本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:「われわれは働く者、性労働者だ」
Home 検索
 


「われわれは働く者、性労働者だ」

国内初の性売買「法外労組」を結成

2005-09-24午前11:59:27

自発的な性売買女性と性購買男性の処罰に反対してきた一部の性売買女性たち が去る6日、京幾道平沢で国内初の「民主性労働者連帯(民性労連、委員長イ・ ヒヨン)」という名称の法外労働組合を結成し、性売買事業主(民主性産業連帯、 代表金サムソク)と団体協約を締結したことが一足遅れて確認された。

これは、性売買を不法と規定する政府の方針に正面から対抗するもので、労組 に所属する200人あまりの性売買女性は80人あまりの事業主との団体協約で、 △1日10時間勤務と月4回の休日、△月1回の生理休暇、年次休暇12日、夏季休 暇は最小3日以上を保障、△仮払い金額の所得控除、△組合専従者の配置、△ 人権保護と肖像権保護など28か条に合意した。

しかし、法外労組を結成したとしても法の保護が受けられない団体協約なので、 有名無実化する可能性もなくはない。民性労連はまだ管轄庁に労組設立申告書 を提出していないが、組織が整備され次第、申告書を提出する方針だ。

6日、京幾道平沢で性売買女性が法外労組を設立し、事業主と団体協約を結んだ。(c)韓国人権ニュース

彼女たちが加盟を考えている韓国労総や民主労総も、性売買女性の労働者性を 認めるかどうかは未知数だ。

民性労連は23日の午後、ソウル安岩洞の高麗大で社会進歩連帯、女性文化理論 研究所などの団体と「性売買防止法1年評価と性労働者運動の方向と展望」に 関する討論会を開き「他人が私たちをどう思おうが、われわれは働く者であり、 性労働者だ」と明言した。

この日、発表した民性労連のイヒヨン代表は「現在の性売買防止法は、性労働 をしなければ生存できない性売買女性の現実と要求を認めていない」とし、 「性売買現場の具体的な現実を改善して人間としての権利を得るために 性労働者組織が必要だ」と明らかにした。

崔ソヨン/記者

原文

翻訳/文責:安田(ゆ)


Created byStaff. Created on 2005-09-26 21:40:58 / Last modified on 2005-09-26 21:41:37 Copyright: Default

関連記事キーワード



このフォルダのファイル一覧上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について