本文の先頭へ
LNJ Logo コロナ危機の今!国家の本質があらわに 3.19国会前行動に600人
Home 検索
 


コロナ危機の今!国家の本質があらわに

3.19国会前行動に600人

動画(3分46秒)
3月19日、「官邸の検察人事介入糾弾!自衛隊は中東沖から撤退せよ!特措法の緊急事態宣言使うな!安倍9条改憲発議NO!3.19国会議員会館前行動」が衆議院第2議員会館前(東京、千代田区)が開催され、コロナ危機が叫ばれる中でも、600人が集まった。(主催・戦争させない・9条こわすな!総がかり行動実行委員会)

集会前に参加者にインタビューすると、「コロナ危機が叫ばれる中だからこそ集会を開催してほしかった」「学校休校措置はあまりにもひどい状況を生んだ」「新型コロナ特措法は、憲法改悪に道を開く危険性がある」「安倍政権の新型コロナ対策は、対応が非常に遅く、甘い。正確な数値を知られたくないという意図が透けて見える」などの声が返ってきた。

集会では、立憲民主党、社民党、共産党から発言があった。集会の最後に海渡雄一弁護士が発言。「新型コロナ特措法については、緊急事態宣言の危険性を議員の皆さんに訴えてきたが、議員の対応が割れてしまった。今後は、緊急事態宣言を悪用させない運動を強めていかなければいけない」と語った。(湯本雅典)


Created by yumo. Last modified on 2020-03-20 00:14:47 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について