本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国発国際ニュース
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Folder intl
View


注目トピックス

韓国の労働運動に関するすべての記事

韓国:公共運輸労組が鉄道非正規職ストを支持してハンスト突入

2021/01/23

鉄道公社の非正規職労働者がストライキ64日目をむかえた日、 公共運輸労組は傘下の主要組織がリレー支持ハンストに突入すると明らかにした。

 

韓国:市民団体が鉄道労働者スト問題の解決を要求

2021/01/23

鉄道公社の子会社コレイルネットワークス、鉄道カスタマーセンターの労働者たちが 60日以上ストライキを続けており、 市民社会団体が政府にストライキ問題の解決を要求している。 1月9日に労組の関係者はハンストにまで突入した状況だ。 市民社会団体は労使が合意したのに、指針を理由として予算編成を拒否した企画財政部などを糾弾して、 市中労賃単価の100%適用と解雇労働者の即刻復職を要求した。

 

韓国:K-POPで振り返る2020年の国際連帯

2021/01/23

 

韓国:15年目に制定された中途半端な重大災害企業処罰法

2021/01/13

労災遺族や労働界の要求から大幅に縮小された重大災害企業処罰法が、 1月8日に国会本会議を通過したことで、 政府と政界に対する批判の声が高まっている。 労災遺族や労働、市民社会団体は15年目に制定された重大災害企業特別法が つぎはぎに転落したとし、政府と国会を強く批判した。

 

韓国:LG、清掃用役会社の株式を売却

2021/01/13

LGグループは、LG家のク・フォンミ、ク・ミジョン氏がジスINCの株式を全量売却し、 事業から手を引くと明らかにしたが、 議論は解消されていない。 LG側は利益移転の議論は解消されたというが、 巨大な不買運動へと広がった清掃労働者集団解雇問題が残っている。 清掃用役業者を変えて、事実上労働者を解雇した施設管理業者が、 相変らず株式会社LGの子会社だからだ。 またLG一家の今回の決定が利益移転を自ら認めた形ではないかという主張も出てくる。

 

韓国:労働・市民社会「法司委案廃棄、重大災害法の再議論を」

2021/01/12

1月8日の国会本会議で重大災害企業処罰法が処理される予定だが、 労働・市民社会団体らはまともな重大災害企業処罰法を要求して集中行動を行っている。 彼らは5人未満の事業場を除くなど、原案を大幅に後退させた法司委法案を撤回して、 原案のとおりに法案を直すことを要求している。

 

韓国:「重大災害法を妨害する者を必ず審判する」

2021/01/12

重大災害企業処罰法が国会法制司法委員会法案審査小委員会を通過し、 1月8日の本会議での処理を控えている。 該当法案は労災被害遺族および労働・市民社会界が要求した法案よりも大幅に 縮小、削除され、失望感を抱かせた。 5人未満の事業場が法適用対象から除外されたり、 50人未満の事業場への法適用が延期されるなどの内容が法司委を通過したのだ。 まともな重大災害企業処罰法の制定を要求して1か月以上ハンストを込みを続けている 労災被害遺族らは「ゴミ法案」と命名し、 国会に「この法がそのまま通過すれば、死さえも差別する共に民主党と国民の力は国民の審判を受け取る」と警告した。

 

韓国:言論への懲罰的損害賠償制度導入について

2021/01/12

「記者も知らなければいけません。 自分の言葉が他人の言葉よりも恐ろしいことを....」 2014年11月、SBSで放映されたドラマ「ピノキオ」の キ・ハミョン(イ・ジョンソク)のセリフだ。 ドラマは間違った報道で破綻した家庭で生き残った子供がマスコミに持つ敵がい心をそのまま見せる。 そんなハミョンがよりによって記者になる。 それと共に、ドラマはマスコミの役割、 そして専門職で記者という職業について深く考えさせる。 このドラマはセウォル号惨事による「マスゴミ」議論が起きた後に放映され、 意味を加えた。 われわれは記憶する。 当時、多くのジャーナリストが遺体安置所に行って頭を下げた。 時間は流れた。 誰かが「マスコミは良くなったのか」と聞けば、 すぐに「そうだ」と答えるのは難しそうだ。 俳優パン・ミンジョン氏が報道機関から受けた多くの2次加害を見よ。

 

韓国:LGツインタワー清掃労働者、3社を不当労働行為で告訴

2021/01/12

LG側の集団解雇に反対してストライキ座り込みに突入して21日目になる清掃労働者たちが 元請・下請など3つの会社に対して不当労働行為で告訴状を提出した。 彼らは3社は清掃労働者が結成した労組の瓦解を目的に共謀したと判断して、 労働庁に徹底した捜査を要求した。

 

韓国:民主労総、障害者労働者権利保障ガイドラインを発表

2021/01/11

民間大企業が障害者雇用義務を回避したり、 障害者労働者を不安定な周辺業務で追いやるケースが多いことが確認された。 またアルバイト形式で採用された障害労働者たちは、 労働組合の組織対象として見なされなかったり、 組織化が難しく権利の要求に大きな制約を受けていることが明らかになった。 民主労総をはじめとする労働界は、 障害労働者の権利保障のための団体協約締結および 障害者の労働権保障のための制度改善を用意する計画だ。

