉に先立ち 「スターフレックス(ファインテックの親会社)のキム・セグォン代表の関係者が 問題を解決することが問題解決の核心」と話し、 キム・セグォン代表は「3次の時に使用者側の最終案を出した、これを基礎として話す」と明らかにした。 最終案がなにかという質問には答えなかった。

 

韓国:ファインテック 組合員を直接雇用する条件は充分

2019/01/05

ファインテック親会社スターフレックスの社内留保金(利益余剰金+資本余剰金)が 774億ウォンにのぼることが明らかになった。 使用者側が金属労組ファインテック支会の組合員5人を直接雇用する条件は 充分にあるのに使用者側がこれを拒否しているという批判が強い。

 

韓国:人権委員長「ファインテックは社会構造的問題…政府が動け」

2019/01/05

国家人権委員会のチェ・ヨンエ委員長が、 ファインテック問題は社会的制度が不十分で起きた構造的問題だとし、 政府と国会の役割を要求した。

 

韓国:28年ぶりに産安法改正

2019/01/05

12月27日、与野のディールの中で産業安全保健法改正案、 いわゆるキム・ヨンギュン法が本会議を通過した。 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12月31日、 国会運営委に長(チョ・グク)青瓦台民情主席の出席を指示し、 野党が反対した産安法改正案の議論に出口を開いた。

 

韓国:ユソン企業労働者2人を拘束する国家

2019/01/05

ユソン企業役員負傷事件を理由として 金属労組ユソン企業支会(以下労組)の組合員2人が拘束された。 労組は「法の前の平等は偽り」とし 「労組の破壊者たちは大手を振って通りを闊歩しているのに 8年間、被害者として暮らしてきた組合員が法律違反者になる現実」と糾弾した。

 

韓国:故キム・ヨンギュン氏追慕祭に5千人

2019/01/05

泰安火力発電所の青年労働者キム・ヨンギュン氏が作業の途中死亡してから半月が経った。 その間、産業安全保健法も改正された。 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が遺族に会うとも明らかにした。 しかし5千人が亡くなったキム・ヨンギュン氏事故の真相を究明して責任者を処罰しろとキャンドルを持った。 また、中途半端な産業安全法改正では、 繰り返される死を止めることも、下請、再下請につながる不合理な雇用構造も変えることもできないとし、 非正規職のない社会を作ろうと声を高めた。

 

韓国:ファインテック煙突希望バスに500人

2019/01/05

ファインテック煙突希望バス集会に全国の労働者、市民約500人が参加した。 集会は12月29日、木洞熱併合発電所煙突の前で開かれた。 集会の参加者はファインテック親会社のスターフレックスのキム・セグォン代表に 3継承(民主労組、団体協約、雇用)約束を履行しろと要求した。 キム代表は2015年7月3継承を約束している。

 

韓国:ユソン企業労働者が自殺…また労組破壊の犠牲者

2019/01/05

ユソン企業労働者のオ某氏が12月20日に自宅で自ら命を絶った。 国家と資本が主導した労組破壊でハン・グァンホ烈士以後、 また一人の労働者が犠牲になったわけだ。 故人は金属労組ユソン企業支会の組合員だ。

 

韓国:警察、座り込み旭硝子非正規職11人を連行

2018/12/29

12月27日、警察が不法派遣事件捜査を終えても起訴について明らかにしないとし、 大邱地方検察庁地検長との面談を要求していた旭硝子非正規職労働者11人を 退去拒絶の容疑で連行した。

 

韓国:旭硝子非正規職、大邱検察庁ロビー占拠座り込み

2018/12/29

旭硝子非正規職労働者11人が12月27日午後12時50分頃、 大邱検察庁ロビーを占拠して座り込みに突入した。 検察が旭硝子不法派遣事件について、3年5か月も時間を引き延ばしているからだ。 労働者たちはなぜ検察が起訴をしないのかに答えるまで 座り込みを解除しないと明らかにした。

 

韓国:ソウル交通公社、賃金協約に暫定合意

2018/12/29

ソウル交通公社労使は12月27日午前7時頃、賃金協約に暫定合意した。 既存の労働者たちの賃金削減を招いた賃金ピーク制は、 労使が共同で政府に建議して問題を解消することにした。

 

古い 20 本の記事


世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について