本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:江南区方背5区域強制撤去
Home 検索
 


江南区方背5区域強制撤去...34人連行、負傷者も

[寄稿] 11日午前から暴力的強制執行開始

チェ・インギ(民主露連首席副委員長) 2020.05.11 14:25

5月11日午前から現在まで、 歓楽街と富村密集地域のソウル江南区方背5区域で 本格的な強制撤去が行われている。

[出処:チェ・インギ]

全国撤去民連合のキム・ソヨン氏によれば5月11日午前、 日が昇るとすぐ方背5区域の再建築現場で明け渡し執行を理由に用役が集まり、 建物の上の撤去民に石を投げ、暴力的な執行を展開した。 屋上に閉じ込めて殴打し、多くの撤去民が負傷し、 一部は病院に運ばれた。

[出処:チェ・インギ]

この地域は整備区域に指定された後、2015年に再建築組合が設立された。 方背5区域再建築事業は瑞草区方背洞946の8一帯17万6000平米ほどの土地に アパート27棟、3080世帯を作ることを骨子としている。 一般分譲世帯も約1700世帯にのぼる。 2017年に現代建設が施工者で開発を引き受けた。

全国撤去民連合のキム・ソヨン氏によれば、 区域内の撤去民は都市および住居環境整備法第81条第1項に基づき再開発だけでなく、 再建築事業でも損失補償などが必要だと主張している。 しかし方背洞一帯は現在、再建築超過利益還収制の適用も受けず、 強制撤去が行われている。 この地域は最近の不動産住宅景気沈滞にもかかわらず、 江南の新興富村地域に浮上する可能性が非常に大きいところといわれる。

[出処:チェ・インギ]

撤去民たちは梨泰院クラブ関連の新型コロナウイルス感染症確診者が 全国で75人で、このうちソウルで49人が発生するなどの深刻な状況にもかかわらず、 無理な強制撤去を行っていると糾弾した。 現在、抵抗している撤去民のうち約34人が方背警察署に連行され、 全国撤去連合の会員は方背警察署の前で座り込みをしている。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2020-05-20 06:52:17 / Last modified on 2020-05-20 06:52:18 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について