本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信〜安倍政権は「戦争する国」から「戦争を欲する国」に?
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1484884488882sa...
Status: published
View


・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、
・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」
の渡部です。
==============================
 

昨日(1月19日)夜、1・19国会前行動が行われ、
寒風の中3000人が参加しました。

集会の最初に、次のようなコールが行われました。
 ・安保法制絶対反対! ・武力行使絶対反対! ・自衛隊は今すぐ撤退!
 ・駆けつけ警護絶対反対! ・戦争法は必ず廃止! 戦争する国絶対反対!
 ・戦争法は憲法違反! ・違憲訴訟を闘うぞ!
 ・辺野古に基地を作らせないぞ! ・高江ヘリパッド反対!
 ・原発再稼働絶対反対! ・川内原発、伊方原発、高浜原発再稼働反対!
 ・労働法制改悪反対! ・共謀罪は絶対反対! ・市民の行動委縮させるな!
 ・憲法改悪絶対反対! ・南スーダンでの武力行使絶対反対!

次に以下の国会議員らの挨拶がありました。
<沖縄の風・糸数慶子議員(参)>
 明日から国会。安倍政権打倒で闘いたい。
 昨年の沖縄は基地問題に始まり基地問題に終わった。
 4月の米兵による女性殺害から12月のオスプレイの墜落まで。
 沖縄では翁長知事を先頭に闘っているが、山城博治さんが逮捕された。
 司法の壁、機動隊のやり方、今の日本は民主主義国家なのか。
 「共謀罪」は沖縄とは大きなかかわりがあり、
 戦前の治安維持法である。上程を阻止したい。
 地上戦が行われた沖縄。新たな基地はすべて戦争につながっている。
 そのため、年寄りも、子や孫のために頑張っている。
 沖縄の問題は日本全国につながる問題だ。
 宮古、石垣にも自衛隊が配備された。
 衆議院選では民意を一票で表わそう。最後まで、頑張ろう。

<民進党・近藤昭一議員(衆)>
 沖縄への差別、沖縄に寄り添う連帯を。
 そうでなければ、一人一人に対する強圧的政治につながる。
 米大統領選は予想できず、現在異常事態が起き、国を分断している。
 台湾では脱原発、
 オランダでもすべての電車を風力発電で賄う様になっている。
 安倍政権をなんとしても打倒しなければならない。
 そのためには野党共闘が重要だ。(「民主党しっかりしろ!」との声上がる)
 そして民主主義を取り戻す。

<社民党・吉田忠智党首>
 「戦争法」は憲法違反の暴挙だった。
 発動阻止、廃止に向けて闘おう。
 社民党の照屋寛徳さんが昨日山城さんと会見した。
 「元気で意気軒高だ、安心してくれ!」との事だ。
 早期釈放を目指し、オスプレイや基地撤去に向けて全力で闘いたい。
 明日から国会。「残業代ゼロ法案」や、
 ACSA( 日・米物品役務相互提供協定改正協定)での後方支援、
 などの問題の外、「共謀罪」が出てきている。
 労働組合と市民運動をどこで区別するのか。
 この法案は4月以降に出されるかもしれない。
 国会に提出させないことだ。
 憲法論議も始まっているが、いま憲法を変える必要があるのか。
 むしろ、「生かす」ことだ。いまの政治は憲法違反を繰り返している。
 この度「共産党」大会への挨拶に民進党・自由党・沖縄の風も参加した。
 4党1会派そろって結束して闘う。
 衆院解散は秋以降になるだろう。
 4党1会派の協議を緩めるわけにはいかない。全力で戦い抜く。

<共産党・井上哲士議員(参)>
 安倍政権を打倒し、立憲主義の国会にするために全力を尽くす。
 昨日法案が出され「共謀罪」も入っている。
 共謀罪では犯罪を犯していなくても罪に問われる。
 真っ向から憲法に反する。
 <物言えぬ監視社会>になる。現代版「治安維持法」だ。
 政府は「一般の方々が対象にならない」と言うが、
 「治安維持法」の時も政府は同じことを言って、
 思想弾圧をおこなった。
 「歴史は繰り返す」、しかし繰り返させるわけにはいかない。
 憲法を活かすことだ。戦争法廃止!
 南スーダンでの危険を政府は危険と認めない。
 これほど危険なことは無い。
 国連安保理で南スーダンへの武器輸出に関し、
 日本政府は反対し、廃案にした。
 安倍政権の暴走を止めるのは市民・野党の共闘だ!
 共産党大会には野党の人々が来た。総がかりからも来た。
 こういうことができたのは、みなさん方の力だ。
 これをくみ上げていきたい。

次の主催者挨拶では、
<「憲法共同センター」の宇田川さん>が次のように述べました。
 安倍政権の戦争政策はさらに進んでいる。
 戦争法の具体化が進み、武力行使の危険性も高まっている。
 一日も早く戦争法の廃止を! 
 明日、国会が始まる。「共謀罪」や「家庭教育支援法」が出てくる。
 「共謀罪」は、戦前の「治安維持法」と何ら変わらない。
 「家庭教育支援法」は、
 戦前の<皇民化教育>を家庭でも行えということだ。
 改憲姿勢の安倍と対決し、闘いを強めよう。
 議会制民主主義を否定・軽視し、憲法を無視し、
 おごり高ぶる安倍政権を打倒しよう。
 そのためにも、本気の野党共闘を!

