本文の先頭へ
LNJ Logo 技能実習法に対する声明 : 人権侵害の技能実習制度は廃止すべきである
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1485763717072st...
Status: published
View


みなさま

 実習生弁連は1月27日、「技能実習法に対する声明」を出しました。ぜひ、各方面への
拡散をお願いします。 実習生弁連共同代表 指宿昭一

 2017年1月27日 内閣総理大臣 安 倍 晋 三 殿 法 務 大臣 金 田 勝 年 殿 外 務 大臣 岸 田 文 雄 殿 厚生労働大臣 塩 崎 恭 久 殿 経済産業大臣 世 耕 弘 成 殿 国土交通大臣 石 井 啓 一 殿 〒169−0075 東京都新宿区高田馬場4丁目28番19号           きりしまビル4階 暁法律事務所 電話 03−6427−5902 ファックス 03−6427−5903 外国人技能実習生問題弁護士連絡会 共同代表 弁護士 指 宿 昭 一 共同代表 弁護士 小野寺 信 勝 共同代表 弁護士 大 坂 恭 子 事務局長 弁護士 癲^罅/ 也 技能実習法に対する声明 1 政府が、2015年3月6日に国会に提出した「外国人の技能実習の適正な実施及び 技能実習生の保護に関する法律案」(以下「技能実習法案」という)が、2016年11 月18日成立した(以下「技能実習法」ないし単に「本法」という。)。 2 当連絡会は、既に技能実習法案提出時の2015年8月28日付意見書で述べた通り 、技能実習制度は廃止すべきと考えており、技能実習制度を存続、拡大させることを前提 とする技能実習法の成立を評価することはできない。 技能実習制度では、途上国への技術移転を通じて国際貢献を図るという制度目的と、安価 な労働力確保のために用いられているという実態とが全く乖離している。そして、技能実 習制度には、送出し機関や監理団体による中間搾取や、実習実施機関が固定されており技 能実習生に転職の自由がない等の構造的問題があり、これが対等な労使関係の構築を困難 にして技能実習生に対する人権侵害を引き起こしている。 技能実習法は、安価な労働力の受入れ制度との実態を直視せずに「国際協力の推進」(1 条)を目的に掲げており、上記の構造的問題を残存させるものであるから、法案の成立に よって、技能実習生に対する人権侵害が止むとは考えられない。 3 もちろん技能実習法には制度の適正化のための規定も盛り込まれている。また、同法 案の成立にあたってなされた附帯決議においても、特に参議院の決議においては、制度の 適正化のために様々な条件が付されている。 それでも、本法案の適正化策は、上記構造的問題を解消するほどに十分なものであるとは 考えられない。 例えば、政府(当局)間取決めについては、国会審議において、取決めを受入れの要件と はしないうえ、相手国に法的拘束力も持たせないものであることが明らかになっており、 送出し機関による中間搾取の問題を解消することは全く期待できない。 また、実習実施機関の変更についても、国会審議において、「やむを得ない事情」がある 場合に、まずは監理団体が傘下の実習実施機関内での転籍に努め、外国人技能実習機構は 新たな実習先を確保するための連絡調整等の支援を実施するとされている。 しかし、実習実施機関に問題がある場合に、技能実習生の転籍を監理団体に任せるだけで は、実習先を移動する自由がほとんど担保されないことは、我々が数多く経験するところ であり、不十分であることは明らかである。外国人技能実習機構の支援も単なる「連絡調 整」に留まるのであれば、結局、「やむを得ない事情」があっても、技能実習生は元の実 習先での権利侵害を受忍し続けるか、実習実施機関を離れて「不法就労」するかの、酷な 選択を迫られる現状に変わりはない。 さらに、技能実習生の意思に反する強制帰国に対して本法が明文で罰則規定を設けなかっ たことは、技能実習生の保護に欠けると言わざるを得ない。 4 また、このような不十分な規制のまま、制度の拡大策を同時に推し進めることも、本 法の大きな問題点である。技能実習制度下の人権侵害状況に鑑みれば、制度の拡大は、制 度の適正化が実現された後にはじめて実施されるべきである。 5 最後に、技能実習法の成立と関わらず、技能実習制度は廃止すべきである。 非熟練労働者の受入れについては、非熟練労働者受入れを目的とすることを正面から認め 、労働者に対する人権侵害を生じさせる構造的問題を克服した、すなわち、少なくとも中 間搾取のおそれが無く、転職の自由が保障された新たな労働者受入れ制度を構築すべきで ある。

Created by staff01. Last modified on 2017-01-30 17:08:37 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について