本文の先頭へ
LNJ Logo 「生存権死守」のハチマキ姿で〜「韓国サンケン労組」レイバーネットTVで思い語る
Home 検索
 


「生存権死守」のハチマキ姿で〜「韓国サンケン労組」レイバーネットTVで思い語る

アーカイブ録画(65分)キムウニョンインタビューその1その2

 安い労働力を求めて韓国に進出した日本のサンケン電気。たっぷり稼いで、都合が悪くなると全員解雇して撤収。こんな「渡り鳥企業」は許さないと、韓国サンケン労組34人は「解雇撤回」を求めて約半年間たたかい続けている。2月22日のレイバーネットTVには、日本遠征団の三人(キムウニョン、パクジョンピル、キムヒチョルの各氏)が生出演した。ハチマキには「生存権死守」とハングルで書かれていた。キムウニョンさんは見事な剃髪姿。「勝つまで帰らない」と固い決意だが、話は穏やかで笑顔を絶やさない。「遠征団は130日間サンケン門前でたたかってきたが、同じ130日間日本の支援の仲間が支えてくれた。こんなことは兄弟でもできないことだ。とても感謝しているし、そのためにも勝って帰国したい」と。現地でテント闘争を続けている馬山の組合員とは「ネット通話」(カカオトーク/下の写真)で繋いだ。

 「テント闘争は何日くらい?」と聞くと169日目のボードを指さした。「大変のことは?」の質問には「寒い!」とひとこと。そして「くやしい」と語っていた。日本の遠征団の日常風景の映像も紹介された。朝5時に起床し食事の準備をして、6時には新座にあるサンケン本社に向かう。朝は必ずお湯を沸かして魔法瓶に詰める。これは日本の支援者に振る舞うためだった。韓国サンケン労働者のたたかいは「団結と信頼」に溢れていて、暖かさに包まれた番組になった。3月26日にはサンケン本社抗議デモも計画されている。キムウニョンさんは「サンケンはブラック企業だ」という。番組の最後に、韓国サンケン労組を応援するたたかいへの参加を呼びかけ、「リパブリック讃歌」の替え歌で締めた。(レイバーネットTVプロジェクト)

↓キャスターのジョニーHさん(左)と尾澤邦子さん

↓キムウニョンさん

↓パクジョンピルさん

↓キムヒチョルさん

↓通訳の萩原恵美さん

↓3.26デモに集まろう!

↓出演者記念撮影

*撮影=小林未来


Created by staff01 and Staff. Last modified on 2017-02-25 10:35:34 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について