本文の先頭へ
LNJ Logo 木下昌明の映画批評『シチズンフォー〜スノーデンの暴露』
Home 検索
 


●ローラ・ポイトラス監督『シチズンフォー スノーデンの暴露』

迫真のドキュメント日本公開〜当事者が語るスノーデン事件

 インターネット社会の怖さは、一人の「内部告発」が一夜にして世界中の人々を巻き込む威力を発揮することだ。

 世界に衝撃が走った「スノーデン事件」のドキュメンタリーが、ようやく日本でも公開される運びとなった。ローラ・ポイトラス監督の『シチズンフォー スノーデンの暴露』は、昨年のアカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞など、世界で40もの映画賞をとっている。

 この映画の見どころは、監督のローラが事件を外からでなく渦中で撮っていることだ。彼女はイラク戦争やグアンタナモ収容所の2本のドキュメンタリーで当局から睨まれていたにもかかわらず、これを「9・11」以降のアメリカ3部作として完成させた。

 事件の主役となるエドワード・スノーデンは米中央情報局(CIA)や国家安全保障局(NSA)で働いていた29歳の青年。最高機密にまでアクセスできる立場にあった彼は、オバマが大統領就任前に約束した「チェンジ」を反故にして、全ての国民のメールや通話などの情報を監視下に置こうとしたこと(とくにドローンによる恐怖で人々の生きる権利を侵害したこと)に怒り、機密文書の暴露に踏み切った。

 スノーデンは政府が手を出しにくい香港に飛び、ひそかに協力者とコンタクトをとった。その相手こそローラ監督であり、ジャーナリストのグレン・グリーンウォルドだ。彼には『暴露―スノーデンが私に託したファイル』(新潮社)のスリリングにとんだ著書がある。

 主要舞台は香港のホテルの一室。緊迫した状況下、グレンがスノーデンに話を聞き、ローラが撮影する。その記事が英紙『ガーディアン』に発表されるや、大反響を呼ぶ。

 スノーデンは恋人にも知らせず、人生のすべてを投げすてて、重罪も覚悟の上で「僕はコソコソしていない。真実を語る者が匿名だなんてクソっくらえです」と堂々と名前を明かす。そのシーンが小気味いい。

 近々、米国ではオリバー・ストーン監督の『スノーデン』も公開されるというから期待したい。(『サンデー毎日』2016年6月5日号)*若干、追記しました。

*6月11日より渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開


Created by staff01. Last modified on 2016-06-08 08:28:42 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について