本文の先頭へ
LNJ Logo 緊急告知:1月6日に日本軍「慰安婦」問題世界連帯行動
Home 検索
 


*レイバーネットMLより

尾澤邦子です。 12月28日、日韓政府間で合意された日本軍「慰安婦」問題に対して、韓国の挺身隊問題対 策協議会から「緊急告知」として、1月6日に世界連帯行動が呼びかけられています。 日本政府は、10億円とひきかえにソウルの日本大使館前の平和の碑(少女像)の撤去と、 今後いっさい問題にしないということを強要しています。被害当事者を無視し、政府への 要求事項も無視し、勝手に妥結した「合意」を黙って見ているわけにはいきません。 イヨンスハルモニをはじめ被害者は、被害者不在で合意したことを怒っています。年末30 日の日本大使館前水曜デモには700人が集まり、 「合意撤回」を叫んでいました。イヨン スさんは「お金の問題ではない。公式謝罪と法的賠償だ」と訴えていました。 31日には、「韓日協定を破棄せよ」と叫んで日本大使館に入って抗議した学生30人が逮捕 されました。 現在も大使館前では学生たちが少女像を守って籠城しています。 「緊急告知」を翻訳しましたので、はりつけます。 1月6日(水)午後6時半から首相官邸前でスタンディングを行おうと思います。一緒にや りませんか。 「合意」反対の思いをプラカードに書いて、官邸前に立ちたいと思います。よろしくお願 いします。 【緊急告知】 2016.01.06世界連帯行動に共に連帯することを訴えます。 1月6日は、1992年1月8日に初めて行われた水曜デモが満24周年となる水曜日です。 挺対協は24周年デモを迎えながらも、2015年12月28日、日韓政府間の拙速的に妥結された 日本軍「慰安婦」問題の合意に反対して、日本軍「慰安婦」問題の正しい解決を要求する ために、世界同時多発、全国各地域の同時多発水曜デモを推進しようと思います。緊迫し た状況で推進されるものであり、困難であるとは思いますが、世界各地におられる方々、 全国各地におられる方々、水曜デモに共に連帯して、同時多発集会を一緒に行うことがで きる方は、ご連絡をお願いいたします。団体で行うことが難しいならば、1人デモ、大使 館前のコンサート、短い展示会、パフォーマンスなど、さまざまな方法でやればよいでし ょう。時間は、現地の事情に合わせて進めてください。 米国、欧州、アジアなど各地で、国内全国各地で緊急共同行動が行われると思います。 ソウル、日本大使館前の平和路にて12時に挺対協の主催で、世界連帯行動を推進 •米国ワシントン、ニューヨークは日本大使館前で水曜デモを行い、その後韓国大使館ま で行進。 •LAグレンデイル、ニュージャージー、キリンビ、サンフランシスコでは、1212回水曜デ モ及び世界連帯行動開催 •ドイツベルリンでは韓国大使館前12時 •オーストリアウィーンでは、欧州平和紀行中の希望ナビ主催の水曜デモ •世界連帯行動を進めている方は、活動写真などを積極的にSNSなどを通して広報してい ただき、イベントを行う際には、現地メディア放送に報道資料などを介して広報活動をぜ ひお願いいたします。 •国内:水原は1時に水原平和碑前、テジョンは午前8時にテジョン平和の少女像の前で共 同行動。 - ご連絡いただければ続けて追加します。  *1.6世界連帯行動が決まったら、挺対協(02-365-4016 /war_women@naver.com)に連絡 いただきますようお願い申し上げます。

Created by staff01. Last modified on 2016-01-03 23:38:12 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について