本文の先頭へ
LNJ Logo LaborNet Top Page
Home 検索
 


最高裁判決をこえて4/13大集会へ
 国鉄労働者1047名が解雇されたJR採用差別事件から17年が経つ。昨年12月の最高裁不当判決にも負けず、解雇された人たちは鉄建公団訴訟を軸にあらたな闘いに大きく踏み出した。きたる4月13日には伊藤誠・暉峻淑子氏らの呼びかけで「国鉄闘争支援大集会」が3000人規模で計画されている。リストラの原点と言われるこの闘争を勝たせるために、主義・主張をこえて労働者が集う。「構成劇・1047人の絆」をメインに報告・アピールなどがある。4/13(火)18.30開演、東京・日比谷公会堂にて。詳細→03-3847-3249 呼びかけ (写真は3/22JR東日本本社前の抗議行動)


イラクから撤退せよ!全国・全世界で反戦の声あがる
米英軍によるイラク攻撃からちょうど1年目の3月20日。世界の人々が再び手をつなぎイラク占領に反対する同時行動を起こした。全国では約10万人、東京・日比谷公園には冷たい雨の中、3万人を超える労働者・市民が集まり、戦争反対のシュプレヒコールをあげた。昨年は別々の取り組みだった諸団体が日比谷公園に一同に会し、共同行動を大きく前に進めた。写真速報1写真速報2感想1感想2感想3感想4大阪レポート平和コンサート世界の写真ロンドン集会感想5
中野区役所前でストライキ集会!140名
中野区立保育園の民間委託計画に伴って、28名の保育非常勤職員が全員解雇される事態に。集会では子どもたちの安全にも係わる問題として父母会からも解雇撤回の声。集会は歌と音楽を混ぜながらの楽しいものに。公務公共一般労組は徹底的に闘う構えとのこと。
民間委託に反対! 昭島市役所前に420名
東京・昭島市で清掃収集や市民会館業務の全面民間委託提案が出ているが、3月4日、自治労都本部と昭島市職労は白紙撤回をもとめて市役所前を埋める大集会を行った。市の狙いは現業部門を切り捨て、安い民間業者に切り替えようというもの。組合側は、雇用問題だけでなく公共サービスの低下を招くと徹底抗戦の構えだ。
NYのオイスターバー労働者が東京で抗議
ストライキを行っているニューヨークの「グランド・セントラル・オイスター・バー」の労働者が、初のフランチャイズ店である東京店オープン日の3月3日、本店長のGervay氏との直接交渉を求めて宣伝行動を行った。詳しくはグランド・セントラル・オイスター・バーのページを。アトレ品川前宣伝行動の映像: 高速回線用[WindowsMedia]低速回線用[RealVideo] アサヒコムの報道

自衛隊は平和力に包まれている ヨコスカをウオッチし続ける今井明さんの写真館NO.9が発表された。2月8日、イラク派兵を目前にした海上自衛隊に向けて「ヨコスカ平和船団」は熱く訴えた。「憲法9条が自衛官を守っている。だから9条を殺すな!」と。今井明の写真館・9

レイバーネット日本2004総会が開催される
2月28日シニアワーク東京で総会&記念講演が開催された。会をより発展させるために若干の規約改正などを行った。また二部では記念講演「新しい労働運動の可能性」(木下武男氏)があり、木下氏からは戦後の労働運動が壊滅状況のなかで新たな運動形成への大胆な問題提起があった。それを受けて活発な質疑・ディスカッションが続いた。2004総会は充実した内容となり、レイバーネット日本4年目の活動のはずみとなった。報告 写真1 写真2 写真3
再び渋谷でイラク派兵反対のサウンドデモ2月22日(日)に渋谷でサウンドデモがまたまた行われた。大音量のヒップホップに「派兵反対!音楽最高!!」の呼びかけに若者たちが飛び入り参加。機動隊も出動していたが300人の若者に圧倒されていた。

