本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:「新政治民主連合」が右クリック?
Home 検索
 


「新政治民主連合」が右クリック? 「私たちは本来、選別的福祉だった」

経済・福祉・統一政策で「古い法秩序内の改革指向」

ユン・ジヨン記者 2014.03.17 11:12

民主党と安哲秀(アン・チョルス)議員の新政治連合が3月16日、創党発起人大会を開いた。 統合新党の名称は「新政治民主連合」に確定し、発起主旨文で全体的な路線と方向を明言した。

発起主旨文によれば、両勢力は安哲秀議員側が言及してきた「省察的進歩と合理的保守」という単語をそのまま引用した。 「民主的市場経済」や「選別的福祉」なども安哲秀議員の政策方向と一致する。 そのため、一部では統合新党が既存の民主党路線から右クリックするという展望を出している。

[出処:民主党]

新政治民主連合は発起主旨文で 「省察的進歩と合理的保守を合わせる」とし 「新政治民主連合は、民主的市場経済を指向する」と明らかにした。 福祉路線に関しては 「われわれは普遍と選別の戦略的組み合わせにより、我が国の実情に合った福祉社会を作る」と明らかにし、統一政策に対しては 「しっかりした安保に基づいて、非核化と平和体制を推進し、自由民主的な基本秩序による平和統一を準備する」と強調した。

民主党はひとまず「右クリック」の議論について、これまでの民主党の路線から大きな枠組みの変化はないという点を強調した。 以後、双方の路線論争に関しても大きな流れの議論は起きないだろうと線を引いた。

民主党の崔載千(チェ・ジェチョン)戦略広報本部長は3月17日、MBCラジオの[視線集中]とのインタビューで、新政治連合の福祉路線について 「大韓民国が今、他の先進国の高福祉国家と比べ租税負担率は非常に低い」とし 「それで限られた財源で国民が絶対的に要求する水準の福祉には限界がある」と説明した。 続いて「では財政的な条件と市民の負担に対する意識までを考慮して、普遍的、選別的(福祉)をうまく組み合わせていく政策を作ろうというのが趣旨」と付け加えた。

統合新党の福祉路線が民主党の「普遍的福祉」から大幅に後退したという議論については、 「党綱領などでは最終目標を設定した」とし 「財政的な状態により、すでにそのような形(選別的福祉で)調整している」と強調した。

民主党の朴用鎮(パク・ヨンジン)広報委員長もYTNラジオの[出発新しい朝]とのインタビューで 「選別的福祉が万病に効く薬ではないように、普遍的福祉も万病に効く薬ではない」とし 「選別的福祉と普遍的福祉を善悪の区分ではなく、戦略的に選ぶということは、普遍的福祉主義者も否定しない。 普遍的福祉を中心として選別的福祉をいかにうまく配置するか、財政的な問題をいかに考慮するかという部分は当然ある」と強調した。

また民主党は「民主的市場経済」や「自由民主的な基本秩序による平和統一」の路線もこれまでの憲法秩序内の改革を示すものだと強調した。

朴用鎮広報委員長は 「大韓民国憲法には、市場秩序への適切な牽制と機能を国家の義務として規定している。 自由民主主義の秩序に基づく平和統一という部分も、すでに韓国の憲法にある内容」とし 「新政治民主連合は、韓国の憲法体制の中での変化、憲法体制の中での福祉国家と平和な統一を指向している」と明らかにした。

その後、民主党と安哲秀議員側の路線論争の可能性については 「福祉国家、経済民主化、朝鮮半島平和統一という3つの方向は、民主党の既存の綱領と新政治連合の創党準備委員会発足当時に確認した」とし 「それをすべて集めて昨日の発起人大会でまた確認した。 大きな流れで双方のアイデンティティの議論は起きないだろう」と展望した。

一方新政治民主連合は昨日の発起人大会で、金(キム)ハンギル民主党代表と安哲秀新政治連合中央委員長を共同創党準備委員長に選出した。 発起人では民主党324人、新政治連合355人の合計679人が参加した。 彼らは3月18日から23日まで、京畿、大田、光州、仁川、釜山、ソウルなどで市道党創党大会を開き、26日には中央党創党大会を開く。 また、双方は早い内に政治綱領と政策、党憲および党規に関する協議を終わらせる計画だ。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2014-03-18 14:00:39 / Last modified on 2014-03-18 14:00:40 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について