本文の先頭へ
LNJ Logo 監視統制、崖っぷちの感情労働者
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Folder el
View


注目トピックス

韓国の労働運動に関するすべての記事

韓国:財閥体制改革ための「乙たちの万民共同会」

2019/06/17

財閥体制改革のための「乙たちの万民共同会」が6月11日にソウル市庁広場で開かれた。 この日の万民共同会には700人の労働者、市民が集まった。

 

韓国:6・13露天商大会「政権交代したが都市貧民の生存権は脅かされる」

2019/06/17

32回目をむかえた6・13精神継承露天商大会が光化門で開かれた。 約3千人が集まって、都市貧民の生存権を争奪しようと闘争を宣言した。

 

韓国:財閥の「必須私益」を守る「必須公益制度」

2019/06/14

航空運輸事業は2006年、「労使政大妥協」という美名の下で 必須共益事業場に編入された。 これに伴い、運航、客室、整備などの航空運輸事業のほとんどの業務が 必須維持業務に指定された。 国際線の80%、済州路線の70%、国内線の50%の運航率が必須維持率として決定されて、 航空運輸労働者のスト権は事実上消えてしまった。 航空運輸現場のストライキは必須共益事業場編入後、 10年間に一度も行うことができなかった。

 

韓国:KEC域外脱税…会長の家族が握る所有構造

2019/06/14

KEC域外脱税事件に対する控訴審が 6月12日にソウル中央地法で開かれる。

 

韓国:サムスン解雇者が江南駅で高空籠城

2019/06/14

サムスン解雇者のキム・ヒヨン氏が 6月10日午前5時頃、 サムスン瑞草社屋の前で高空籠城に突入した。

 

韓国:「正規職転換率0%」国立大病院非正規職が青瓦台前で座り込みに突入

2019/06/14

3つの産別連盟労組が国立大病院非正規職の正規職化を要求して青瓦台前で共同座り込みに突入した。 国立大病院派遣・用役労働者たちの契約期間が満了しているが、 まだ一人も正規職転換が行われず、労働者たちは深刻な雇用不安を訴えているからだ。

 

韓国:KEC、食事費は1700ウォン…10年間で100ウォン上がる

2019/06/11

KECは6月7日、朝食に流通期限が6月8日、6月9日までの牛乳を7日に配給した。 通常、牛乳は流通期限2〜3週間残して市中で販売される。 チャムセサンがこの日、近くのコンビニで確認した牛乳の流通期限も6月28日だ。

 

韓国:民主労総委員長が警察に出頭「7月ゼネストは躊躇なく作っていく」

2019/06/11

キム・ミョンファン委員長はこの日、警察に出頭して 文在寅(ムン・ジェイン)政府に拘束された幹部の釈放を要求した。 キム委員長は「拘束された労働組合執行幹部を釈放しろ」とし 「ILO総会を前にして長時間労働と低賃金解決のために闘争した 民主労総の幹部を監獄に閉じ込めれば、 世界の労・使・政代表者の前で大韓民国の労働尊重を語ることができない」と強調した。

 

韓国:ミュージシャンが労働組合と出会う時

2019/06/11

ミュージシャンも労働をしている。 音楽を作り、歌詞を付け、編曲をして、市場に音源を出す。 コンサートの日程が決まれば楽器を磨いて管理して、 息があうまで練習に練習を重ねる。 ミュージシャンという職業上、日常的に繰り返す労働だが、 人々はいつもその労働の価値を極小化する。 無料コンサートを当然視して、才能寄付を強要したりもする。 舞台に立つまでの時間は「労働ではない」と扱われる。 だからミュージシャンたちはいつも貧しく、 生計の心配をしなければならなかった。

 

韓国:戦略的変化の朝鮮半島情勢、どう理解するか

2019/06/11

ハノイの2次北米首脳会談決裂後朝鮮半島情勢が新しい局面に入った。 北朝鮮は初期の米国の非核化要求に対抗して提示した経済制裁解除を引っ込め、 その代わり体制安全保障問題を本格的に持ち出した。 今年の下半期に新しい転機ができなければ、 朝鮮半島は2年前の厳しい状況に戻る局面を迎えかねない。

