本文の先頭へ
LNJ Logo LaborNet Japan
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Document index_html
Status: published
View

会員関連サイト

more...

文化情報/連載コラム

過去の一覧/2016年まで2017年〜2018年

●週刊 本の発見(毎木曜/大西赤人・渡辺照子・志真秀弘・菊池恵介・佐々木有美ほか)

★第113回 解決の糸口が見えてくる『大量廃棄社会—アパレルとコンビニの不都合な真実』(2019年6月13日)

★第112回 大正天皇の実像が照らすもの『大正天皇』(2019年6月6日)

★第111回 消されて行くものたちへの限りない優しさ『彗星の孤独』(2019年5月30日)

★第110回 「小さな出来事」の大きさ『阿Q正伝・狂人日記他十二篇(吶喊)』(2019年5月23日)

★第109回 パンフレットの精神『天皇陛下にささぐる言葉』(2019年5月16日)

★第108回 女性としての「あるある」エピソード『82年生まれ、キム・ジヨン』(2019年5月9日)

★第107回 欧州に拡大する債務帳消し運動『不当な債務』(2019年5月2日)

★第106回 クリーンな大統領になります『運命 文在寅自伝』(2019年4月25日)

★第105回 光はどこにあるか?『アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した』(2019年4月18日)

★第104回 「生きろ」という強烈なメッセージ『宝島』(2019年4月11日)

★第103回 真の知性のありようとは『科学と非科学—その正体を探る』(2019年4月4日)

★第102回 現実に対するストレートの豪速球『いま、言わねばー戦後編集者として』(2019年3月28日)

★第101回 教育破壊がとまらない『英語教育の危機』『国語教育の危機』(2019年3月21日)

★第100回 全体の構造がみえてくる『企業ファースト化する日本−虚妄の「働き方改革」を問う』(2019年3月14日)

★第99回 バランスのとれた人間解放への道『「分かち合い」の経済学』(2019年3月7日)

★第98回 新自由主義の凋落とポピュリズムの台頭『左派ポピュリズムのために』(2019年2月28日)

★第97回 安倍政治を支えているのは誰か?『さらば!検索サイトー太田昌国のぐるっと世界案内』(2019年2月21日)

★第96回 対話の中で当たり前を疑う『考えるとはどういうことか―0歳から100歳までの哲学入門』(2019年2月14日)

★第95回 心情が爽やかに伝わってくる『その年、わたしは嘘をおぼえた』(2019年2月7日)

★第94回 戦後日本の根っこのところから問う『不敗のドキュメンタリー 水俣を撮りつづけて』(2019年1月31日)

★第93回 ミナマタは終わっていない『みな、やっとの思いで坂をのぼる―水俣病患者相談のいま』(2019年1月24日)

★第92回 アメリカへの根底的な批判『誰が世界を支配しているのか』(2019年1月17日)

★第91回 小説は時代の地層を表す『日本の同時代小説』(2019年1月10日)

★第90回 誰でも、今から、漫画が描ける!『労働者のための漫画の描き方教室』(2019年1月3日)

★第89回 第三世界という言葉が輝いていた時『褐色の世界史〜第三世界とは何か』(2018年12月27日)

★第88回 矛盾こそ希望だ『資本主義の終焉』(2018年12月20日)

★第87回 セクハラオヤジを徹底的に分析『ここからセクハラ!』(2018年12月13日)

★第86回 死の淵を覗き込んだ人間の闘病記録『うつ病九段』(2018年12月6日)


●太田昌国のコラム「サザンクロス」(毎月10日)

★第32回 ある編集者の死(2019年6月12日)

★第31回 「抱きつき外交」の夢破れた日に来るものは?(2019年5月10日)

★第30回 500年の歳月を超えて沸き起こる「征服・植民地」論争(2019年4月10日)

★第29回 安重根を旅順監獄で取り巻いていた日本人たち(2019年3月11日)

★第28回 死刑と天皇制批判の言葉を説得的なものにするために(2019年2月13日)

★第27回 第一次世界大戦終結から百年後に観た映画(2019年1月10日)

