本文の先頭へ
LNJ Logo 牧子嘉丸のショート・ワールド : マル秘「豊洲でええじゃないか作戦」
Home 検索
 



    第35回 2016年10月1日

マル秘「豊洲でええじゃないか作戦」―10・1新宿カウンターデモ計画

課長―みなさん。こんどの都民の日に「築地でええじゃないかデモ」がこの新宿で計画されているという重大情報を入手しました。これはモヒカン刈りの兄ちゃんが先頭に立って「ええじゃないか、ええじゃないか」と音頭をとり、豊洲移転に反対して街中を練り歩くきわめて有害なデモです。でも、これがなかなかノリのいいリズムで、私なども見ていると、思わずこんなふうに「ええじゃないか、ええじゃないか、築地でええじゃないか」と踊り出す始末で、、、。みなさんもやってみますか。

局長―課長、君が踊ってどうするんだ!

課長―(エヘン)失礼をば。まあ、それぐらいインパクトがあって、沿道でも手を振ったり、拍手したり、なかには飛び込んで踊り出したりと、宣伝効果抜群なのです。いま豊洲移転がただでさえ、ピンチに陥っているときに、それに決定打を与えかねません。休日に新宿に押し寄せる都民につよくアピールすることまちがいなしです。それにきっとマスコミも大きくとりあげるでしょう。これに手を拱いていていいのか、というご相談なわけです。

局長―それで何か対策があるのかね。

課長―そこで考えたのが、ずばりカウンター・デモです。具体的に部長から説明させます。

部長―あなたの街の宣伝部長、トヨス天国広報の愛川です。どうぞよろしくお願いいたします。盛り土対応の部署にいたのですが、暇なのでいまはあなたの街の宣伝部長を。

課長―愛川くん。自己紹介なんかいいから早く説明したまえ。

部長―はい。では、そのカウンター・デモについてですが、私たちも彼らに負けずに、名調子の替え歌を作ってきました。それを職員みんなで唱和して、あのモヒカンを圧倒してやりたいと考えてきました。題して「豊洲でええじゃないか」

局長―それでさっそく披露してみたまえ。

部長―ではまず、こんな調子で。「ええじゃないか、ええじゃないか、豊洲でええじゃないか、豊洲がええじゃないか。ベンゼン、シアンもええじゃないか。放射能にくらべりゃええじゃないか」

課長―うーん。いきなり強烈だね。本音をむきだしにしたほうがかえってうけるかもしれないな。それから。

部長―いきますよ。「食の安心・安全ええじゃないか。そんなことどうでもええじゃないか。盛り土のゴマカシ、ええじゃないか、そんなことどこでもやってる、ええじゃないか。」

課長―おお、ええぞええぞ。もっとやれ!

部長―「地下の空間ええじゃないか。ブラックボックスええじゃないか。都庁はみんなそうじゃないか。誰も責任とらないええじゃないか。みんなでやったからええじゃないか」

局長―そうそう。そこを都民に訴える必要があるね。われわれに押しつけられたら困るよ。

部長―もちろん、そこはちゃんと押さえてますよ。「独断専横ええじゃないか、石腹それしかねえじゃないか。監督責任ええじゃないか、増添湯河原でいねえじゃないか。知らない、忘れた、だまされた。どうせボケだからええじゃないか。カネ、カネ、カネでええじゃないか、ドンが儲かりゃええじゃないか。今だけ、おれだけ、カネだけでええじゃないか、ええじゃないか。ええじゃないか」

課長―これだけブラックなカウンターパンチを繰り出せば、あのモヒカンたちなんか一発で吹き飛ぶよ。それで。

部長―いよいよさびです。「ええじゃないか、ええじゃないか。豊洲でええじゃないか、豊洲がええじゃないか。らっしゃい、らっしゃい、らっしゃい、らっしゃい。豊洲にいらっしゃい。豊洲に来れば、日本が見える。豊洲に来れば世界が見える。豊洲に来れば未来が見える。豊洲に来ればホントが見える。らっしゃい、らっしゃい、らっしゃい、らっしゃい。豊洲にいらっしゃい」

課長―局長いかがですか。

局長―いやいいね。これだけ正直に居直れば、絶対都民の信頼は回復するよ。とにかくウソはついてないんだからね。

課長―愛川くん、でかしたぞ。これをモヒカンのデモにぶっつけてやろう。

部長―はい。それではみなさん、いっしょにご唱和ねがいます。いいですか、立ちあがって、私のあとについてきてくださいよ。マイクの音量もめいっぱいにあげて、ハイ元気よく。
「ええじゃないか、ええじゃないか、ええじゃないか。豊洲でええじゃないか、豊洲がええじゃないか。食の安全・安心ええじゃないか。ベンゼン・シアンもええじゃないか。ヒ素の猛毒ええじゃないか。アルカリ地下水ええじゃないか。飲んでも大丈夫ええじゃないか。築地の魚屋ええじゃないか、卸し仲買ええじゃないか。都民のことなんかええじゃないか。そんなことどうでもええじゃないか。自分さえよけりゃええじゃないか。孫子のことなんかええじゃないか。未来のことなんかええじゃないか。そんなことどうでもええじゃないか。どうせ生きてりゃしねじゃないか。後は野となれ、山となれ。東京ガスがやったこと、都庁がまねてもええじゃないか。豊洲の市場でええじゃないか。フクシマにくらべりゃましじゃないか」

課長―コラッ!愛川。どこまでやるんだ!

局長―こんなこと新宿のど真ん中でやったら、とんでもないことになる。せめて都庁の一室でやめとけ。

職員一同―こんなバカにはもうついていけないよー。 

 みなさん!10月1日(盛り土曜日)「やっぱり築地がええじゃないかー新宿港町行進」に参加して怒りをぶつけましょう。! (新宿柏木公園で3時半集合。4時出発。) その際、まちがっても「豊洲でええじゃないか」とシュプレヒコールしないこと。  


Created by staff01. Last modified on 2016-09-29 21:31:41 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について