本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国の労働運動
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Folder korea
View


注目トピックス

韓国の労働運動に関するすべての記事

韓国:金大中政府から文在寅政府まで...民主労総委員長拘束

2019/06/24

民主労総のキム・ミョンファン委員長は結局6月21日に拘束された。 去る4月、国会前で労働改悪阻止集会を主導したという理由だ。 これで金大中(キム・デジュン)政府から文在寅(ムン・ジェイン)政府まで、 いわゆる「民主政府」で二回、民主労総委員長が拘束されることになった。

 

韓国:ユソン役員の全治5週間に懲役刑

2019/06/24

最近、ユソン企業役員の傷害事件で裁判所は労働者に懲役1年などを宣告した。 だが以前のユソン企業使用者側による用役暴力には 続けて執行猶予が宣告されており、公平性の論議がおきている。

 

韓国:「下請企業の雇用惨事はLGにも責任」

2019/06/20

シニョンプレシジョンから解雇された女性労働者たちが、 元請のLG電子に雇用惨事事態を共に解決しろと要求した。 彼らはLG電子がシニョンプレシジョンの営業多角化を防いている状況で、 生産工場まで海外で移転させ、 これによる物量減少が解雇の重要な原因になったとして、 LG電子の責任を問いかけている。

 

韓国:二大労総「政府、職務給制度の小細工導入を中断しろ」

2019/06/20

政府が推進する公共機関職務別賃金公示方案は、 職務給制度を導入するため「小細工」だという指摘が出ている。 前の政権が成果年俸制を推進したのに続いて、 文在寅(ムン・ジェイン)政府でもまた、 公共部門に成果主義を反映させようとしているという批判もあがっている。

 

韓国:検察、再び民主労総幹部に拘束令状を請求

2019/06/20

検察が6月13日、 民主労総幹部のユン某副委員長、 キム某対外協力部長に対して拘束令状を請求した。

 

韓国:世宗ホテル復職闘争1150日

2019/06/20

世宗ホテル労組のキム・サンジン前委員長が世宗ホテルから解雇されて1150日目。 市民社会が世宗ホテルの前で記者会見を行って、解雇者の復職を要求した。

 

韓国:大法院、自動車販売代理店の労働者地位を認定

2019/06/18

大法院が自動車販売代理店労働者(カーマスター)の 労働者の地位を認めた。

 

韓国:雇用惨事の前に無返答の政府

2019/06/18

会社の整理解雇と企画廃業に雇用を失った労働者たちが集まって、 雇用惨事に対する対策を政府に要求した。 彼らは「雇用が成長で福祉」だと強調した 文在寅(ムン・ジェイン)政府が現在進行中の雇用惨事を無視してはいけないと強調した。

 

韓国:「価値がない労働はない」障害者一般労組準備委発足

2019/06/18

障害者の労働権確保のための 障害者一般労働組合準備委員会が発足した。

 

韓国:非正規職ゼロ時代、また非正規職になった人々

2019/06/18

文在寅(ムン・ジェイン)大統領の当選直後の2017年5月12日は、 公共部門の非正規職労働者たちにとって忘れることができない日と記憶される。 文大統領は仁川空港を訪れて、直接「非正規職ゼロ」時代を宣言した。 仁川空港の1万人の非正規職労働者を超えて、 学校、病院、公企業などの非正規職労働者は正規職転換への期待を抱いた。

 

韓国:財閥体制改革ための「乙たちの万民共同会」

2019/06/17

財閥体制改革のための「乙たちの万民共同会」が6月11日にソウル市庁広場で開かれた。 この日の万民共同会には700人の労働者、市民が集まった。

 

韓国:6・13露天商大会「政権交代したが都市貧民の生存権は脅かされる」

2019/06/17

32回目をむかえた6・13精神継承露天商大会が光化門で開かれた。 約3千人が集まって、都市貧民の生存権を争奪しようと闘争を宣言した。

 

韓国:財閥の「必須私益」を守る「必須公益制度」

2019/06/14

航空運輸事業は2006年、「労使政大妥協」という美名の下で 必須共益事業場に編入された。 これに伴い、運航、客室、整備などの航空運輸事業のほとんどの業務が 必須維持業務に指定された。 国際線の80%、済州路線の70%、国内線の50%の運航率が必須維持率として決定されて、 航空運輸労働者のスト権は事実上消えてしまった。 航空運輸現場のストライキは必須共益事業場編入後、 10年間に一度も行うことができなかった。

 

韓国:KEC域外脱税…会長の家族が握る所有構造

2019/06/14

KEC域外脱税事件に対する控訴審が 6月12日にソウル中央地法で開かれる。

 

韓国:サムスン解雇者が江南駅で高空籠城

2019/06/14

サムスン解雇者のキム・ヒヨン氏が 6月10日午前5時頃、 サムスン瑞草社屋の前で高空籠城に突入した。

 

韓国:「正規職転換率0%」国立大病院非正規職が青瓦台前で座り込みに突入

2019/06/14

3つの産別連盟労組が国立大病院非正規職の正規職化を要求して青瓦台前で共同座り込みに突入した。 国立大病院派遣・用役労働者たちの契約期間が満了しているが、 まだ一人も正規職転換が行われず、労働者たちは深刻な雇用不安を訴えているからだ。

 

韓国:KEC、食事費は1700ウォン…10年間で100ウォン上がる

2019/06/11

KECは6月7日、朝食に流通期限が6月8日、6月9日までの牛乳を7日に配給した。 通常、牛乳は流通期限2〜3週間残して市中で販売される。 チャムセサンがこの日、近くのコンビニで確認した牛乳の流通期限も6月28日だ。

 

韓国:民主労総委員長が警察に出頭「7月ゼネストは躊躇なく作っていく」

2019/06/11

キム・ミョンファン委員長はこの日、警察に出頭して 文在寅(ムン・ジェイン)政府に拘束された幹部の釈放を要求した。 キム委員長は「拘束された労働組合執行幹部を釈放しろ」とし 「ILO総会を前にして長時間労働と低賃金解決のために闘争した 民主労総の幹部を監獄に閉じ込めれば、 世界の労・使・政代表者の前で大韓民国の労働尊重を語ることができない」と強調した。

 

韓国:韓国社会転換期-「17体制」

2019/06/11

韓国社会の歴史的経路を「87体制」として、 そして新自由主義体制に全面再編され始めた1997年を起点として 「97体制」と分けたりもする。 このような脈絡で、2017年の広場闘争以後、 階級的再編が全面化されたという点で、 その後を韓国社会の転換期とする「17体制」と呼ばれるだろう。

 

韓国:労組破壊に対する嶺南大医療院支部の14年闘争

2019/06/11

嶺南大医療院闘争が始まってから14年が流れた。 2006年、労働組合は週5日制の施行による人員補充と非正規職の正規職化など、 既存の団体協約の履行を要求した。 嶺南大医療院使用者側は創造コンサルティングのシム・ジョンドゥ労務士と 団体交渉担当契約をして、労組破壊シナリオを使って組合員が950人だった労組を 70余人の少数労組にした。

 

古い 20 本の記事


世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について