連帯挨拶では、
<戦争法違憲訴訟の竹谷弁護士>が次のように述べました。
 これまで東京・福島・高知・大阪・長崎・・・など、
 全国で15の地裁に提訴している。今後も宮崎、群馬などで提訴する予定。
 東京では9月と12月に弁論が開かれた。
 その中で私たちは戦争法は違憲であり無効と訴えているが、
 国はそれに応答していない。国は合法の主張を出せないのだろう。
 安倍さんは「粘り強く説明」と言ったがダンマリを決め込んでいる。
 そうして逃げる。違憲と知っているからだ。
 これは「法の支配」ではない。「人の支配・安倍さんの支配」である。
 
次に、<東京MXテレビの番組「ニュース女子」が
米軍ヘリパッド建設の抗議行動に関し事実と異なる報道(1月2日)
をした問題について、テレビ局に抗議行動をされた方>
が次のようなことを述べました。
 最初3人で抗議を呼びかけたら20人が集まった。
 本日12:00からの行動には60人が集まった。
 来週は1月26日12:00〜 抗議をする。沖縄からも抗議の方が来る。
 番組はヘイトスピーチそのものだった。
 今週(月)(1月16日)の放送の最後に、
 「今後とも、さまざまな立場の方のご意見を公平・公正に取り上げていく」
 というような<見解>が出されたが、
 ウソ、誹謗中傷は意見ではない。
 ウソの訂正と沖縄の人々に対する謝罪を引きつづき求めていく。

次に、<武器輸出反対ネットワークの方>が次のような話をしました。
 1月9日の「共同通信」の報道によると、
 米軍の武器調達に日本の企業が60社も参加し、
 18社が個別に話し合ったと言う。
 アメリカの「第3の相殺戦略」
   (2014年11月に出された米軍の全世界的な兵力展開能力
    を維持し、恒久的な米国の優位 性を取り戻すための戦略)
 では、兵器のイノベーションを重視しており、
 安倍政権は日本の民間技術を差し出そうとしている。 
 重点は、無人化、人工知能、高出力エネルギー(レーザー)などであり、
 日米の武器開発の一体化が図られつつある。
 その為の予算も一昨年は3億、昨年は6億、今年は110億まで増えた。
 大学、民間企業を巻き込み、軍・産・学複合体が生まれつつある。
 日本学術会議は戦後「軍事研究は行わない」としてきたが、
 1月16日に杉田委員長が出した「声明案中間とりまとめ」
  (学術研究として参加することに慎重な対応を求めている)
 に対し、大西隆会長は、
 「自衛権の範囲内での研究は認めるべきである」などと主張した。
 2月4日13;00〜 「公開フォーラム」が開かれる。
 武器輸出に関しては、
  ・ニュージーランドに軍用機、
  ・イギリスとのミサイル共同研究、
  ・中古武器の他国への売り付け、なども進んでいる。
 安倍政権は日本を、
 「戦争できる国」から「戦争を欲する国」にしよとうしている。
 手遅れにならないようにしなければならない。 

最後に主催者の<憲法壊すな!実行委員会の高田健さん>
が次のような行動提起をしました。
 安倍内閣を退陣に追い込む! そのためには、
 ‖臀姐堝阿鯊腓く起こし、世論で安倍内閣を追い詰める。
 ⊇葦〜を野党共闘と市民の共闘で勝利する。

 具体的な日程としては、
 1月20日(金) 12:00〜 国会開会日行動、18:30〜新宿西口街宣
 2月19日(日) 13:00〜 日比谷野外音楽堂 総がかり行動
 3月19日(日) 13:30〜 国会前行動
 沖縄米軍基地反対署名は、これまで100万を超え、
 3月31日を第二次集約とする。
 
2017年最初の「総がかり行動」では、
,箸匹泙襪箸海蹐鮹里蕕覆ぐ打楡権の暴走と
  特に今国会での「共謀罪」反対闘争の重要性、
⊇乎津自衛権に基づく軍備増強と
  研究開発等に対する反対運動の重要性、
そしてそれらの反対運動を進めるために、
  野党・市民の共闘の重要性、
い泙拭◆嶇働法改悪」や「家庭教育支援法」も出てきていることから、
  労働者や教育関係者の闘いの重要性、
などが明らかになったと思います。

<安倍政権は日本を、
 「戦争できる国」から「戦争を欲する国」にしよとうしている。
 手遅れにならないようにしなければならない。>
という言葉が印象的でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
       2017年『2・5総決起集会』のおしらせ

<日時> 2017年2月5日(日) 13:30 集会開始 
<場所> 東京しごとセンター講堂(地下)
<主催> 都教委包囲首都圏ネットワーク
<内容> (講演) 北村小夜さん
           (91歳、治安維持法が公布された年に生まれたそうです)
         タイトル:「改めていま『教室から戦争がはじまる』」
       (現場から)
        ・「君が代」起立斉唱に抗う
        ・都立高校の教育をめぐって
        ・学校に入り込む自衛隊
        ・国威発揚の「オリンピック教育」
        ・道徳の教科化の内容
        ・戦争体制と治安弾圧 共謀罪新設の狙い他
       (行動提起)校門前チラシまきなど
<スローガン>
      ・10・23通達撤廃! ・「日の丸・君が代」強制・処分反対!
      ・道徳の教科化反対! ・国威発揚の「オリンピック教育反対!
      ・教育の軍事化を許さない! ・若者を戦場に送るな
<資料代>500円
==================
【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
==================
東京五輪に【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし)
==================
対米従属で「世界征服」を夢想するデマゴギー政治家安倍首相を倒そう!
==================
(このメールはご迷惑を承知で多くの方々に発信します。
ご迷惑な方は止めますのでご連絡ください。)
**************************************************
「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
        http://houinet.blogspot.jp/
「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
      http://hinokimitcb.web.fc2.com/
「ひのきみ全国ネット」のウェブサイト
      http://hinokimi.web.fc2.com/

Created by sasaki. Last modified on 2017-01-20 12:54:49 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について