室蘭で海上自衛隊のイラク物資輸送に抗議
海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」が2月20日、イラクへ車両や装備を積み込んで、護衛艦「むらさめ」とともにクウェートに向かって室蘭港を出港した。同日、輸送艦「ねむろ」もクウェートに向かった。陸海空自衛隊がそろって海外に派兵されるのは、自衛隊創設以来はじめてのことである。 「自衛隊を戦場に送るな!港の軍事利用反対!室蘭行動」が、2月17日、18日に雪の降る室蘭で繰り広げられた。この行動には、全国から参加した港湾労働者100名が結集した。参加者の報告

「自衛隊は今すぐイラクから帰ってこい!」 1万2000人がシュプレヒコール
2月13日、東京・明治公園で陸海空20団体労組などが呼びかけた「守ろう!平和といのち2・13大集会〜自衛隊のイラク派遣NO! STOP!有事法制」が開かれた。イラク派兵反対の行動としては、今年最大のものとなった。イラク派兵反対の声をさらに大きくして、3月20日(土)の国際反戦行動に合流しよう!
参加者の感想・写真 [1] [2] [3] [4] [5] [6]


韓国移住労働者の闘争に支援を 韓国政府は、現在、韓国に不法滞在しているおよそ12万人の移住労働者を2004年8月までに国外退去させる方針を取っている。このような、政府の強制追放政策を悲観して、6人の移住労働者が自殺している。民主労総傘下の平等労組・移住支部(ETU-MB)に所属する不法滞在移住労働者は2003年11月15日以来、政府による拘束・追放の危険にもかかわらず、ソウルの明洞聖堂で無期限座り込みで抗議を続けている。


1万のキャンドルが防衛庁を囲んだ  2月5日、東京・明治公園から始まった「イラク派兵STOP!2.5防衛庁を平和の灯火で包囲するデモ」に1万人の人が集まった。デモは、キャンドルを持って防衛庁まで進んだ。イラク派兵反対の声は全国で日増しに高まっている。なんとしてもイラク占領を終わらせよう!自衛隊の戦争参加をやめさせよう!参加者の感想
イラク派兵はノー 1月29日国会前で(左)・地下鉄で(右)

World Peace Nowに6000人 1月25日東京で「自衛隊のイラク派兵中止を求める」World Peace Now1.25が開催された。多様な市民団体・個人に加え労働組合が多数参加し、日比谷野音があふれる約6000人が集まった。桃色ゲリラを先頭にパレードは銀座から東京駅へと長い列がつづいた。写真速報感想ムキンポ小僧の写真報告by片柳

東京渋谷で反戦サウンドデモ 1月24日、東京・渋谷で自衛隊の派兵に反対するサウンドデモが行われた。警察の異常な警備をはねかえして、若者たち約200人が踊りながら反戦をアピールした。 詳細

世界社会フォーラムが成功裏に終了 1月16日〜21日インドのムンバイ(旧ボンベイ)で世界社会フォーラム(WSF)が開催された。新自由主義的グローバリゼーションに反対し、平和と正義を求める世界の人々約10万人が集い討議した。日本からは350人、レイバーネット日本からは6名が参加した。会場のスナップムンバイ情報まとめムンバイ写真インドの現状/写真レポートby高幣韓国での報道安田報告その1安田報告その2安田報告その3国労闘争団のレポートIPSの記事世界の社会運動団体が作成したステートメント・WSF会場の様子 低速回線用[RealPlayer] / 高速回線用[WindowsMedia]・最終日の行進とクロージング 低速回線用[RealPlayer] / 高速回線用[WindowsMedia]
君は『息子のまなざし』をみたか 「わたしはダルデンヌ兄弟の『息子のまなざし』にすっかり魅せられた。このところ映画好きの友人に出会うと、つい「『息子のまなざし』をみた?」とあいさつがわりに聞くようになったが、それはひとえに『週刊金曜日』(12月19日号)に、この映画を「本年度ベストワン」などと普通ならつけないようなタイトルをつけてしまったことにある。」・・木下昌明・映画の部屋を開設しました。続きはこちら
3分ビデオ座談会 昨年のレイバーフェスタで好評だった「3分ビデオ」の制作者による座談会「観る側から創る側へ」を掲載しました。今後本サイトでは映画批評をはじめ「文化情報」を充実していきたい。投稿求む。3分ビデオ座談会
シルバー世代が派兵反対に動く 1月11日佐高信さんら各界人士150余名が呼びかけた「自衛隊イラク派兵反対・アクション111」には、主催者の予想をはるかに上回る1700名が集まり日比谷公会堂を埋めた。とくに戦争の時代を知っているシルバー層の参加がめだった。午後1時11分には全国21ヶ所と連動した一斉大コールが行われた。「戦争のできる国にしてはならない」―民衆の怒りの声が確実に拡がりはじめた。レポート&写真大コールの動画参加者感想黒田征太郎ライブペインティングアクション111のHP
元日配達式で抗議行動 79年の郵政4.28首切り処分に抗議して、当事者と支援者約30名が東京・渋谷郵便局の元日配達式に向けて抗議を行った。郵政公社は大量の職制を動員し道路を封鎖した。渋谷の1月1日は異常な雰囲気に包まれた。他の写真

