本文の先頭へ
LNJ Logo レイバーネット日本
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Folder labornet
View

会員関連サイト

more...

全ニュース記事のRSS/RDF(0.91)

Next 20 more recent articles

2019/06/10
(by Staff)

これまで国際労働機構(ILO)中核的協約批准は、 労働組合、特に全教組、公務員労組、特殊雇用労働者だけの問題として扱われてきた。 ILO中核的協約条項が結社の自由、団結権、団体交渉権、強制労働禁止に関する協約だからだ。 「労組する権利」を侵害された労働者がILO中核的協約批准を強く要求し、 言論がこれに焦点を当てた影響もある。 

2019/06/10
(by Staff)

サムスン半導体被害者、ハン・ヘギョン氏が10年経って勤労福祉公団から労災を認められた。 初めて労災を申請してから10年、脳腫瘍の判定を受けてから14年目だ。 サムスン電子LCD事業部で働いて脳腫瘍と診断されたハン氏は、 この10年間で8回の労災申請の末に労災が認められることになった。 

2019/06/10
(by Staff)

最近放映終了したMBCドラマ〈特別勤労監督官チョ・ジャンプン〉とは違い、 現実の勤労監督官は労働者に「カプチル(パワハラ)」をしてきたという証言が公開された。 

2019/06/10
(by staff01)

6月9日、早稲田大学・戸山キャンパスで、女性人権運動家キムボクトンさんを記憶する追悼会がおこなわれました。 

2019/06/10
(by Staff)

現代重工が物的分割のための株主総会を3分で強行採決するにあたり、 用役の暴力、警察の庇護があったという事実があらわれた。 

2019/06/08
(by staff01)

2019年1月、大阪の「七芸」という小劇場で公開された『アイたちの学校』は、自主上映会が先行した東京でやっとアップリンク渋谷で6月15日から公開になった。 

2019/06/08
(by Staff)

文化体育観光部に所属する非正規職労働者たちが処遇改善と差別撤廃を要求してストライキを始める。 「政府の公共部門正規職転換」政策以後、無期契約職に転換された彼らは、 機関が彼らを新規採用に転換したため労働条件が悪化したと言う。 文体部(文化体育観光部)傘下の15〜17機関の非正規職労働者たちは 6月来る4日から事業場別のリレーストライキを始める計画だ。 

2019/06/08
(by Staff)

2000年から始まったソウルクィアーパレードが今年で20年目を迎えた。 ソウルクィアー文化フェスティバルの主要イベントである ソウルクィアーパレードには、今年7万人が参加した。 

Next 20 older articles


このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について