本文の先頭へ
LNJ Logo 「改憲発議を許さない署名」79万筆を提出/60回目の19日行動に1000人
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1119hokoku
Status: published
View


「改憲発議を許さない署名」79万筆を提出〜60回目の19日行動に1000人

 「いのちをまもれ!学術会議の任命拒否撤回!敵基地攻撃能力保有反対!改憲反対!」をスローガンに、11月19日、18時、国会議員会館前の19日行動に1000人が結集した。

 国会周辺のイチョウは黄色に色を染めたのに、コロナ感染が勢いづいている。19日の感染者j発表は、全国で2259人、東京で534人そして、大都市圏でも、これまでの感染者数を超えた。そんな状況化でも19日行動は、菅政権への国民無視の政治に不満を持って駆けつけた。(報告=宮川敏一)

◆主催者挨拶(藤本泰成共同代表)

「4月のコロナより危機が迫っている時でもGoToキャンペーンをやめない。国民を置き去りに大企業一辺倒政治をやめない。日本が攻められると政府は煽り軍備を爆買いする。攻めてきませんよ!怒りを持って政権を変えよう!」

◆石垣のりこ議員(立憲)

「敵基地攻撃能力を懸命に菅政権は進めている。仮想敵国の状況を掴めるのか? できません変えるのは憲法じゃない。国民の安心できる政治を作りましょう」

◆藤野保史議員(共産)

「PCR検査を面的にやる効果が明らかになった。国が医療従事者を削ってきたツケがある。十分な医療体制を作る時!」

◆伊波洋一議員(沖縄の風)

「安倍政権下で敵基地攻撃ができる条件を作られた。米軍は滑走路のない箇所で着陸訓練を進める。日本列島を巻き込んだ戦争のできる国にしている。そんな安保は崩壊した。平和の政治を作りましょう」。

◆福島瑞穂議員(社民)

「菅政権は国民を守れ!GoToキャンペーンはやめて!軍事研究に協力しない学術会議を潰そうとする。総理大臣は学者を選別できない。菅内閣は退場です! 社民党は存続します。平和を守り頑張ります」。

◆「改憲発議を許さない署名」の提出行動として79万3500筆が参加した国会議員に手渡した。これまでの総計は、104万5995筆となった。

◆2人の市民から発議があった。.スプレイ(千葉)地域運動(世田谷)

◆行動提起 「本日60回目の19日行動の参加者は1000人!」。19:30に閉会した。


Created by staff01. Last modified on 2020-11-19 21:04:51 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について