本文の先頭へ
LNJ Logo 「人民に焦点を当てたグローバル・パンデミック対策」を要求する
Home 検索
 


情報提供 : 園良太

世界的なコロナ危機の根本原因は、自然界や医療体制を壊してきた金融資本主義です。 その被害を最も受けてきた人たちから、以下の包括的・国際的な要求が出されました。 仲間が翻訳しました。転送、転載歓迎です。

「人民に焦点を当てたグローバル・パンデミック対策」

 出典:https://t.co/4pjIqcUc0l?amp=1 翻訳:脇浜義明(人民新聞) インド出身の歴史学者、ジャーナリストのヴィジャイ・プラシャドが主管する「人民国際 議会」とトリコンティネンタル社会研究所は、新型コロナウィルス感染症との闘いは、
1)利潤より生命を優先する闘い、 2)民衆が団結し秩序正しい行動をする闘い、 3)政府がその行動に基づいて民衆の支持を得る闘い、 4)地球的規模で連帯する闘いであるべきだ、と提案している。その具体的な方策を16 項目にまとめている。 1:賃金保障に基づく就労の中止。ただし、基本的医療やロジスティクスに従事する仕事 、食糧と日常必需品を生産・配送する仕事を除く。この中止期間中の賃金は国家が保障す る。 2:医療・介護、食糧、公共安全を組織的に維持する。緊急用食糧備蓄を貧しい人々に早 急に分配する。 3:学校を休校にする。 4:新型コロナウィルス感染が展開中は、病院や医療機関が収益を心配しないで機能でき るように、病院や医療機関をすべて社会化し、政府の病気対策の管理下に置く。 5:製薬会社を即時国営化し、ワクチン開発や有効な検査キット開発を目指して、国際的 協力をすること。医療分野における知的財産権を廃止する。 6:すべての人々の感染有無を早急に検査する。検査の早急な可動化とこのパンデミック の最前線で活動する医療関係者への支援。 7:危機対処に必要な資材(検査キット、マスク、人口呼吸器等々)の早急な生産。 8:グローバル金融市場を直ちに閉鎖すること。(コロナ危機を資本家達が悪用し、事態 を悪化させないために) 9:世界の諸政府の破産を防ぐための融資措置。 10:個人など非法人債務の取り消し。 11:全ての賃貸料や不動産ローンの支払いの中止と、立ち退きの中止。この措置には基 本的人権として適正な住居の提供も含まれる。これを全市民の権利として国家が保障する。 12:全ての公共料金(水道、電気、インターネット等々)を人権の一部とし、国家が支 払う。それらの公的サービスがまだないところには、早急にそれを実現すること。 13:キューバ、イラク、ベネズエラのような国に不当な苦しみを与え、必要な医療品の 輸入を妨害する一方的で犯罪的な制裁を直ぐに止めること。 14:小農民が健康で安全な食品を生産し、それを政府が直接流通するように政府へ納入 する仕組みを作り、小農民を支援すること。 15:ドルを国際通貨とする制度・慣習を廃止し、国連に共通世界通貨に関する会議を開 くように要求する。 16:すべての国にベーシック・インカムを。これによって失業や不安定就労や零細自営 業で苦しむ貧しい何百万もの世帯に対する国家支援を確保する。資本主義システムは絶え ず失業者を大量に作り出す仕組みである。国家が雇用と人間的尊厳がある生活を民衆に保 障すべきである。ベーシック・インカムの財源は軍事費削減から浮かせる。

Created by staff01. Last modified on 2020-03-27 18:03:31 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について