本文の先頭へ
LNJ Logo 3・26サンケン電気本社 抗議デモのご案内
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1489184592901st...
Status: published
View


投稿者: 尾沢孝司

 現在韓国サンケン労組という、日系企業の労働組合が、本社のある日本に
やってきて、本社の門前で毎日整理解雇の撤回を求めて闘いっています。
 スミダ電機以来日系企業が、「渡り鳥」企業としてアジアの労働者人民を
低賃金と劣悪な労働環境で次々と搾取、収奪し競争を強いていく体質は
変わっていません。

  韓国サンケン労組の整理解雇撤回の闘いは、韓国スミダ以来の悪辣な 日系企業の低賃金で労働者を使い捨てる「渡り鳥」企業の問題であり、 日系多国籍企業の在り方そのものを問う闘いです。同時に日本の労働者 民衆がアジアの労働者民衆とどう向き合っていくかを問う闘いです。 また馬山・昌原地域の労働運動を引っ張ってきた韓国サンケン労組を 敵視した組合潰しに対する闘いでもあります。

  現代はグローバル時代と言われヒト、モノ、カネが世界を自由に 動き回る時代と言われていますが、他国の子会社が、親会社の責任を 追及しようとするとき、国境の大きな壁が立ちはだかります。 なぜ労働問題だけが国の枠組みに閉じ込められ、国境の壁を越えることが できないのか。この闘いは、グローバル時代の新たな挑戦であると 思います。

 下記のように、3月26日(日)サンケン電気本社に対する、解雇撤回を 求める抗議デモを行います。多くの皆様の参加をお願いいたします。 サンケン電気は 韓国サンケンの全員解雇を撤回してください! サンケン電気本社 抗議デモ ●3月26日(日)pm2:00集合3:00デモ出発 ●集合場所:三軒屋公園(新座市) (東武東上線志木駅[池袋から急行で約20分]南口下車・徒歩5分) (デモのあと懇親会を開きます)  昨年12月27日、韓国の地方労働委員会が「整理解雇は不当」と 判定を下し、解雇を撤回し職場復帰させること、未払い賃金を支 払うことを命じました。  サンケン電気がこの判定を真摯に受け止め、ただちに実施する ことを求めて、抗議デモを行います。多くの皆さんのご参加を お願いいたします。 <呼びかけ: 韓国サンケン労働組合(韓国・金属労組) 韓国サンケン労働組合を支援する会 東京都台東区上野1-12-6 3階 中小労組政策ネットワーク気付 03-5816-3960 fax03-5812-4086   韓国からの争議団と連帯する埼玉の集い実行委員会  <韓国サンケンの争議とは>  サンケン電気(本社:埼玉県新座市)の韓国における100%子 会社である韓国サンケンでは、昨年9月、生産部門の労働者全員 (34名、組合員全員)が、整理解雇されました。  韓国サンケン労働組合は解雇を撤回させるために全力で闘って きました。しかし、韓国サンケンの経営権は日本の本社が握って いるため、本社と交渉しなければ解決しません。そこで、代表団を 日本に派遣し、本社の経営者に話し合いを求めましたが、拒否 されています。  組合は、毎朝、本社前で話し合いの要請行動、東武東上線志木駅前 での宣伝活動などを行っています。

Created by staff01. Last modified on 2017-03-11 07:23:48 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について