★第26回 外国人労働者の受け入れと排外主義(2018年12月10日)

★第25回 世界に影響を及ぼす、米国のいくつもの貌(2018年11月10日)

★第24回 政治家の言動と、私たちの恥ずかしさ(2018年10月10日)

★第23回 官邸主導のニュースづくりは、災害報道でも……(2018年9月10日)


●木下昌明の映画の部屋

★第252回 『山懐に抱かれて』(2019年4月23日)

★第251回 『沈没家族』(2019年4月5日)

★第250回 『福島は語る』(2019年3月9日)

★第249回 『金子文子と朴烈』(2019年2月6日)

★第248回 『ヒューマン・フロー/大地漂流』(2019年1月19日)

★第247回 『自白』(2018年12月7日)

★第246回 『ぼけますから、よろしくお願いします。』(2018年11月10日)

★第245回 『カメラを止めるな!』(2018年8月17日)

★第244回 『バンクシーを盗んだ男』(2018年8月3日)

★第243回 『沖縄スパイ戦史』(2018年7月21日)


●根津公子の都教委傍聴記(適宜)

★第108回(2019年5月23日)年間360時間の超勤を前提とするのか?!

★第107回(2019年4月25日)解決策は都教委が学校に対する支配介入をやめること

★第106回(2019年4月11日)自己反省なしの都教委からのメッセージ

★第105回(2019年3月28日)「東京都教育ビジョン」パブコメ募集は形だけ?

★第104回(2019年2月14日)差別・選別・弱肉強食が一層強まる社会で教育は

★第103回(2019年1月31日)「教員の負担を軽減」「教育の質の向上」を都教委は言うけれど

★第102回(2019年1月10日)児童・生徒の表彰で狙うことは?

★第101回(2018年12月13日)すべては管理・支配をやめることから

★第100回(2018年11月22日)すすむ「愛国心」の刷り込みと「エリート」優遇教育

★第99回(2018年11月8日)現実から目を背ける「いじめ対策」

★第98回(2018年10月25日)傍聴者への上から目線

★第97回(2018年10月11日)生徒・保護者の声置き去りに夜間定時制の廃止すすむ


●経産省前で配布される川柳ビラ「笑い茸」(月1回)

★埋め立てを見るなドローン規制法(NO.97・2019年5月28日)

★紙幣より刷新したい国の顔(NO.96・2019年4月25日)

★沖縄の一面トップ本土ベタ(NO.95・2019年3月26日)

★暴君に媚びず切り込む女性記者(NO.94・2019年2月26日)

★沖縄の民意を埋める赤い土砂(NO.93・2019年1月29日)

★噴き出したイエローベスト着た怒り(NO.92・2018年12月26日)

★識ったのは醜い日本 実習生(NO.91・2018年11月27日)

★基地の島ずっと最低所得県(NO.90・2018年10月26日)

★給食費ただにしてやる基地を呑め(NO.89・2018年9月26日)


●飛幡祐規 パリの窓から(適宜)

★「反対者」への弾圧と威嚇ー「黄色いベスト運動」その6(第55回・2019年6月2日

★世界の終わりと月末の貧窮、民衆は敵?ー「黄色いベスト運動」その5(第54回・2019年3月25日)

★マクロン政権の危険な動向と黄色いベストの底力ー「黄色いベスト運動」その4(第53回・2019年1月31日

★地に落ちたマクロン政権ー「黄色いベスト運動」その3(第52回・2018年12月25日

★民衆の蜂起と政体の危機〜「黄色いベスト運動」その2(第51回・2018年12月7日

★「目に見えないフランス」の大行動〜「黄色いベスト運動」(第50回・2018年11月21日

★マクロン政権の症候、ベナラ事件(第49回・2018年8月19日


●牧子嘉丸のショート・ワールド
●黒鉄好のレイバーコラム「時事寸評」
●松本昌次のコラムはこちらからご覧下さい。


Created byStaff,yukihiro and staff01. Created on 2005-09-04 20:40:25 / Last modified on 2019-06-14 11:54:53 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について