最高裁が不当判決! 闘争団はあきらめない 国鉄分割・民営化に伴うJR採用差別事件・1047名の解雇問題についての最高裁判決が12/22(月)10時30分より行われ「JRに責任なし」として国労・全動労などの訴えを全面棄却した。判決はわずか10秒強。傍聴席から「不当判決」の声が上がるなか、裁判官は逃げるように姿を消した。判断は裁判官も2対3に分かれるものだった。闘う闘争団は「それでは首を切ったのはだれなのか? 鉄建公団訴訟で徹底的にたたかう」と宣言した。写真速報
「憲法が国是じゃないの?」裁判所包囲デモ 「首切り自由」は許さない!実行委員会が主催した今年3回目の裁判所に向けた行動が、12月11日12時より行われた。争議団を中心に約70労組・500人が雨のなか、地裁・高裁・国会・最高裁に向けてデモを行った。「国策(国鉄分割・民営化)が国是」として首切り容認の超反動判決を出した東京高裁・村上敬一裁判長の似顔絵には「憲法が国是じゃないの?」との批判も。参加者は、最後に最高裁を取り囲み、怒りのコールとウェーブを行った。写真
7000人がイラク派兵反対集会で怒りの声あげる 12月10日、全労連などが主催する「自衛隊のイラク派兵反対12・10集会」が東京・日比谷野外音楽堂で開かれ7000人が参加した。憲法前文を歪めて「解釈」してイラク派兵を正当化しようとした、前日の小泉首相の発言への怒りの声が多数あがった。参加した出版労働者の感想
イラク派兵反対の声を!  小泉政権は12月9日イラク派兵の「基本計画」を閣議決定した。今こそ主権者である民衆が「戦争加担ノー」の声を上げるときである。12/7には市民団体が700人で銀座をデモして訴えた(写真)。また全労協は抗議声明を発表し、街頭宣伝などを取り組む。12/10には日比谷野音で全労連などが大集会・デモをおこなう。12/14には連合・平和フォーラムなどが日比谷野音で集会デモをおこなう。連日、国会前・外務省前での抗議行動が行われている。12/7デモの写真全労協の取り組み12/10大集会12/14大集会12/9首相官邸へ抗議新聞労連のアピール
シーメンスを包囲せよ シーメンスのインケン・ヴァンツェク政治解雇撤回国際キャンペーン
自由な言論と、自由な労働組合活動の権利のために: 職場の破壊や職場での闘争のための従業員ネットワーク、NCIの共同創設者であるインケン・ヴァンツェックへの解雇通告に対する即刻かつ正式な撤回を求めるキャンペーンサイトがレイバーネットドイツによって運営されている。 このサイトでは、世界各国のシーメンス労働者、および支援者からの情報の提供を求めている。ドイツ語、英語などの欧米語以外に、日本語での情報の提供も可能。
インケン・ヴァンツェクより日本の支援者の皆様へ
連帯メッセージの書き込み(日本語可)

