本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国の労働運動
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Folder korea
View


韓国の労働運動に関する情報

韓国の労働運動に関する情報の一覧です

韓国:民衆連合党金先東候補、民主労総と大統領選挙議題懇談会

2017/03/30

3月26日、民衆連合党の大統領選候補に選出された金先東(キム・ソンドン)候補が民主労総を訪問し、主要政策を協議した。 金候補は民主労総が19代大統領選挙方針で用意した五大議題、10大課題に概して同意し、 国家的な課題になるように努力すると明らかにした。

 

韓国:ペク・ナムギ国家暴力500日…誰も処罰されていない

2017/03/30

ペク・ナムギ農民が警察の放水銃を受けて倒れてから500日経ったが、 責任者の処罰どころか謝罪も行われていない。 ペク・ナムギ闘争本部は3月27日午前、光化門広場で記者会見を行い、 ペク・ナムギ農民国家暴力真相究明、責任者処罰、再発防止対策用意を要求した。

 

韓国:冷たく暗い労働を引き上げよう

2017/03/30

[連続寄稿] (1)セウォル号が引き揚げられた「(仮称)労働悪法撤廃! 労働法全面制定・改定! 労働三権争奪! 闘争本部」構成のための全国巡回闘争に行って

 

韓国:公務員労組、光化門広場で「成果退出制廃棄」大規模集会

2017/03/30

全国公務員労働組合(委員長キム・ジュオプ、公務員労組)がキャンドルの中心だった光化門広場に集まって成果退出制廃棄を叫んだ。 公務員労組は成果退出制廃棄だけでなく、公務員労組設立申告と解雇者元職復帰など、 労働政治基本権保障のために攻勢的な闘争をしていくと明らかにした。

 

韓国:セウォル号3周年、ペク・ナムギ500日

2017/03/30

セウォル号、ペク・ナムギ遺族が21次汎国民行動の舞台に上がった。 彼らはセウォル号惨事とペク・ナムギ農民国家暴力事件の真相究明と責任者処罰を要求し、 キャンドルの力を訴えた。

 

韓国:特殊雇用労働者が労働基本権法案の処理を要求

2017/03/30

特殊雇用労働者などが労組法第2条改正案の早急な処理を要求するために国会を訪れた。 放課後講師、在宅集配員、保険設計士、生コン車運転手などは 「いわれるままに働く労働者なのに、なぜ社長という名前を付けて労働権を剥奪するのかわからない」とし、 2月6日に発議された労組法第2条改正案の上半期通過を主張した。

 

韓国:サムスン電子株主総会で抗議した退陣行動

2017/03/30

サムスン電子瑞草社屋の内外で労働者と企業が対立した。 サムスン電子株主総会が開かれた日、 市民社会団体は国政壟断事件で拘束されたサムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)登記理事職の剥奪を要求した。

 

韓国:時代交代期の労働者の政治闘争

2017/03/30

韓国はまた歴史的激変の時期にある。 この5か月ほどの間に1700万のキャンドル抗争と圧倒的な国民世論により、大統領が弾劾されるという史上初めての状況が展開した。

 

韓国:差別禁止法制定連帯が再発足

2017/03/30

差別禁止法制定連帯が大統領選挙に合わせて再発足した。 大統領選挙走者に差別禁止法制定の圧力をかけるという趣旨だ。

 

韓国:姿を表わしたセウォル号…船体切断の必要性に対する意見が交錯

2017/03/28

3月22日から始まったセウォル号の引揚げ作業は順調に続いている。 今日午前、船体をジャッキングバージ船に固定する作業まで終えた。 4月5日頃に引揚げが完了すれば、安全度検査、船体清掃などを経て、 本格的に未収拾者の捜索を始めることになる。

 

韓国:不法派遣疑惑のマンド・ヘラー、今回は大量法違反で告訴

2017/03/28

マンド・ヘラー非正規職労働者たちが勤労基準法違反でマンド・ヘラーを告発した。 告発されたマンド・ヘラーの下請業者は「組合費一括控除」カードで応酬した。

 

