本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:李石基にかけられた内乱予備陰謀の歴史
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1377694483843St...
Status: published
View


李石基にかけられた内乱予備陰謀の歴史

金斗漢、金槿泰、趙英来、金大中そして鎚岩と進歩党

チョン・ヨンギル記者 2013.08.28 15:34

8月28日、検察と国家情報院が李石基(イ・ソッキ)統合進歩党議員に適用した容疑は、内乱予備陰謀および国家保安法違反容疑だという。

刑法第87条の内乱罪は「国土の僭竊または国憲紊乱を目的として暴動する罪」 を称する。刑法第89条と第90条によれば、内乱の予備陰謀と扇動宣伝も罰し、 予備陰謀は実行に至る前に自首した時はその刑を減軽したり免除する。

国土の僭竊とは「大韓民国の領土の全て、または一部の主権の行使を排除して 不法に権力を行使すること」であり、国憲紊乱は「憲法、または法律が定める 手続きによらずに憲法、または法律の機能を消滅させたり、憲法によって設置 される国家機関を強圧により転覆またはその権能の行使を不可能にすること」 を称する。

李石基議員が不法権力を行使したり憲法または法律の機能を消滅させようとし たのは何だろうか。また国家機関を強圧で転覆しようとした行為は何だろうか。 事実でないのなら、なぜ容疑をかけたのだろうか。それも大統領選挙介入問題 で信頼度が地に落ちた国家情報院から出た点は、さまざまな疑問を呼び起こす。

李石基議員の内乱予備陰謀容疑は、大韓民国の憲政史に記録すべきことだ。 現役の国会議員に内乱予備陰謀を適用したのは二回目だ。内乱罪適用の歴史を 調べれば、概ね類推できる。

まず、大衆的にもよく知られた金斗漢(キム・ドゥハン)だ。1965年、韓日協定 反対などで、補欠選挙で竜山区から韓国独立党候補として立候補して当選した 金斗漢は、1966年1月8日に5段階革命計画を樹立して政府転覆を企図したとし、 国家保安法違反および内乱陰謀容疑で拘束された。その後、1月29日に国会で 金斗漢議員釈放決議案が通過し、4月28日に5年を求刑された後、5月10日に 金斗漢をはじめとする全員が無罪を宣告された。

内乱罪適用の代表的な例は、1980年に新軍部が金大中(キム・デジュン)元大統領 をはじめとする民主化運動家20余人を北朝鮮からの指図を受け、内乱陰謀を計画 し、518光州民衆抗争を起こしたという容疑を適用したことだ。

[出処:民主化運動記念事業会]

金大中大統領は1980年の5.17措置と共に起訴され、戒厳軍法会議を経て、翌年 1月に大法院で死刑確定判決を受けた。その後、ソウル高裁は2004年1月、いわ ゆる金大中内乱陰謀事件の再審公判で、金元大統領の内乱陰謀と改憲法違反の 共謀事実に無罪を宣告した。

遡れば「ソウル大生内乱陰謀事件」がある。1971年、中央情報部は金槿泰(キム・ グンテ)民主党顧問、全泰壹烈士評伝の著者の趙英来(チョ・ヨンネ)弁護士など に対し「ソウル大生4人と司法研修院生1人が謀議して大韓民国を転覆しようと した」とし、拘束した。彼らの容疑は「民主守護全国青年学生連盟」を中心に 反政府デモ、暴力を利用した主要官公庁の破壊・占領と朴正煕(パク・チョンヒ) 大統領の強制下野、革命委員会の構成と憲法機能停止後に政府転覆を企画した ということだった。

[出処:民主化運動記念事業会]

だが裁判の過程で検察の公訴事実の虚構性が暴露され、捜査機関の苛酷行為が あらわれたため、社会問題になったこの事件は、宣告公判で反国家団体構成と 予備陰謀の部分は無罪が宣告された。

李石基議員に適用されたもうひとつの容疑である国家保安法適用の事例はいち いち列挙できない程に多い。今回の押収捜索が李石基議員を含む統合進歩党の 党役員を中心に行われたことを見れば、類似の事例で鎚岩(チョ・ボンアム)を 含む「進歩党事件」を上げることができる。統合進歩党の略称が「進歩党」 だったのも似ている。

1956年11月に結成された進歩党は、北朝鮮のスパイとの接線で北朝鮮の統一方 案を主張したとし、1958年1月に党幹部全員が検挙されたこの事件で、鎚岩 (チョ・ボンアム)は死刑になり、進歩党は解散した。だが2007年「真実和解の ための過去の歴史整理委員会」は鎚岩の処刑を政治弾圧と規定し、大法院は 2011年1月20日に開かれた再審裁判でスパイ罪と国家保安法違反容疑に対し無罪 宣告をした。

金斗漢は内乱陰謀事件にかかわる前に、韓日協定反対を掲げて当選した。その 1965年は、1964年から韓日会談反対デモが続く政局だった。ソウル大内乱陰謀 事件が起きた1971年は、朴正煕前大統領が7代大統領選挙で金大中元大統領にか ろうじて選挙に勝って3選に成功した年だ。翌1972年に維新を断行した。金大中 内乱陰謀事件が起きた1980年は、全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領をはじ めとする新軍部の政権掌握で全国的なデモが広がった時期だった。(記事提携= ニュースミン)

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2013-08-28 21:54:43 / Last modified on 2014-12-24 19:05:05 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について