本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国の労働運動
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Folder korea
View


韓国の労働運動に関する情報

韓国の労働運動に関する情報の一覧です

新しい 20 本の記事

韓国:住宅給付調査員、セクハラと暴力経験増加

2020/10/16

世帯を訪問して脆弱階層の住宅給付支援業務を遂行する住宅給付調査員が、 一人危険世帯を調査してセクハラ、暴力などにあう事件が増加している。 危険世帯の場合、2人1組で調査するのが原則だが、 危険世帯についての情報提供を受けられない状況だ。 さらに、これを管理するLHはコロナ19にもかかわらず、 対面接触調査を再推進して非現実的な防疫指針をたて顰蹙を買っている。

 

韓国:5支店を持つブランドホテルが5人未満事業場?

2020/10/16

雇用労働部の国政監査に先立ち 「ニセ5人未満事業場」の問題解決を要求する全国同時多発記者会見が開かれた。 これまでニセ5人未満事業場の労働者の権利行動を行った広げた権利探しユニオン "勧誘する"は、集合された告発現況と被害事例などを公開して 政府に対し実態調査と勤労監督を要求した。

 

韓国:与党の「宅配資本特典法」、賛成団体だけを呼んで協約式

2020/10/16

国会が一方的に宅配労働者の労働条件を悪化させ、 宅配事業者に対する特典を強化した法案を推進していることに反発が起きている。 労働者たちは、該当法案が宅配事業者の最低限の責任まで免除し、 宅配労働者の処遇を悪化させるとして法案の拙速推進を糾弾した。 政府与党は10月8日午前、 国会で該当法案に賛成する団体だけが一部参加する「生活物流法協約式」を開催した。

 

韓国:離党すれば終わり? 「民主党がイースター航空に免罪符」

2020/10/16

イースター航空の大量解雇と脱税疑惑などに苦しんだ李相稷(イ・サンジク)議員が 共に民主党を離党して、 政府と与党が航空業界大量解雇事態を放置しているという批判があがっている。 労働者たちは、政府と与党が李相稷(イ・サンジク)議員の 離党で責任をまぬがれたように無視しているとし、即刻解決方案を要求した。

 

韓国:政府「堕胎罪」存続に反発、地面に横たわった女性活動家たち

2020/10/16

堕胎罪を維持する政府の刑法、母子保健法改正案をめぐり、 女性団体の批判が続出している。

 

韓国:堕胎罪を復活させた政府、「明白な歴史的退行」と反発

2020/10/16

政府が「堕胎罪」を維持しながら、妊娠14週までは原則的に堕胎を許容する内容の 刑法、母子保健法改正を推進し、議論が高まっている。 これまで堕胎罪の完全廃止を要求してきた女性界と進歩的市民社会では、 違憲判定が出された堕胎罪を政府が存続させたことへの批判が続出している。

 

韓国:米中対立の中で強要される韓国の選択は?

2020/10/16

[朝鮮半島]周辺国家との国際的連帯を追求しなければならない

 

韓国:高齢女性が介護する大韓民国…療養保護士は平均59.6歳

2020/10/15

高齢化が進み、介護労働を行う療養保護士が増加する中で、 療養保護士職種に高齢女性が押し寄せる現象も加重されている。 経歴断絶女性の再就職手段の一つに固まったためだが、 劣悪な処遇に対する指摘も続いている。

 

韓国:青少年の就職を助ける専門担当者多数が期間制非正規職

2020/10/15

正義党の沈(シム)サンジョン議員が教育部の就職支援官現況を分析した結果、 特性化高校などの職業高校で学生たちの就職を支援する専門担当者の多くが非正規職だった。 就職支援官は高卒就職活性化の一環で、 教育部はすべての職業高校と市道就職支援センターに彼らを段階的に拡大配置する事業を推進している。 2019年の400人から毎年200人ずつ増員し、2022年には1千人を採用するのが目標だ。

 

韓国:労働死角地帯で働く大学院生...国会座り込みに突入

2020/10/15

安全な大学造成と大学の公共性拡大を要求して 大学院生労組が国会前座り込みに突入した。 彼らが座り込みに突入した最大の契機は、 昨年、慶北大化学館の実験室で爆発事故が発生し、 大学院生が重症火傷をした事件だった。 被害大学院生は学校に所属する学生研究員だったが、 労災保険への加入からさえ疎外された労働者だった。 6億ウォンにのぼる治療費を大学さえ支払いを先延ばしし、 被害を受けた学生研究員と家族が苦しい状況。 大学院生労組は学生研究員が労災保険に加入できるように 法を改正しろと要求している。

 

韓国:文在寅1号政策「公共部門正規職転換」、国政監査で扱われるか

2020/10/15

公共部門の非正規職労働者が今度の国政監査で文在寅(ムン・ジェイン)政府の1号政策である 「公共部門非正規職正規職転換」への評価をしろと要求した。 この4年間、政府の正規職転換政策が公共部門非正規職労働者の差別をさらに増幅させたという指摘だ。

