本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国の労働運動
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Folder korea
View


韓国の労働運動に関する情報

韓国の労働運動に関する情報の一覧です

新しい 20 本の記事

韓国:忠南人権条例、結局廃止「政治権力の反人権的な暴挙」

2018/04/07

結局、忠南人権条例が廃止された。 市民社会はこれに対して 「政治権力の反人権的暴挙」だとし、廃止案の可決を主導した 自由韓国党(以下、韓国党)を強く批判した。

 

韓国:鄭夢元漢拏会長が倫理経営?

2018/04/07

漢拏グループの鄭夢元(チョン・モンウォン)会長が昨年受け取った年俸は、 CJ、サムスン電子企業総帥の年俸を上回っていたことが分かった。 企業側は鄭会長が専門性とリーダーシップ、遵法経営、倫理経営文化拡散に寄与した点を考慮して賞与金を含む報酬を策定したと発表した。 だが漢拏グループは昨年末、20億ウォンもの裏金造成疑惑に苦しみ、 鄭会長が代表理事をつとめる(株)マンドは李明博(イ・ミョンバク)元大統領の執権時期の2012年、 労組破壊工作と不良会社便法支援疑惑で社会的議論を呼んだ。 昨年、鄭会長が(株)マンドCEOに復帰した当時も彼の経営能力に対する憂慮の声があがった。

 

韓国:双龍車解雇者憂鬱症状80%

2018/04/07

双竜自動車解雇者が9年間復職できずに健康が悪化している中で、 専門家たちが国家人権委員会の支援を受けて解雇者と家族について 研究を始めることにした。

 

韓国:ハン・サンギュン「双龍車獄中ハンスト」 8日目…市民がリレーハンスト

2018/04/07

ハン・サンギュン前民主労総委員長が双竜自動車解雇者の全員復職を要求し、 監獄でハンスト8日目をむかえている中で、 市民が4月4日、リレーハンストを始めた。

 

韓国:サムスン労組、本館バリケードを突破

2018/04/06

サムスンの4つの労組がサムスン電子の瑞草本社バリケードを突破した。 労組がサムスンの「労組破壊文書」を糾弾して 李在鎔(イ・ジェヨン)副会長との面談を要請する過程で衝突が起きた。

 

韓国:最低賃金無力化に労働界がリレー対応

2018/04/06

国会が勤労基準法を一方的に強行処理したのに続き、 最低賃金算入範囲を拡大するとして最低賃金引き上げが無力化される危機に置かれている。 労働界はこれが事実上の「賃金削減」だとし 「最低賃金を上げても月給はそのまま」の結果を生むと反発している。

 

韓国:期間制教師の半分が性暴力を経験

2018/04/06

期間制教師の半分以上が学校でジェンダー暴力を経験したという アンケート調査結果が発表された。

 

韓国:KECの表彰に労組が抗議

2018/04/06

労組破壊事業場として悪名高いKECのユ某常務が3月22日、 産業通商資源部長官表彰を受けたが、 金属労組亀尾支部KEC支会が4月2日に産業資源部で抗議面談をした。 産業資源部の関係者は面談で表彰受賞に関する公的調書を検討すると明らかにした。

 

韓国:タクシー労働者と連帯する希望バス

2018/04/06

タクシー労働者の完全月給制を要求して 全州市庁前の照明塔で209日間高空籠城を続けているキム・ジェジュ氏を応援するための希望バスが 3月31日に出発した。 全国からバス約20台が集まり、希望バス文化祭には1500人が参加した。

 

韓国:進歩陣営、「韓国GM共同闘争機構」構成か

2018/04/05

進歩陣営が韓国GM構造調整に反対する 「社会的共通闘争機構」を構成することに意見を集約した。

 

韓国:地方選挙前に過去事整理基本法改正案は通過するか?

2018/04/05

過去に国家による人権侵害の真相究明など、過去の問題の解決は、 文在寅(ムン・ジェイン)政府の主な公約の一つだ。 そのために政府は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時に稼動を始め、 李明博政権になって中断した「真実和解のための過去事整理委員会(以下、真実和解委員会)」を再稼働させ、 未解決の過去事事件の調査に着手することにした。 そのためには過去事整理基本法を改正し、 委員会の活動期間を延長しなければならない。

 

韓国:セウォル号家族、全泰壹財団千人目の会員加入

2018/04/05

セウォル号遺族2人が全泰壹(チョン・テイル)財団に加入した。 ヨンソクの父親オ・ビョンファン氏は1000人目の後援会員で、 ソンビン母親のキム・ミヒョン氏は998人目の会員として加入した。 セウォル号家族が全泰壹財団に加入したのは今回が初めてだ。

 

韓国:全国労働者大会、2万集結

2018/04/03

3月24日に光化門広場で開かれた全国労働者大会に労働者2万人が参加した。 彼らは文在寅(ムン・ジェイン)政府に対し、 最低賃金政策、非正規職ゼロ政策、構造調整中心の国家産業政策、財閥改革などの 政策の後退を批判し、闘争を宣言した。

 

韓国:「幽霊扱い」GM非正規職…「文政権、労働部、GMがグル」

2018/04/03

韓国GM非正規職労組が構造調整事態にあたり非正規職が優先で解雇されており、 非正規職を無視する文在寅(ムン・ジェイン)政府との闘争を繰り広げると明らかにした。

 

韓国:「移住民・難民の差別禁止を法制化しろ」

2018/04/03

世界人種差別撤廃の日を前にした3月18日、 国内の移住民、難民と人権団体が共に差別禁止法の制定を要求した。

 

韓国:韓国GM群山工場閉鎖阻止地域対策委結成

2018/04/03

全北地域の労働市民社会団体が 韓国GM(GM)群山工場閉鎖を阻止するための対策委員会を作って対応をはじめた。 民主労総全北本部など32の市民団体が構成する対策委は 「GM群山工場閉鎖阻止および正常化のための道民対策委員会」と名前を決めた。

 

韓国:朝鮮半島対話局面にも動かないTHAAD

2018/04/03

4月末の南北首脳会談、5月の北米首脳会談に合意したことで、 朝鮮半島の軍事的緊張は急速に対話の雰囲気に変わっているが、 THAAD問題はまだ変わる兆しがない。

 

韓国:[フォト]双龍車解雇者、「ウォナンソリ・デモ」

2018/04/01

双竜自動車解雇者が3月18日、 平沢一帯で「ウォナンソリ」デモを行った。

 

韓国:民主労総全北本部、民主党全北道党で抗議座り込み

2018/04/01

民主労総全北本部が民主党全北道党での座り込みを始めた。 最低賃金算入範囲を拡大する最低賃金法改正を国会で進めることへの 糾弾の意味だと労組は説明した。

 

韓国:「MeToo運動と共にする市民行動」発足

2018/03/31

女性、市民、労働団体が 『MeToo運動と共にする市民行動』を発足させ、 性差別、性暴力根絶のために全社会的に力をあわせることにした。

 

古い 20 本の記事


世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について