本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:公共部門非正規職全面ストライキ2日目、12の地域でストライキ大会
Home 検索
 


公共部門非正規職全面ストライキ2日目、12の地域でストライキ大会

各界各層からの支持宣言続く「政府が直接交渉に出て来い」

ユン・ジヨン記者 2019.07.04 17:41

公共部門非正規職労働者のストライキが2日目をむかえた中で、 全国12の地域で全面ストライキ大会が開かれた。 全国学校非正規職連帯会議によれば、 ストライキ2日目にも学校非正規職3万5千人以上がストライキに参加した。 各界各層のストライキ支持宣言も続いている。

▲3日、光化門広場で開かれた非正規職撤廃全国労働者大会[出処:チャムセサン資料写真]

民主労総傘下の公共部門非正規職(公共運輸労組、サービス連盟、民主一般連盟)労働者たちは、 7月3日にストライキに突入した。 3日には10万人の労働者がストライキに参加し、5万3千人がソウルに上京して光化門広場で大規模ストライキ集会を開いた。 ストライキ2日目をむかえた4日には、 京畿と仁川、忠北および世宗忠南、大田、全北、光州、慶北、大邱、慶南、釜山、江原、済州の 12の地域で2万人以上がそれぞれストライキ集会を開いた。

公共部門非正規職労働者のストライキが続き、 政府に労政交渉を要求するストライキ支持宣言も相次いでいる。 労働、農民、女性、人権、宗教団体など104の市民社会団体は7月4日午前、 民主労総で記者会見を行って 「非正規職ない世の中の扉を開く公共部門非正規職労働者たちのストライキを支持する」 と明らかにした。

彼らは記者会見文で 「非正規職労働者たちは文在寅(ムン・ジェイン)政府に頼っていては 労働者たちの人生を変えることができないということを知った。 個別の事業場で交渉しても、政府の政策が変わらない以上、 現実の人生を改善するのは難しいことを知った」とし 「そのため公共部門の非正規職問題を解決する主体として、 政府に直接交渉を要請している。 政府は公共部門非正規職労働者たちのこの要求を受け入れて交渉に出るべきだ」と要求した。

▲3日に光化門広場で開かれた非正規職撤廃全国労働者大会[出処:チャムセサン資料写真]

続いて市民社会は 「われわれ労働社会団体は公共部門非正規職の全面ストライキを支持し、 このストライキが非正規職のない世の中の扉を開く歴史的なストライキになるように 努力して連帯する」と明らかにした。

法律家団体も今回のストライキを支持し、力を補っている。 労働人権実現のための労務士の会、民主社会のための弁護士の会労働委員会、 民主主義法学研究会、法律院(民主労総、金属労組、公共運輸、サービス連盟)、 全国不安定労働撤廃連帯法律委員会は声明を発表して 「公共部門の使用者は、使用者としての模範を示す地位にあり、 政府はこれに責任がある。 したがって今回の全面ストライキは 非正規職労働者の労働条件改善と権利増進のため正当な全面ストライキであり、 非正規職労働者自身の声をあげる正当な権利の行使」だと強調した。

続いて「今回の全面ストライキは 公共部門の非正規職労働者と労働組合の正当な権利行使であり、 いかなる弾圧と外圧、不利益もあってはならず、 今後正しい政策を通して要求事項を実現するために 積極的かつ即刻行動することを政府に要求する」と明らかにした。

▲3日に光化門広場で開かれた非正規職撤廃全国労働者大会[出処:チャムセサン資料写真]

現在、公共部門の非正規職労働者たちは、 △非正規職撤廃、 △最低賃金1万ウォン、 △労働基本権保障を政府に要求している。 また、これまで文在寅政府が推進してきた 「公共部門非正規職の正規職化」対策が、 無期契約職の拡散、子会社と職務給制度の導入などによる別の非正規職差別を呼んでいるとし、 政府との直接交渉を要求している。 非正規職の正規職転換と差別解消方案などを総括的に議論する労政協議体を作り、 公共部門の非正規職労働者たちの実質的賃金団体協議を推進しようということだ。 現在、民主労総は7月中に「(仮)公共部門非正規職差別撤廃労政委員会」を構成し、 公共部門を総括する中央協議と中央行政機関、地方自治体、公共機関、地方公企業、 教育機関など、類型別に労政協議を同時推進することを要求している。

公共部門の非正規職労働者たちは明日(7月5日)までストライキを続ける。 5日にはソウル(午前10時、ソウル教育庁)、 全南(午前10時、全南道教育庁)、 蔚山(午前10時、蔚山市庁)で6000人以上がストライキ大会を開く。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2019-07-05 20:23:50 / Last modified on 2019-07-05 20:25:57 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について