 

韓国:看護師一週間3人の割合...現在までに101人がコロナに感染

2020/10/14

最初のコロナ患者が発生した後、 今までに一週間に3人の割合で看護師がコロナに感染したことが明らかになった。 これは、感染した医療陣の中で圧倒的に多い数字だ。 さらにコロナにかかった看護師の感染経路がきちんと把握されておらず、 看護師の不安が高まっている。

 

韓国:サムスンソウル病院協力業者でも労組破壊疑惑

2020/10/14

サムスンソウル病院の協力業者に所属する患者移送労働者たちが労組結成の準備をしたところ、 該当協力業者の一部中間管理者などを中心とした別途の労働組合が一歩先に設立されて論議がおきている。 この協力業者は労働者が中心になった労組の核心幹部を他の部署に配転発令したため、 労組破壊の疑惑にも苦しんでいる。 サムスングループの労組破壊を系列会社が踏襲しているという指摘もあがっている。 保健医療労組は「最近サムソン系列社で横行している会社側労組を先制的に作り、 労労対立に偽装して民主労組破壊を始めた」と反発した。

 

韓国:「不安な青年、同じ傘をさそう」

2020/10/12

医師集団行動をはじめ、仁川国際空港公社非正規職の正規職化(隣国工業)事態などの雇用問題でもつれる議論。 またコロナ19で大企業も中小企業も採用を減らしていることで加重する就職に対する青年たちの不安感。 こうした中で「私の努力に対する当然な補償」という競争論理を越えようとする青年たちがいる。 多様な方式で大学内外で活動する青年たちだ。 「ワーカーズ」が彼らに不安な社会を解決する計画を聞いた。

 

韓国:戦争経済と商品生産体制の転換

2020/10/12

[フェミコノミー]フェミニズムと脱植民-脱資本主義運動

 

韓国:[イシュー(4)]公共医大を出れば本当に薮医者になるか

2020/10/12

医者たちは政府の医師定員拡大計画にただ反対するだけでなく、行動を起こした。 医師ストライキは専門医ストライキから始まり、 開業医と医科大学生のストライキ休業に広がり、 一瞬のうちに全国が大騷ぎになった。 その上、各種のフェイク・ニュースも飛び交った。 果たして誰の話が正しいのだろうか? 「ワーカーズ」は専門家たちに直接尋ねた。

 

韓国:[イシュー(2)] 医療現場を離れる看護師の現実

2020/10/12

「おかげさまチャレンジ」は、コロナ19の最前線にいる医療関係者の士気を高めるために 中央災害安全対策本部(中対本)が提案した国民参加型キャンペーンだった。 中対本部長は国務総理、1次長は保健福祉部長官、2次長は行政安全部長官だ。 医療政策を主導する政府部処のこの提案に対し、医療関係者は頭を振った。 政府が少しでも現場を理解しているのかという疑いを持ち始めた。

 

韓国:[イシュー(3)]公共医療を育て、患者、市民、労働者の声を聞け

2020/10/12

大韓医師協会(医師協)の崔大集(チェ・デジプ)会長が政府と合意して、 医政葛藤が医議葛藤に飛火した。 現職の医師や専門医がごり押しをしたためだ。 医者の間の対立は、崔大集医師協会長弾劾事態まで続いた。 しかしそれほど医者の話を聞かないのなら、崔大集はなぜ医師協の門を叩いたのだろうか?

 

韓国:コロナ19「ワクチン帝国主義」と「グローバル公共財」国際主義

2020/10/12

コロナ19パンデミック傾向が続いている。 コロナ19確診者数は3千万人をはるかに越え、死者数も百万人を突破した。 この傾向がいつ落ち着くのか、終了時点はいつなのか、予測が不可能な状態だ。 これに伴いコロナ19ワクチンと治療剤の開発・普及に全人類の関心が注がれている。 世界各国のワクチン・治療剤の開発と普及に向けた競争も激しい。 主に米国、中国、ロシア、英国などの強大国が先を争って ワクチンの開発と治療剤の確保に動いている。

 

韓国:「正しい転換」と基幹産業の社会化

2020/10/12

9月17日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が斗山重工業昌原工場を訪問して 海上風力、水素液化プラント、燃料電池、ガスタービンなど、 グリーンニューディール製品群を見て回る行事を行った。 ところで当日のイベントの内容よりも、 斗山重工業労働組合が文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会って 「新ハヌル原発3・4号機建設を再開してくれ」という要請を伝えようとしたが失敗したという記事が特筆大書された。 現在、斗山重工業労組(金属労組慶南支部斗山重工業支会)は、 政府がエネルギー政策を急進的に転換し、 予定されている原子力発電所建設計画を何の後続対策もなく廃棄したため、 労働者を雇用不安に追いやっていると主張する。

 

古い 20 本の記事


世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について