本文の先頭へ
LNJ Logo 沖縄県宮古島ミサイル基地開所強行 島民は今!
Home 検索
 


沖縄県宮古島ミサイル基地開所強行

島民は今!

動画(8分15秒) 
ミサイルが一時持ち込まれた弾薬庫↓

3月26日、沖縄県宮古島市で「陸上自衛隊警備部隊(ミサイル基地)」が開所した。隊員数は、現在380人、将来は700〜800人になるという。同地では当初「火薬庫を整備する計画はない」(2015年9月、若宮健嗣防衛副大臣)としていたが、弾薬庫にミサイルを運び込んでいたことが発覚、防衛大臣が謝罪するという一幕もあった。

「駐屯地」の周辺は、広大な農地が広がる。取材時駐屯地ゲートの真ん前のハウスでは、メロンの収穫期であった。同農地を営む仲里成繁さんは語る。「駐屯地の開所式で防衛大臣は、『この地は最前線基地となる』と訓示しました。今では、脅威となる国をはっきりと中国としています。私は、納得がいきません。」(湯本雅典 取材:4月23日〜24日)


Created by yumo. Last modified on 2019-05-08 11:24:30 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について