本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:殺人を止める双竜車希望テント村でクリスマス
Home 検索
 


殺人を止める双竜車希望テント村『わっとクリスマス』

23〜24日、双竜車1次包囲の日...「希望が絶望に勝つ」

ウ・ヨンヘ記者 2011.12.22 11:17

金属労組と双竜車支部、市民社会団体、宗教団体、大学生などは12月23日と24日 の二日間、平沢工場の前で『わっとクリスマス』 1泊2日の大規模なイベントを 行い、双竜車希望テント座り込みを拡大する計画だ。

▲8日午前、希望テントを撤去する警察[出処:双竜車支部]

金属労組双竜車支部(以下 双竜車支部)と市民社会団体が双竜車平沢工場の前で 希望テント座り込みを始めてから15日を越えようとしているが、双竜車会社側 は問題解決の要求に対して明快な回答を出していない。

双竜車支部は7日に平沢工場の前に希望テントを設置して座り込みを始めたが、 すぐ翌8日、平沢市と警察が希望テントを撤去した。双竜車支部と地域の市民社 会団体は、記者会見と共に希望テントを再設置したが、また平沢市と警察によ り再撤去された。3回目に設置した希望テントに対し、平沢市は20日までの撤去 を要求する1次戒告状を送ってきたが、20日の撤去はなかった。

こうした平沢市と警察の態度に対し、希望テント村の参加団体は「警察が希望 テントを強迫している」と批判している。20日午前10時、地域市民社会団体は 希望テントの強制撤去を糾弾する記者会見を平沢工場前で開いた。また21日の 午後4時頃には鄭東泳(チョン・ドンヨン)議員と金属労組のパク・サンチョル 委員長がキム・ソンギ平沢市長と面談し、希望テントの強制撤去中断を要求した。

双竜車支部は「希望テントを設置しようとすると、双竜車会社側は2009年の ストライキ後初めて管理者を動員し、救社隊を組織した」とし、「平沢工場内に 『外部勢力が会社を潰す』というチラシを配るなど、希望テントが希望バスの ように規模が大きくなることに対し敏感に反応している」と伝えた。

平沢市と警察、会社側の希望テントへの反応について、双竜車支部は「希望 テント村の村民は強迫に屈しない。警察は希望までは撤去できない」とし、 「テントを強硬に守る」と意志を明らかにした。

また双竜車希望テント村の参加者は「12月23日、『双竜車希望のテント村』で 『わっと! クリスマス』を!」という要請文を発表し、希望テント参加と双竜車 問題の解決を要求した。

彼らは要請文で「(双竜車)19人の死を胸に刻み、20という数がこの世の中に 存在しないことを望む気持ち」で希望テント村を作ったと説明した。

希望テント村は「死なずに生きるための解雇労働者の最後の火種で、『連帯 しよう』と手を動かす『連帯の村』」と強調した。

続いて「すでに誰かが『絶望のテント村』だと陰口を叩いているが、希望バス を『絶望バス』と非難した人も希望のバスの発車は防けなかった」とし、希望 テントも「解雇殺人に終止符を打ち、『希望は必ず絶望に勝つ』という真理を 確認させる」と主張した。

要請文は最後に「2009年、絶望の工場で公権力と救社隊が労働者の胸に突きさ した痛みと絶望、死の烙印を解く時だ」とし、「12月23日にテント、リュック、 食べ物を持って双竜車希望テント村に集まろう」と呼び掛けた。(記事提携= メディア忠清)

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2011-12-23 03:19:43 / Last modified on 2011-12-23 03:19:53 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について