本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信〜6・5全国総がかり大行動
Home 検索
 


・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」
・「ひのきみ全国ネット」の渡部です。
==================
【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
==================
東京五輪に
【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし)
===================
対米従属で「世界征服」を夢想する
デマゴギー政治家安倍首相を倒そう!
===================
(このメールはご迷惑を承知で多くの方々に発信します。
ご迷惑な方は止めますのでご連絡ください。)

本日(6月5日)、『全国総がかり大行動』が行われ、
東京では、々餡饑橘臍哀好董璽検
       農水省・霞が関郵便局ステージ、
       F比谷公園かもめの広場ステージ、
に計4万人以上が集まりました。
(主催は、「6・5全国総がかり大行動実行委員会」)

以下、集会での挨拶を紹介します。一部割愛。

(開会挨拶)
<山口二郎さん(法政大教授)>
 選挙の争点は何といっても憲法。守るのか変えるのかの瀬戸際だ。
 先輩たちから戦後の民主主義を受け継いだ。
 負けるわけにいかない。
 5月3日の世論では改憲に反対が55%、
 賛成が37%と反対がさらに多くなった。
 安倍政権は「戦争できる国」にするため、
 真実を覆い隠し国民をだましている。
 またメディアを抑圧している。
 これを食い止めることが我々の最大の責任だ。
 戦後民主主義の危機だ。
 ノーリターンのポイントになるかもしれない。
 参院選では彼らの議席3分の2獲得を何としても阻止、
 過半数割れに追い込むことだ。
 32の一人区すべてで統一候補が実現した。
 これは皆さんの力がもたらした奇跡だ。
 去年の9月19日は敗北の日ではなく、
 新しい闘いの始まりの日となった。
 野党共闘の選挙になる。共闘の体制を作り上げよう。
 これから1か月、結果を出さなければならない。
 家族、友人、仲間に声をかけ、みんなで選挙に行こう。
 投票率60%を超えれば野党が勝てる。

(国会議員)
<民進党幹事長・枝野幸男衆議院議員>
 昨年から1年余り、全ての1人区で安倍と闘う構図が作れた。
 しかし、問われているのは結果をもたらすことだ。
 「よくやったが勝てなかった」では次世代に責任を持てない。
 揺り戻しのできない社会になる。
 何をしなければならないか。
 相手は利害や情で票を集め、改憲の争点ぼかしをしている。
 ならば我々も人間関係や情で票を集める。
 安倍政権を保守と勘違いし、支持している人たちが多いが、
 この人たちを(安倍から)離せるかだ。
 我々こそ真の保守だ。
 美しい日本や平和を守るのは我々だ。

<共産党副委員長・山下よしき参議院議員>
 この間野党共闘の中身が前進してきた。
 それは皆さんの世論と運動により(野党間の)壁が壊れたからだ。
 アベはこれが怖いから「野合」などと言う。
 4野党は、.▲戰離潺スによる国民生活の破壊に反対
 ■圍丕弌げ縄辺野古、原発などに見られるアベの強権政治に反対
 7法改悪に反対
 で、政策の一致を勝ち取った。
 「野合」などと呼ばわれるいわれはない。
 32の1人区で1本化ができ、続く総選挙でもそうしていく。

<社民党党首・吉田忠智参議院議員>
 皆さん方が背中を押し、野党共闘が前進した。
 しかし、比例区の統一名簿まではいかず申し訳ない。
 安倍政権の具体的政策に対しては、
 多くの国民が良いとは思っていない。
 しかし、支持率が高い。
 このねじれを変えるのが今回の選挙の課題だ。

(市民から)
<作詞家・音楽評論家の湯川玲子さん>
 80歳になる。50年前ビートルズが来た。
 彼らは「平和に生きよう」と歌っていた。
 今の社会は危険極まりない。
 サミットでインフラ整備に22兆円を出すなどと言っている。 
 子供に食料を食べさせられないシングルマザーがいるのに。
 自分は50年間原発に反対してきた。日本には54基もある。
 戦争でもなり、そこが攻撃されたら、逃げるところはない。
 日本は360度海に囲まれ、一番攻めやすい。
 災害救助の自衛隊は必要だが、軍隊はいらない。
 参院選で勝つために1人が3人以上を口説こう。

<ジャーナリスト・さかのはじめさん?>(割愛します)

<憲法学者・浦田一郎さん>
 憲法9条が現実に合わない、
 「安保条約も自衛隊もある」という論がある。
 しかし、「9条が存在する」ことも現実である。
 何が大事が現実なのか。「9条が存在する」現実を選びたい。
 9条があるから「集団的自衛権」も限定容認にとどまっている。
 改憲されれば、人権侵害が繰り返されることになる。
 一人一人が憲法を考え、選挙に行こう。

<日弁連・山岸良太さん>(割愛します)

