本文の先頭へ
LNJ Logo 告知と賛同のお願い「香港に自由と民主主義を」
Home 検索
 


*レイバーネットMLから

国際部Iです。レイバー話題でなく恐縮ですが、12月下旬に香港の友人を招いた報告会をやります。 費用などもかかることから、賛同、拡散、参加にぜひご協力ください。 香港では、普通選挙や警察の暴力に対する処罰を求めて運動が持続しています。 貴重な報告が聞けると思います。ぜひご参加ください。 レイバー話題で言うと、12月2日〜7日まで広告業界で働く人たちが「広告業界スト」を打 って運動に参加しています。 12月2日の広告業界ストの集会報道(獨立媒體) https://www.inmediahk.net/node/1069108 12月17日〜19日には香港ソーシャルワーカー労組が警告ストを予告しています。 記者会見の様子(11月21日) https://www.inmediahk.net/node/1068850 その前段の12月15日にはスト前集会・デモを呼びかけています。 (以下、東京の企画です。転送転載歓迎です) #FIGHT FOR HONG KONG @ 2019 香港に自由と民主主義を〜沖縄・日本・アジアのなかで ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ BATTLE OF HONG KONG 2019[DAY1] ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ ◎協力と緊張〜香港デモにおける非暴力派と直接行動派  報告者:陳怡(チェン・イー) ・12月20日(金) 18:00開場18:30開始 ・文京シビックセンター5階 区民会議室C ・資料代 1,000円(賛同者800円) ・英語→日本語の逐次通訳あり ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ BATTLE OF HONG KONG 2019[DAY2] ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ ◎衛港之戰2019/DEFENSE OF HONG KONG 2019  報告者:區龍宇(アウ・ロンユー)、陳怡(チェン・イー) ・12月21日(土) 18:00開場18:30開始  ・文京シビックセンター5階 区民会議室C ・資料代 1,000円(賛同者800円) ・普通話→日本語の逐次通訳あり + + + + + 【賛同のお願い】 2019年6月から広範な市民が参加して大規模な抗議行動が続く香港から友人を迎えて、香 港〜沖縄〜日本の運動交流を予定しています。民主主義を求める香港市民の闘いは、長い 闘争の過程にある中国民主化はもちろん、国境や大海原を超えて東アジアや世界の運動に も影響を及ぼすかもしれません。ぜひ実りある交流のためにご協力ください。 【来日するゲスト】 ・區龍宇(アウ・ロンユー)さん:男性。香港の左派の民主派活動家。香港の民主化のカ ギは中国の民主化にあると主張。邦訳書に『台頭する中国 その強靭性と脆弱性』『香港 雨傘運動 プロレタリア民主派の政治論集』(ともに柘植書房新社)。 ・陳怡(チェン・イー)さん:女性。大学院で学ぶ傍ら、このかんの社会運動にも積極的 に参加。 【賛同金を募集しています】  個人1口:1,000円  団体1口:3,000円  振込先 :郵便振替口座00150-9-251494  加入者名:アタック・ジャパン       ※通信欄に「香港賛同金」と記載してください。 【問い合わせ先】  東京都千代田区神田淡路町1-21-7静和ビル1階A スペース御茶ノ水 ATTAC(首都圏)  メールでの問い合わせ:wen_zhao1917@yahoo.co.jp 【参考資料】 ・『香港雨傘運動 プロレタリア民主派の政治論集』(區龍宇著、柘植書房新社、2016 年 ) ・『台頭する中国 その強靭性と脆弱性』(區龍宇著、柘植書房新社、2014 年) ・『香港雨傘運動と市民的不服従 「一国二制度」のゆくえ』(周保松 著、社会評論社、 2019年)  その他、ウェブ上で読めるアウさんに関する資料はこちらです。 ・『朝日新聞』2015 年4 月2 日(インタビュー) 中国「官僚資本主義」 區龍宇さん https://ujikenorio.hatenablog.com/entry/20150409/p5  この間の香港の運動についてはこちらのインタビュー(翻訳)参照 ・香港2019:ミレニアル世代の登場〜東アジア規模での巨大な民主化運動(區龍宇) http://attackoto.blog9.fc2.com/blog-entry-472.html  區氏の詳しい経歴や思想はこちらのインタビュー記事(翻訳)参照 ・2015 年:独立独歩の反対派―區龍宇(上・下) http://www.jrcl.net/frame150914e.html http://www.jrcl.net/frame150921d.html

Created by staff01. Last modified on 2019-12-04 14:37:59 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について