本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:全米4万6千 GM労働者のストライキ、「12年ぶり」
Home 検索
 


全米4万6千 GM労働者のストライキ、「12年ぶり」

労組、経済危機の時に譲歩したのにまた労働者に犠牲を要求

チョン・ウニ記者 2019.09.16 14:31

米国全域のゼネラルモータース(GM)労働者数万人がストライキを行っている。 全米のGM労働者が集団でストライキを起こすのは12年ぶりだ。

米国CNNなどによれば、 全米自動車労組連合(UAW)所属のGM非正規職労働者4万6千人が9月15日深夜12時(現地時間)からストライキに突入する。 ストライキは米国9つの州で31か所のGM工場および21のその他の生産施設で進められる。 GMの労働者を代表するUAWは、7月から使用者側と交渉してきたが、 交渉が膠着状態におちいり、ストライキを選んだ。 GM下請のアラマクに雇用された整備労働者850人は、 すでにミシガンとオハイオの5つの工場でストライキを始めた。

GMの労働者たちはオハイオとミシガンにある4つのGM自動車の組み立て工場を閉鎖する方針に反対する一方、 賃金と値上げ、雇用保障と利益分配を要求している。 GMはUAWに70億ドル以上の投資を含む5400の雇用増設、 賃金と値上げなどを約束したが、 工場の閉鎖や雇用の保障などで労組と相当な意見の相違を見せている。

UAWのテリー・ディッテス副委員長は、デトロイトで開かれた記者会見で 「ストライキは私たちの最後手段」とし 「私たちがGMに要求しているのは単純で正当だ。 われわれは公正な賃金と適切な健康保険、 利益の分配と、われわれ組合員やその家庭のための雇用保障を望んでいる」と話した。

GMの労働者たちは2007年に2日間のストライキを行い、 80か所の工場を閉鎖させた。 1998年にはミシガン州のフリント地域でもストライキが行われた。 この時、労働者たちは54日間ストライキを続け、会社は約20億ドルの損失を出した。

GMは昨年11月に構造調整の方針を発表し、これを押し進めてきた。 GMは工場閉鎖が電気自動車の需要拡大などの市場構造の変化による不可避な措置だと主張している。 また、UAWの賃金と手当ては米国南部にある非労組工場と比較して高いとし、 労組の賃上げ要求の水準を受け入れていない。 GMは自動車組み立て工場を閉鎖し、 設備を電気自動車生産や電気自動車バッテリー施設に交換する一方、 一部は売却する方針だ。 そしてこの施設で労働者の一部の雇用を継承する方針だ。

しかし労組は、GMが数年間記録的な収益をあげたのに、 企業の利益のための構造調整を強制するだけで、 労働権の保障には関心がないとして反発している。 UAWによれば、GMは昨年だけで81億ドルの収益をあげた。

「労組、経済危機の時に譲歩したのに回復してもまた犠牲を要求」

労組はまた、労働者たちは会社が苦しい時に譲歩したのに、 なぜ収益をあげている時にもまた犠牲にされるのかと尋ねている。 GMは2009年に破産の危機に瀕し、約500億ドル近い米国政府の救済金融により回復した。 この時、ウォール街出身のアナリストが主導する構造調整チームは 労働者2万余人の解雇、健康保険基金の削減、新規入社者に対する時給体系を差別化する二重賃金制導入、 ストライキ自制などの措置を強行した。 労組のテッド・クラム交渉委員長は15日の記者会見で 「GMは、彼らに私たちが必要な時は、 私たちが会社のために我慢したことを理解しなければならない」とし 「今では収益があがっているのだから、 われわれは公正な契約を結ぶ権利がある」と明らかにした。

ストライキが長期化すれば、北米全域に相当な影響を与えるものと予測される。 自動車メーカーの供給網は連結しているので、 カナダとメキシコの工場にも影響するものと見られる。 しかしストライキがどの程度続くのかは未知数だ。 会社は約1か月間は、ストライキによる大きな影響はないと見通している。 しかし専門家は、労働者の闘争の意志が強く、 労組の要求が受け入れられるまでストライキは続くものと展望している。

GMが工場閉鎖を決めたオハイオ州は、 2020年の米国大統領選挙で重要な拠点であり、 今回のストライキは米国の政界でも大きな問題になっている。

一方、インターネット・メディアのボックス(VOX)は、このストライキについて 「この数十年間、組織労働者は減少してきたが、 最近青年労働者の組合加入が増える一方、 団体行動を行う労組も増えてストライキが拡大している」とし 「国際労働機構(ILO)によれば、 作業中止に参加する労働者の数はこの2年間で2倍に増加した。 昨年だけでも世界の1億600万の労働者たちがストライキをした」と付け加えた。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2019-09-17 03:58:04 / Last modified on 2019-09-17 03:58:06 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について