「全逓」がなくなる日 全逓(全逓信労働組合)は12月1〜2日、埼玉県大宮市で臨時大会を開催した。ここで全逓の名称を「日本郵政公社労組」に変更することを決める予定。ある郵政職員は「きょうはお葬式だ」と語り「全逓は死んでも労働者は生き闘う」というプラカードをつけて、チラシまきをした(写真)。抗議集会では、全国から駆けつけた現場労働者が、深夜勤拡大を丸飲みする「全逓本部」を批判、「このままでは殺されてしまう」と強く訴えた。本部へ申し入れ行動
門前闘争7700日・田中哲朗記念ライブ 沖電気の人権侵害に批判の声をあげたために、不当解雇された田中哲朗さんのたたかいは22年をこえ、毎朝の歌による門前行動は7700日に達した。11/28その記念ライブが東京・八王子で100名以上を集めて行われた。田中さんは昨年の沖電気株主総会で暴力排除を受けたため会社・警察・公安委員会を相手どって裁判を起こしたばかり。権力の横暴を許さない田中さんの闘いは続く。田中哲朗HP
5万の労働者ソウル市庁前埋める 韓国民主労総は9日午後3時、ソウル市庁前広場で、5万余名の労働者が参加する中、「全国労働者大会」を開き、非正規職差別撤回・イラク派兵中断などを要求した。民主労総は今後、非正規職差別撤廃などのための政府の特別な対策が作成されなければ、11月12日に全面ゼネストとともに、政権の反改革政策審判のための汎国民運動を展開していくと明らかにした。詳細現地闘争レポート

レイバーフェスタ2003を開催 11月8日、労働スクエアホールで250人の参加者を集めて「レイバーフェスタ2003」が開かれた。3分ビデオ・うた・パフォーマンスに加え、メインのマイケル・ムーア監督の『ザ・ビッグ・ワン』上映、そしてアメリカの新しい労働運動の「旗手」ケント・ウォン氏が参加したシンポジウムまで、昨年以上に充実した内容で、参加者は「すばらしい内容だった」と口を揃えた。また、ロビーの物販コーナーでは、書籍やコーヒー、丸木俊・原画展示、沖縄そばなどが販売された。「ともにGO!」報道感想アンケート
ダイジェスト・ビデオ1(開演前からシンポジウムの前まで) / ダイジェスト・ビデオ2(シンポジウムから閉幕まで)

ビデオ「われら生コン労働者」を発表
グローバル化時代のなかで日韓の生コン労働者の連帯運動は昨年から急速に発展している。不安定な非正規雇用である「持ち込み制」に対して、日韓生コン労働者は共同闘争をはじめた。新しい労働運動の息吹を伝えるビデオ「われら生コン労働者」が完成し11/17に試写会を行われた。会場には労組の枠をこえた人々が集まり多様なディスカッションが行われた。試写会の報告
なかまユニオン事務所開き
東洋印刷争議に勝利した辻俊介さんを新専従にして、首都圏なかまユニオンが東京・飯田橋に新事務所をオープンした。10月31日、その披露パーティが国労闘争団や地域ユニオンを交えて開催された。なかまユニオンは、今後仕事づくりのため労働者供給事業に力を入れていく。また新事務所のスペースはNGOなどの会議にも格安で貸し出すという。→03-3267-0266
韓国シチズン労組、闘争に勝利
一方的廃業に抗議して6月から訪日闘争を続けてきた韓国シチズン労組は、10月28日、占拠中の韓国シチズン社内で、韓国シチズンとの間で協定書に調印した。廃業撤回闘争の開始から280日目、日本遠征闘争団の闘争143日目にして、争議は事実上の勝利で解決することになった。
速報記事韓国シチズン労組記者会見文OhmyNews記事OhmyNewsインタビュー:中小ネット平賀健一郎氏「がんばれ韓国シチズン労組」のページ


以前のトップページ [4] [3] [2] [1]


Created bystaff0 and Staff. Created on 2001-02-02 04:01:17 / Last modified on 2005-09-05 20:22:41 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について