韓国:大統領選挙障害者差別撤廃連帯が発足

2017/03/28

「2017大統領選挙障害者差別撤廃連帯」が発足した。 8つの全国単位障害者団体が大統領候補に扶養義務制、障害等級制廃止などの要求を貫徹するために一つに集まった。

 

韓国サンケン、日本遠征闘争 3/21

2017/03/28

3月21日(火)雨 参加:当該3名、支援4名 7:20〜8:30 本社前出勤宣伝活動 8:30〜9:30 本社前にて座り込み 志木駅に移動 10:11:00 志木駅前にて市民宣伝活動

 

韓国サンケン、日本遠征闘争 3/17

2017/03/28

晴れだが、風が強く、肌寒かった。 当該3人、支援6人。 いつものように解雇撤回を訴える。

 

韓国:光化門キャンプ村、朝鮮日報社に抗議デモ「凶物は朝鮮日報」

2017/03/22

光化門キャンプ村の参加者が朝鮮日報前でのデモを最後に解団した。 3月13日、光化門広場の座込場を「凶物」と書いた朝鮮日報の社説に対する抗議行動だ。 先に文化芸術家などは朴槿恵(パク・クネ)政権の「文化芸術家ブラックリスト」を糾弾し、光化門にキャンプ村を設置した。 彼らは昨年11月からキャンプ村を運営してきたが、朝鮮日報社前でのデモを最後に137日目に解団した。

 

韓国:12の闘争事業場が全国巡回闘争に突入

2017/03/22

12の闘争事業場が3月20日から5日間の全国巡回闘争を始める。 彼らは本格的な大統領選挙局面で「投票を越えて闘争へ!」というスローガンを掲げた。 キャンドル集会を終わらせて日常に戻れという政界の強要に対抗し、 労働者民衆の問題を全面的な社会的闘争にするという計画だ。

 

韓国:退陣行動、財閥総師を告発…「検察、贈収賄罪で右往左往するな」

2017/03/22

検察特別捜査本部の「朴槿恵(パク・クネ)-崔順実(チェ・スンシル)ゲート」に関連する大企業の捜査は生ぬるいという指摘が出ている中で、 朴槿恵政権退陣非常国民行動(退陣行動)財閥拘束特別委員会が財閥総師を告発した。

 

韓国:キャンドル抗争の偉大な勝利、春はこれから

2017/03/22

結局、異変はなかった。 保守的な憲法裁判所までが全員一致で朴槿恵(パク・クネ)を罷免したのは、 朴槿恵(パク・クネ)の国政壟断が常識的にとうてい容認できなかったためだ。 10月までは鉄甕城だった朴槿恵政権は、偉大なキャンドルの全国的な抗争の前に明確に崩れたのだ。

 

韓国:経済特区の恩恵を受けながら青年を「不法派遣」に転落させた悪い企業

2017/03/21

財界順位30位圏に入る大企業の系列会社の正規職だという。 給与水準と勤務環境は地域で最高水準、一生働ける会社だともいわれた。 20代〜30代初めの青年たちが求人の対象だった。 青年たちは大韓民国で初の経済特区である仁川松都に駆けつけた。 そしてドイツと国内企業が共に作った自動車部品メーカーの労働者になった。 そこで彼らは、聞いたこともない労務代行機関との勤労契約を締結した。 12時間ずつ夜昼二交代をして、時給7260ウォンを受け取った。 だが作業の指揮と命令は元請の職員の所管だった。 話では聞いていた不法派遣だった。 労働組合を組織すると、元請の管理者たちが懐柔と脅迫をした。 労組結成から一か月で「一生働ける会社」と大声を上げていた下請け業者は廃業を宣言した。 大韓民国経済特区1号の仁川松都にある(株)マンドヘラエレクトロニクスの事業場で行われたことだ。

 

韓国:民主労総が大統領選挙闘争を宣言…6月には社会的ゼネスト

2017/03/21

民主労総が労働積弊の清算と社会大改革のための大統領選挙闘争を宣言した。 大統領選挙以後の6月には社会的ゼネストに突入する。

 

古い 20 本の記事


世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について