 

韓国:ハンスト中の社会主義政党の各代表、重大災害法つぎはぎ憂慮

2021/01/11

重大災害企業処罰法制定のためにハンストをしている社会主義政党の各代表が 「つぎはぎ法案」を憂慮してまともな重大災害企業処罰法の制定を要求した。

 

韓国:清掃労働者を弾圧するLG

2021/01/11

ソウル市永登浦区汝矣島洞にあるLGツインタワーの清掃労働者が 本館1階のロビーを占拠して座り込みを始めてから1月4日で19日になる。 30余人の組合員は昨年12月16日から雇用継承を要求して、 ストライキと共に座り込みを始めた。 彼らは暖房もない冷たい床で眠り、 外部の出入も禁じられたまま孤立させられている。 連帯市民と労働者が座り込みをしていた彼らに会いにきても、 建物に入れず残念にも帰らなければならない。 組合員たちは一度外に出れば、また入れないので、 体調が悪くてもがんばっている。 1月1日には2人の組合員が倒れて救急車まで呼んだが、 彼らは病院に護送されることを拒否して座り込みを続けている。

 

韓国:キム・ジンスク指導委員と共に希望の歩み3日目の話

2021/01/11

1月1日午前11時、慶尚南道密陽市三梁ジン邑三郎津駅の前。 「解雇者復職、雇用安定ない売却反対、重大災害企業処罰法制定のためのキム・ジンスク希望の歩み」3日目の日程が始まる。

 

韓国:重大災害法年内立法要求…遺族など6人ハンスト追加突入

2020/12/31

重大災害企業処罰法の年内制定を要求して労災遺族と進歩政治家が断食座り込みに追加で突入した。 非正規職労働者が重大災害企業処罰法立法を要求して国会前のハンストを始めて22日目の日だった。

 

韓国:LG清掃労働者解雇まで4日「文大統領、『雇用継承』約束を守れ」

2020/12/31

LGグループ本社があるLGツインタワーの清掃労働者の集団解雇事態をめぐり、 市民社会団体が事態の解決を要求している。 LGツインタワー清掃労働者は用役業者の変更を理由に集団解雇の通報を受け、 12月30日に契約が満了する。

 

韓国:民主労総第10期役員選挙、ヤン・ギョンス委員長候補当選

2020/12/31

民主労総中央選挙管理委員会(中選管委)は12月24日午前、 第10期民主労総役員選挙の決選投票結果を発表した。 開票の結果、3番ヤン・ギョンス-ユン・テックン-チョン・ジョンドク候補組が55.68%(28万7413票)の得票率を記録し、 1番のキム・サング-パク・ミスク-ファン・ビョンネ候補組を10%以上抜いて当選した。 キム・サング候補組は44.32%(22万8786票)の得票率を記録した。

 

韓国:キム・ジンスク復職・快癒要求、「希望車(希望に満ちた車)」出発

2020/12/31

2011年に韓進重工業の大量解雇撤回を要求して行った 高さ40mのクレーンでの309日の高空・座り込み。 5回の希望バス連帯。 しかしキム・ジンスク氏は復職できずに35年の解雇期間が流れ、 彼女は今年で定年をむかえた。 長い闘争でキム・ジンスク氏は体調が悪化し、結局11月に2回目のガン手術をした。 これまで共にしてきた連帯者たちは、キム・ジンスク氏の快癒と復職を要求して また「希望バス」に搭乗する予定だ。定年退任までの時間はいくらも残っていない。

 

韓国:1990年、拘置所にジンスク姉さんがきた

2020/12/31

ジンスクが姉さんがきた。 私が5507番で、死刑囚のような赤い名札を付け、 国家保安法事犯で0.7坪の独房に隔離されて特別保護を受けていた1990年、 チュレ拘置所にジンスクが姉さんがきた。

 

韓国:キム・ジンスク指導委員の復職と快癒のための五体投地(1)

2020/12/31

「35年前、労働者の正当な権利を主張したのに国家権力機関の介入で生涯解雇者という頸木をかけられて暮らす キム・ジンスク韓進重工業最後の解雇労働者がいます。 よくご存知のように、もう定年がいくらも残っていません。 そして今は苦しい闘病生活をしています。 いくらも残っていない時間、何をするか悩み、 個人的には15日までに解決することを望む気持ちで釜山で1次五体投地をして、 もっと切迫した気持ちで今日と明日、2か所で五体投地をする予定です。」

 

韓国:キム・ジンスク指導委員の復職と快癒のための五体投地(2)

2020/12/31

86年、催涙弾が夕立のように降り注ぐ通りにも私たちは一緒にいたし、 91年のパク・チャンス委員長の死の真実を究明しろという隊伍にも私たちは一緒で、 民主労総釜山地域本部指導委員の席にも一緒にいた私たちは、 どこで分かれて互いに違う位置に立つようになったのでしょうか?

 

古い 20 本の記事


世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について