本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:社会党と進歩新党、吸収党統合の形式での統合に合意
Home 検索
 


社会党と進歩新党、吸収党統合の形式での統合に合意

党名、綱領、党憲は進歩新党のまま...総選挙以後に第二の創党を推進

キム・ヨンウク記者 2012.02.14 19:03

社会党が事実上、進歩新党に吸収される方式の合党に暫定的に合意した。進歩 新党と社会党は2月7日、両党の実務協議暫定合意文で、認知度や組織の勢いが 高い進歩新党の党名、綱領、党憲で統合することにした。

今回の進歩新党と社会党の統合は、進歩左派政党建設のための1次統合の過程と して4.11総選挙に効果的に対応するためだ。これにより4.11総選挙の投票用紙 には社会党の記入欄がなくなり、社会党の候補は進歩新党候補として出ること になる。

社会党がこうした方式の合党を決めたのは、4.11総選挙の直前に党名や綱領な どを深く討論する時間が足りないからだ。両党内の党対等統合について、様々 な意見が存在する状況で、1次-2次創党の過程に分けて現実的な選択をした。 実際、進歩新党内にも労働勢力の大きな参加がない社会党との単独統合には 否定的な意見もかなり多いと言われる。

両党は合党後、常任代表は洪世和(ホン・セファ)現進歩新党代表が引き受け、 互恵平等の原則によりアン・ヒョサン社会党代表が共同代表を引き受けること にした。

両党の議決機関としては、進歩新党代議員と社会党中央委員を代議員として党 大会を構成する。また全国委員会は進歩新党全国委員と社会党中央執行委員で 構成する。進歩新党の代議員は370人ほどで、社会党の中央委員は60人程度だ。 市道党の委員長は両党の共同委員長を原則とするが、地域で協議して決める。 進歩新党の党員は約12000人程度、社会党の党員は1000人程度だという。

両党は、今回の統合が進歩左派政党建設の出発点として、総選挙以後に新しい 進歩左派政党のための第二の創党を進め、党名、綱領、党憲を新しく制定する ことに合意した。

進歩新党のパク・ウンジ副報道担当者は「今回の合党は、総選挙以後の第二の 創党で建設される真の進歩左派政党の種になる」と統合の意義を説明した。

アン・ヒョサン「多様な意見が存在...党名、綱領を討論する時間が不足」

しかし社会党の内部では、進歩新党全国委員会の会議資料として暫定合意文が 2月11日に進歩新党ホームページに吸収合党という説明と共に社会党より先に 公開されたことで問題になっている。

社会党のある関係者は「党内の議論の過程で党名を進歩新党とすることになっ た」とし「合意の過程で吸収合党という言葉を使わないようにしたが、進歩新党 全国委の議題に吸収合党という単語が入り、その単語に反発がある」と説明した。

チェ・グァンウン前社会党代表は14日午前、社会党のホームページの発言台 掲示板に「こうした形の進行に憂慮を感じ、これまで各種の会議に参加しなかった。 私は社会党の一般党員として残る」と明らかにした。

党内で論議がおきたため、アン・ヒョサン代表は発言台掲示板に『党員たちに 差し上げるいくつかの言葉』という文で、統合の議論を説明した。

アン・ヒョサン代表はこの文で「社会党内にも統合には多様な意見があるが、 進歩新党はさらに複雑な傾向、意見集団、個人などが存在する」として「吸収 合党という表現も、こうした形勢の中のさまざまな主体の意識、無意識から出 てきたと考える」と釈明した。

アン・ヒョサン代表は「暫定合意文が出る前に開かれた中央委員会で案件解説 と討論等を通じ、進歩新党の名前、綱領、党憲で統合する形で第一次の創党を しようというのが私の意見だった」とし「その理由は時間がないから」と釈明 した。アン・ヒョサン代表は「時間がないということは、進歩新党にも社会党 にも多様な意見があり、短い時間で内容のある討論と政治的な形成によって、 党名、綱領、党憲などを用意するのは困難という意味」と付け加えた。

また「進歩新党という党名が本来過渡期的な党名だったこと、進歩新党の綱領 がその精神の面で現在の社会党の綱領と同型である点にも考慮した」とし、 「社会党と進歩新党の規模の差があるので、党名、綱領、党憲などを新しく作 る形式の統合でなければ、どう表現しても『吸収』という印象を持たれるが、 私たちが何をしようとしており、今何をすべきなのかという脈絡で理解して、 受け入れてほしいということ」と明らかにした。

アン・ヒョサン代表は「暫定合意文の地位はガイドラインで、議題として機能 する」とし「統合の意義などは変更できないが、他の多くのことは修正したり 補完でき、適切な統合の条件を作るために努力する」と明らかにした。

進歩新党は11日に全国委員会を開き、進歩新党と社会党の暫定合意文を承認し た。今後、19日に円仏教会館で開かれる代議員大会で最終的に承認する予定だ。 社会党も19日にソウル市西大門文化会館大劇場で臨時党大会を開き『進歩新党 との合党(進歩左派政党1次創党)のための政党法上担当機関』の設置を議決する 予定だ。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2012-02-15 00:31:09 / Last modified on 2012-02-15 00:31:15 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について