本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:鉄道地下鉄4社が10月にストライキ予告...「安全、公共性強化を」
Home 検索
 


鉄道地下鉄4社が10月にストライキ予告...「安全、公共性強化を」

10月7日から18日まで各事業場別にストライキ突入

ユン・ジヨン記者 2019.10.02 12:08

鉄道と地下鉄4社の労働者たちが、 安全人員補充と公共性強化などを要求してストライキを予告した。 公共運輸労組と全国鉄道地下鉄労組協議会は10月2日午前10時、 民主労総で記者会見を行って、 安全人員の確保と労働条件の改善などの要求が貫徹されない場合、 来る7日から18日まで各事業場別にストライキに突入すると明らかにした。

現在ストライキを準備している4つの事業場は、 鉄道労組とソウル交通公社労組、ソウル・メトロ9号線支部、西海線支部だ。 鉄道労組の場合、現在 △公企業の非正常的な賃金未払い解消、 △4組2交代転換による鉄道安全人員確保、 △非正規職の直接雇用と処遇改善合意履行、 △鉄道公共性強化のためのKTX-SRT統合の4つを要求している。

鉄道労組のチョ・サンス委員長は 「労働時間を短縮するために来年から3組2交代から4組2交代に改編しなければならない。 そのためには今、採用手続きを進めるべきだが、 使用者側はこの4か月間、交渉を怠り、使用者側からの提案も提示していない」とし 「現在、鉄道は必要人員の3分の1の水準なので1人の駅があり、2人1組の勤務も行われない。 最大の問題は、公企業の中で一番労働時間が長く、労災率が高いこと」と説明した。 鉄道労組は10月7日から順法闘争に突入し、 11日から13日までの3日間、警告ストライキに突入する方針だ。

ソウル交通公社労組も安全人員の補充と賃金ピーク制廃止、 賃金構造改善を掲げて10月16日から18日までの3日間、1次ストライキを行う。 ソウル交通公社労組のユン・ビョンボム委員長は 「1日750万人が利用する駅に2人しかいないので、 自転車操業式の勤務が続いて市民の安全が脅かされており、 乗務員は休日もなく働いている」とし 「現在、新しく開通する区間の人員も入れると291人の人員が追加で必要だが、 公社はこれに対する対策もない。 それと共に賃金ピーク制により、昨年32億の人件費が蚕食され、 今年は43億ウォン、22年度には140億ウォンまで蚕食されるものと見られる」 と明らかにした。 労組は1次全面ストライキをしても公社が労組の要求を受け入れなければ、 11月中旬から無期限の全面ストライキに突入する計画だ。

ソウル・メトロ9号線支部は、9号線の列車8両化と民間委託契約方式撤回、 人員補充、女性労働者人権問題解決、保安要員正規職転換、 統合直列職種分離などを掲げて10月7日から9日までの3日間、ストライキに突入する。

ソウル・メトロ9号線支部のシン・サンファン支部長は 「9号線の2、3段階は既存の民間資本運営から直営化に変わったが、 相変らず民間委託システムで運営されており、 同じ業務をソウル交通公社の1/3の人員で働いていて、 低い賃金と劣悪な労働条件に苦しんでいる」とし 「1人勤務が蔓延し、深夜時間帯に女性労働者1人が ホイッスルと水鉄砲だけで勤務をしている」と明らかにした。 保安要員も非正規職で、4人が2組2交代勤務をしている。

西海線の施設維持補修業務は、ソウル交通公社の子会社が委託運営している。 ここの労働者たちは、低い賃金と劣悪な労働環境に苦しんでおり、 専門担当者の離脱率も高い状況だ。 西海線支部チョン・ムンソン支部長は 「ソウル交通公社と同じ仕事をしているが、 人員は公社の6分の1水準なので、 12の駅のうち10か所の駅が1人駅として運営されている」とし 「賃金も公社の平均賃金の2分の1水準だ。 6倍の仕事をして2分の1の賃金を受ける条件では、離職率が高くならざるをえない」 と強調した。 西海線支部は10月3日の争議行為賛否投票の結果により、 10月15日に無期限全面ストをする計画だ。

記者会見に参加した民主労総のキム・ミョンファン委員長は 「10月には鉄道と地下鉄労働者たちが仕事の手を止めて警告ストライキをする。 その後に一緒に全面ストライキを決行する覚悟も話している」とし 「民主労総の10月末の労働改悪阻止全面ストライキおよび総力闘争と 11月9日の全国労働者大会での話題の一つは、 非正規職撤廃と鉄道および地下鉄公共性回復になるだろう」と声を高めた。

一方、公共運輸労組と全国鉄道地下鉄労組協議会は記者会見文で 「公共機関も委託運営社も、政府の危険千万な効率化論理の中で人員を最小化し、 非正規職を増やしてきた」とし 「安全と公共性強化のための鉄道地下鉄4社のストライキ闘争を積極的に支持し、 現場の軌道労働者たちの絶叫に政府が答えることを厳重に要求する」と明らかにした。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2019-10-09 19:07:47 / Last modified on 2019-10-09 19:07:48 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について