 

韓国:「ILO中核的協約はすべての社会構成員に必要」

2019/06/10

これまで国際労働機構(ILO)中核的協約批准は、 労働組合、特に全教組、公務員労組、特殊雇用労働者だけの問題として扱われてきた。 ILO中核的協約条項が結社の自由、団結権、団体交渉権、強制労働禁止に関する協約だからだ。 「労組する権利」を侵害された労働者がILO中核的協約批准を強く要求し、 言論がこれに焦点を当てた影響もある。

 

韓国:サムスン半導体被害者ハン・ヘギョン、10年ぶりに労災認定

2019/06/10

サムスン半導体被害者、ハン・ヘギョン氏が10年経って勤労福祉公団から労災を認められた。 初めて労災を申請してから10年、脳腫瘍の判定を受けてから14年目だ。 サムスン電子LCD事業部で働いて脳腫瘍と診断されたハン氏は、 この10年間で8回の労災申請の末に労災が認められることになった。

 

韓国:職場パワハラ119が勤労監督官のパワハラを暴露

2019/06/10

最近放映終了したMBCドラマ〈特別勤労監督官チョ・ジャンプン〉とは違い、 現実の勤労監督官は労働者に「カプチル(パワハラ)」をしてきたという証言が公開された。

 

韓国:用役暴力、警察の庇護 現代重の3分間株主総会

2019/06/10

現代重工が物的分割のための株主総会を3分で強行採決するにあたり、 用役の暴力、警察の庇護があったという事実があらわれた。

 

韓国:文体部非正規職がストを宣言

2019/06/08

文化体育観光部に所属する非正規職労働者たちが処遇改善と差別撤廃を要求してストライキを始める。 「政府の公共部門正規職転換」政策以後、無期契約職に転換された彼らは、 機関が彼らを新規採用に転換したため労働条件が悪化したと言う。 文体部(文化体育観光部)傘下の15〜17機関の非正規職労働者たちは 6月来る4日から事業場別のリレーストライキを始める計画だ。

 

韓国:20周年クィアーパレード、最大規模

2019/06/08

2000年から始まったソウルクィアーパレードが今年で20年目を迎えた。 ソウルクィアー文化フェスティバルの主要イベントである ソウルクィアーパレードには、今年7万人が参加した。

 

韓国:クレーン高空ストライキ…全国1224台のクレーンが止まる

2019/06/07

タワークレーン労働者たちが二日目のストライキおよび高空籠城を続けている。 彼らは政府が小型タワークレーン対策を用意するまで、 ストライキで対抗すると警告した。

 

韓国:現代重、株主総会の3日後に大宇造船現場実態調査

2019/06/07

5月31日に現代重工が物的分割を決める臨時総会を強行したのに続き、 6月3日から大宇造船現場実態調査が始まり、対立が続いている。 金属労組大宇造船支会は実態調査が始まった6月3日午前、 大宇造船海洋玉浦造船所のゲートを封鎖して実態調査を阻止した。

 

韓国:[週刊インター]緑の党「未来世代」の党と宣伝して勝利など

2019/06/06

韓国GMに金融融資し、数千億の不労収益を上げたGM本社と似た事例が英国で発生して議論になっています。 悪名高いハゲタカ・ファンドに売られた英国の第2位の製鉄会社の事例ですが、 労働者たちは公営化して公共が運営しろと主張しています。

 

韓国:「建設現場の長時間重労働に移住労働者雇用が拡散」

2019/06/06

建設会社が長時間重労働の移住労働者の雇用を増やしており、 これを糾弾する声が高まっている。 建設労組は5月31日午前、国会前で記者会見を行って 「不法請負のない良質な建設雇用に国会が責任を持て」と要求した。

 

古い 20 本の記事


世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について