本文の先頭へ
LNJ Logo 牧子嘉丸のショート・ワールド〜真夏の夜の悪夢―圧勝の惨劇
Home 検索
 



    第32回 2016年7月3日

真夏の夜の悪夢―圧勝の惨劇

アソーいや、ソーリえらいことになっちゃったよ。こんなにひとり勝ちしていいのかね。

アベーほんとに怖いぐらいの雪崩現象だね。

アソー3分の2なんてもんじゃないよ。だから、ダブルでやれって言ったのに。

アベーまあまあ。争点かくしで、3回もだませると思わなかったからね。内心ヒヤヒヤもんだったけど、案外チョロいもんだね。

アソーあれだけナチスのやりかたを真似てなんて、公言してやってるのに、全然気づかないもんね。まあ、気づこうとしないんだよ、バカだから。

アベーいったい、勝因はどこにあるのかな。「勝ちに不思議あり、負けに不思議なし」なんて言うけど、こんなヒドい政治やってて、よく勝てたなと思うよ。

アソーアベノミクス3年やって全然成果がでないのに、これからだと言ったら真に受けちゃうんだもんね。

アベー心配した野党連合もたいしたことなかったね。

アソーあれは野合だ、野合だと言い続けたら、これもそのまま信じちゃう。ウソも百回繰り返したら、本当になるっていうナチの宣伝、あれほんとだな。

アベー元祖、野合党だけにリアリティーがあるのかな。これだけわが党がボロ勝ちすれば、もうソウカなんかに頭下げる必要もないね。

アソー文句言ったら、ほうりだすぞって、脅かしたらどこまでも附いてくるよ。

アベーもうアクセルどころか、完全こっちの自動運転だからね。

アソーでもソウリ、これで一気に改憲なんてアセッちゃだめですよ。秋に南スーダンにわが軍を出して戦死者の二三人も出さなきゃ。

アベーそこで国葬。それから、改憲発議。国民投票のころはもうイケイケどんどんのお祭り騒ぎだね。イギリスのEU離脱みたいに、後悔したって、あとの祭りだもんね。

アソー選挙前は年寄りはさっさと死ねなんて言ったが、これからは若者にお国のためにどんどん死ねって言ってやるよ。もう何も怖いもんないんだから。

アベー日本社会は、政治家も官僚もメディアもなんもかも劣化したと言われるけど、この国民の劣化が一番激しいね。ほんとに大丈夫かね、この国は。

アソーその劣化のおかげで、われわれが勝てたんだから、劣化さまさまだよ。

アベーまさかこれって、明日目が覚めたら、夢だなんてことにならないだろうね。

アソーそんなに心配なら、今宵は誰も寝てはならぬと指示でも出しますか。

アベーうーん。「トウーランドット」ときたか。でも、なんか不吉な予感がするな。

 はて、さてこれが正夢になるか、逆夢になるか。決めるのは私達自身。生長の家は自公とその補完勢力の不支持を表明。立正佼正会もそれにつづいている。また心ある創価学会の婦人・壮年・青年たちも立ち上がっている。また、TPP関連で自民党の推薦をとりやめた東北の農協もいくつかある。1人区は接戦が続いているし、都市部の青年たちも自分たちを取りまく政治状況に疑問を感じ始めている。あと一週間、総力をあげてがんばろう。こんな悪夢は絶対ごめんだ!


Created by staff01. Last modified on 2016-07-03 12:37:37 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について