本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国の労働運動
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Folder korea
View


韓国の労働運動に関する情報

韓国の労働運動に関する情報の一覧です

新しい 20 本の記事

韓国:キャンドル抗争134日、私たちの人生は変わったか

2017/04/10

新しい歴史が書かれた134日だった。 昨年10月29日から始まった合計20回のキャンドル集会。 参加者は1600万人にのぼる。 人々の賛辞が連日あふれる。 美談が発掘されて広く知られる。 集会に行っても何も変わらないと冷笑していた人々も、今回はうなずく。 過去のどんな抗争よりも大きく広く燃え上がった「キャンドル抗争」だった。

 

韓国:私が生産する労働は社会にどんな影響を与えるか

2017/04/10

昨年9月、蔚山の温山国家産業団地内にある石油化学業者で働いた。 しばしば「プラント建設労働」というが、 機械、製管、配管、溶接、電気等で、石油化学、発電、精油などの工場施設を建設したり設置する仕事だ。

 

韓国:「消費振興」ではなく「賃上げ」を

2017/04/10

大韓民国の家計消費萎縮を心配する声が高い。 経済専門家、政治家、言論も、家計消費が増えなければ金が回らず、経済が解けないと。 この前発表された前年度の家計動向統計についても、消費の減少に注目する分析記事が並んだ。 基本所得の話題性も冷めそうにない。

 

韓国:激動2017、予想された風浪

2017/04/10

今年は2007年のサブプライム危機勃発から10年になる年だ。 この危機は米国の不動産バブル崩壊から始まり、2008年9月のリマンブラザーズ破産を契機とする前代未聞の世界的な金融恐慌に伝染した。 この危機に直面したほとんどの国は前例のない莫大な救済金融と共に各種の景気浮揚策を注ぎ込んだ。

 

韓国サンケン、日本遠征闘争 4/7

2017/04/09

4月7日(金) 雨のち晴れ  当該3名、支援6人 本社前行動、座り込み、志木駅前情宣、川越工場前情宣

 

韓国サンケン、日本遠征闘争 4/5

2017/04/08

今日から新たに来日した二人を加え 韓国サンケン労組メンバーが5人となり 支援6人で門前行動の開始。

 

韓国サンケン、日本遠征闘争 4/6

2017/04/08

4月6日(木) 晴天で暖かい。志木駅前に移動したころから時折突風が吹いた。 参加者:当該5名、支援する会6名

 

韓国:金属労組「韓国サンケンの整理解雇撤回は国民の要求」

2017/04/06

金属労組はこの日、慶尚南道昌原市慶尚南道議会で記者会見を行い、 韓国サンケンは解雇者34人を復職させろと主張した。

 

韓国:慶南の国会・市道議員が「韓国サンケン整理解雇撤回要求」

2017/04/06

金属労組慶南支部韓国サンケン支会と「韓国サンケン整理解雇阻止のための地域対策委(以下対策委)」は 4月6日午後2時30分、慶尚南道議会のブリーフィングルームで記者会見を行って 「韓国サンケンの整理解雇撤回は国民的要求」と主張した。

 

韓国サンケン、日本遠征闘争 4/4

2017/04/05

4月4日(火)晴れ 参加:当該3名、支援5名

 

韓国サンケン、日本遠征闘争 4/3

2017/04/05

4月3日(月)の韓国サンケン闘争の報告です。 晴れ、サンケン電気構内の桜の花も5分咲きくらいになっていた。 当該3名、支援6名

 

韓国サンケン、日本遠征闘争 3/31

2017/04/05

3月31日(金)曇り/ 参加:当該3名、支援4名

 

韓国:韓米FTAは借刀殺人計だ

2017/04/05

韓米FTAをめぐり、どれほど米国への輸出が増え、いくらを輸入が減ったのかを問うのは無意味だ。 2008年の世界金融危機以後、米国は現在回復傾向にあるとしても、まだ世界では景気低迷とデフレーションが横行している。 世界の資本主義がまだ不況のトンネルをさ迷っているのに、FTAでこれまでうまく行かなかった貿易が活性化すると期待するのは心の迷いというものだ。 また、後でまた言及するが、核心技術特許が米国企業に集中していて、製品を売れば売るほどさらに多くのロイヤリティーを米国企業に支払わなければならない。

 

韓国:胸のときめきで始まった私の共同闘争

2017/04/05

[連続寄稿](4)「(仮称)労働悪法撤廃! 労働法全面制定・改定! 労働三権争奪! 闘争本部」構成のための全国巡回闘争に行って

 

韓国:モーターショーで「鄭夢九拘束」を叫んだ労働者7人を警察が暴力連行

2017/04/05

警察がソウル・モーターショーで現代車グループの鄭夢九(チョン・モング)会長の拘束を要求した現代起亜車労働者7人を連行した。 連行の過程で労働者1人が大怪我をして、病院に運ばれた。

 

韓国:フランス、超国籍企業の横暴牽制を始める

2017/04/05

「我が社はフランスの会社で、店長もフランス人なのに、なぜ労組を拒否するのですか?」、 「韓国ではそうしてもいいからさ」。 ドラマ「錐」の中の印象的な場面だった。 「錐」はフランス系流通業者、カルフの労働者たちが労組を結成する過程を扱う。 劇中の場面のように、カルフがフランスではできなくても韓国でできることが労働弾圧だ。 このように、被害者はいるのに加害者をきちんと処罰できない超国籍企業の人権侵害問題に対し、 国際社会は長い間、解決方法を探してきた。

 

韓国サンケン、日本遠征闘争 3/30

2017/04/04

3月30日(木)/ 快晴。風もなく暖かい。/ 参加者:当該3名、支援する会7名

 

韓国:[WORKERS 29号インタビュー]性少数者、文在寅を一喝

2017/04/04

文在寅(ムン・ジェイン)大統領選候補が突然に性少数者を呼び出した。 2月13日、彼が韓国キリスト教総連合会で「同性愛を支持しているのではない」とし、 「追加立法(差別禁止法)による不要な議論を防がなければならないというのが共に民主党の公式立場」と発言したのが発端になった。

 

韓国:[WORKERS]4月号 イシュー(3)応答するな2002

2017/04/04

文在寅候補の「進歩」という修飾語の有効期間はすでに切れた。 だが心配ない。 彼の空いた空間を進歩陣営の人々が満たしてくれているから。 文在寅の言うように、いまや古臭い単語になってしまった進歩。 果たして「進歩」の意味は、誰の手によって色あせたのだろうか。

 

韓国:[WORKERS]4月号 イシュー(2)「変節」と「連帯」、その間で

2017/04/04

全く新しいものはない。 しかしなぜか新しく見える。 政権交代という四文字があたえる力だ。 「忘れることができます。時間が過ぎれば」。 参与政府の時に同僚を失ったある労働者が話した。

 

古い 20 本の記事


世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について