<シールズ・奥田愛基さん>
 安倍政権は経済と言うが、経済でも結果が出たのではないか。
 いい所は何もない。TPPの文書は黒塗り。
 後で議事録を変える。
 これで正常な国会運営と言えるのか?
 未来の子どもたちに言えるのか?
 メディアにも言いたい。2014年選挙はアベノミクスと
 言っていたが、選挙が終われば安保法だった。
 今回も憲法が変えられようとしている。
 これを報道してほしい。自民党の改憲案も。
 菅原文太さんが「タマはまだ残っているがよ!」と言った。
 自分も同じことを言いたい。

<ママの会・星野さなえさん>
 国会前に来るのは初めて。自分には2歳と4歳の子どもがいる。
 戦争で命を落とすのは誰か。
 母親は命がけで子どもを生んで育てている。
 小さな子でもいつも危険と隣り合わせで、子育ては大変だ。
 命はかけがえのない宝物だ。
 戦争で奪われることに我慢がならない。
 安保法は抑止力と言うが、
 アメリカはテロの標的になっているし、
 ずーっと戦争を続けている。
 罪のない子どもたちが、命を奪われ、
 親を殺され、空爆下で逃げまどっている。
 兵士たちも傷ついている。
 日本が向かっているのはそうした道だ。
 日本は「戦争しない国」だからできることを探そう。
 自衛隊員のお母さんは、
 「息子に何かあったら命を返してくれますか」と言っていた。
 自衛隊はPKOで南スーダンに行く。
 駆けつけ警護で子どもたちの命を奪うかもしれない。
 何としても止めよう。
 7月の参院選では「平和の国」か「戦争する国」かが問われる。
 後がない。「平和な国」を一緒に作ろう。

<安保法制違憲訴訟の会・戸川さん>
 東京では4月に500名以上の原告で提訴した。
 福島でも200名で、また高知でも。
 これから、埼玉、長崎、岡山、長野、神奈川、札幌でも提訴する。
 原告には、元裁判官や検事もいる。
 それは、やっぱりおかしい、誰がどう考えてもおかしいからだ。
 「解釈改憲」とは何か。内閣にそんな権利はない。
 内閣は憲法に基づいて行政を行うところだ。
 新しい解釈をするところではない。
 あまりにも、法律、裁判官を馬鹿にしている。
 原告を募集しています。

<一橋大学名誉教授・田中浩さん>
 去年11月、韓国・中国の戦争被害者を読んで
 集会を開こうとしたら、安倍政権は中国人10人にビザを
 出さなかった。これに抗議し、訴訟を始めた。

(閉会挨拶)
<実行委員・高田健さん>
 選挙直前に、国会周辺に4万人以上の人が集まった。
 本日の取り組みのために全国でもどれだけ沢山の人が動いたか。
 今現在も全国100カ所以上で行動している。
 14時30分には一緒に声(コール)を上げた。
 去年の採決以降、何度も大きな声を上げてきた。
 野党が結束して参院選を戦う大きな夢を持って、
 32選挙区での一本化を叫び続けてきた。
 先日の埼玉の1万人集会では魯迅の<希望>の話をした。
 同じことをここでも言いたい。
 「歩く人が多くなればそれが道になる」。
 昨年末は一本化は危うかった。
 でもとうとうやったではないか。
 これは戦後なかったことだ。
 政治史上なかったことで素晴らしいことだ。
 それでも、勝たなければならないと言われる。
 本当にそうだ。
 与党3分の2を阻止し、戦争法の発動を阻止しよう。
 必ず安倍政権を倒そう。
 武力行使をさせないようにしよう。
 そのために、国会前、全国各地で、
 地べたを這ってでも運動をやり必ず勝とう。
 自民党の選挙公約、一番最後に小さく改憲が出ている。
 争点隠しをし、選挙後承認を得たと言うやり口だ。
 許せない。今度は選挙を頑張りアベを倒そう。
 また、6月19日には、国会前行動があるが
 その日は、沖縄で県民集会が開かれる。
 だから、沖縄と呼応して大集会をやる。
 是非集まって下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当初、「32の一人区全部での野党候補一本化は難しいだろう」
と言われていましたが、それが実現しました。
中には覚めた目で見ている人もいると思いますが、
一昨年からの動きを見ていればやはり素晴らしいことです。
野党は「安倍政権打倒!」で一致したのです。
そして、野党の皆さんも述べていますが、
これを可能にしたのは、他でもない無名の人民大衆の力でした。

安倍政権は今焦っていると思います。
私たちは、引き続き人民大衆を信頼し、粘り強く活動を展開し、
安倍政権を一歩一歩追い詰めていきましょう。

*****************************************************
「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
http://houinet.blogspot.jp/

「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
http://homepage3.nifty.com/hinokimi

「ひのきみ全国ネット」のウェブサイト
http://hinokimi.web.fc2.com/

Created by sasaki. Last modified on 2016-06-06 08:31:14 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について