本文の先頭へ
LNJ Logo レイバーネット日本
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Folder labornet
View

会員関連サイト

more...

全ニュース記事のRSS/RDF(0.91)

Next 20 more recent articles

2019/03/20
(by Staff)

朴槿恵(パク・クネ)政権の全教組の「労組ではない」通知で追い出された 解職教師33人が最近、解雇者元職復帰闘争特別委員会(解復闘)を結成した。 彼らは文在寅(ムン・ジェイン)政府がILOの中核的協約批准による 全教組問題の解決と労働改悪をバーターする状況は容認できないとし、 3月14日から青瓦台前で1人デモを始めた。 チャムセサンは15日に1人デモを始めたキム・ジョンヒョン解職教師(忠南支部事務局長)と会って、 解復闘活動についてインタビューをした。 

2019/03/20
(by Staff)

全国民主一般労働組合連盟が全国20万人の民間委託労働者が 公共部門の非正規職・正規職転換3段階から排除されているとし、 全面ストライキを始めると宣言した。 

2019/03/20
(by Staff)

全国教職員労働組合と全国公務員労働組合が 共に民主党の韓貞愛(ハン・ジョンエ)議員が発議した 公務員・教員労組法改正案は交渉窓口一本化などの毒素条項を含んでいると糾弾した。 

2019/03/20
(by Staff)

2010年から始まって、今も続く資本の労組破壊は、 国家が労使関係に介入する時に、どれほど均衡を失うかを見せる事件だ。 特に国家権力は物理的暴力だけでなく、 すべての面で労働者に不利に作動する一種のシステムのようなものだった。 

2019/03/19
(by Staff)

ビッグ3からスーパービッグ・ワン現代重工の誕生。 産業銀行の所有で事実上の国有企業である大宇造船海洋が財閥企業現代重工に渡っている。 韓国造船業が財閥独占体制を固めてスーパー構造調整も断行されるものと見られる。 1月30日付のウォールストリートジャーナルは、 造船業関係者の言葉を引用して 「既存の構造調整計画によれば、大宇造船海洋は相変らず労働者1千人を構造調整しなければならない。 現代重工が買収に同意すれば、構造調整人員はさらに多くなるだろう」と報道した。 現代重工と大宇造船海洋で事業領域が重なる営業、R&Dの組織整理が避けられないという分析も出てきている。 

2019/03/19
(by Staff)

ユソン企業の柳時英(ユ・シヨン)会長が 労組法違反、特加法違反(背任)で裁判を受けているが、 金属労組と正義党などが柳会長の法廷拘束を主張した。 

2019/03/19
(by Staff)

先日、韓国経営者総協会(経済人総連)が経社労委に提出した立法要求が公開されました。 経社労委労働時間改善委員会が弾力勤労制拡大に合意した発表からいくらもたたない時でした。 経済人総連の要求は、 △ストライキした時の代替勤労許容、 △使用者不当労働行為廃止(または処罰規定削除、労組の不当労働行為新設)、 △事業場内争議行為全面禁止、 △争議行為賛否投票手続き強化、 △団体交渉対象制限、 △職場閉鎖要件緩和(職場閉鎖許容)と、 つまりユソン企業が行った不法な労組破壊を合法化してくれということでした。 3年前にユソン企業労組破壊に我慢できず、世の中と離別したユソン企業のハン・グァンホ烈士を思い出しました。 ハン・グァンホを死に追いやった労組破壊を、 経済人総連が「使用者対抗権」という名前で使っているためです。 

2019/03/19
(by Staff)

「危険の外注化」を韓国社会の話題にした青年非正規職労働者、 キム・ヨンギュン氏が死亡してもうすぐ100日になる。 発電所の劣悪な環境で働いて死んだキム・ヨンギュン氏は、 産業安全保健法の改正と発電所非正規職の正規職化などを進展させた。 彼の死の後にあふれた対策は、当然急いで安全な労働環境を作らなければならないが、 正規職転換の議論は滞っており、 発電所で起きた多くの惨事の原因を究明して課題を用意すべき真相究明委員会は、 まだスタートできずにいる。 その上、3月5日にはキム・ヨンギュン氏が死亡した泰安火力発電所で 労働者がベルトコンベアに挟まれて負傷する事故が起きた。 

2019/03/19
(by Staff)

日本の福島で地震と原発事故が起きて8年が経ち、 核発電と事故の危険性がまた多角的に照明されました。 相変らず東京電力は放射能汚染水を特別な対策もなく海に流したり、 故郷に帰れない罹災者数も5万人にのぼるそうです。 ところで被曝の危険が高い除染作業に不当に投入された移住労働者の事例が伝えられ、 公憤を積んでいます。 

2019/03/19
(by Staff)

非正規職は連帯を通して、権利を探す / 2018年12月11日、「非正規職もうやめろ、1100万非正規職共同闘争(以下 非正規職もうやめろ共同闘争)」が 「文在寅(ムン・ジェイン)大統領、非正規職労働者と会いましょう」という題名の記者会見を行った。 その場で発電所非正規職労働者が泣きながら話した。 「今日、同僚が死にました。 石炭を運ぶ設備に挟まれて頭とからだが分離しました。 泰安火力発電所で働いていた25歳の青年非正規職労働者です 

Next 20 older articles


このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について