本文の先頭へ
LNJ Logo 笑い茸NO.47〜イスラムに血糊のついた腕を組み
Home 検索
 


笑い茸 2015年1月 No.47

2015.1.27 経産省前・朝ビラとして配布

海猿にジュゴンの海は悲鳴あげ
辺野古沖 昔米軍 今海保
珊瑚ドロ逮捕し破壊護衛する

反戦ト護憲ヲ危険思想トス
語り継ぐ老いに平和の惚けはなく
戦争の出来た日本の焼け野原

白い眼で無理と産休口封じ
居酒屋は残業代に葱を出し
思いっ切り腹の虫たち皿を投げ

イスラムの親しき瞳翳り見え
この国の果たす役割道を逸れ
シャルリーを悼みサザンは謝らせ

この道の先のフクシマもう忘れ
訓練は順番待って避難させ
図に乗って廃炉コストも配り出し

安全と言っていた国もう信じ
大丈夫そのお刺身は不検出
漏れないと言ってた学者出なくなり

  今号、「笑歌」は休みです。代わりに「諷詩」です。

「諷詩」

 1月11日、パリで150万の民衆がテロの犠牲者を悼みデモを行った。オランド仏大統領の呼びかけで、世界の指導者たちもパリで腕を組んだ。その写真や映像は民衆のデモと共に世界中を駆け巡った。

 写真は、前列左からイスラエルのネタニヤフ首相、マリのケイタ大統領、オランド仏大統領、メルケル独首相、トゥスクEU大統領、パレスチナ自治政府アッバス議長。他にキャメロン英首相、レンツィ伊首相、ヨルダンのアブドラ国王、トルコのダウトオール首相などが参加した。

 だがこれらの写真や映像は、民衆のデモとは別の場所で撮影されたものだと、かれらの後ろに民衆のいない上空からの写真をドイツの経済ニュースDWNが報じた。ル・モンド紙も撮影が行われたのは、地下鉄のVoltaire駅付近だと確証づけたという。

●イスラムに血糊のついた腕を組み

かれらは腕を組んでいる かのように見える
だがよく見てほしい 怯えているのだ
かれらがイスラムの人々に 繰り返し犯してきた罪に
空爆さえ 人権擁護とうそぶいて

かれらはデモの先頭を歩いているかのようだ
だがかれらのうしろに パリの民衆はいなかった
うしろにいたのは かれらを護衛する
治安維持機関の職員たちだった

かれらが エリゼ宮殿からバスで乗りつけたのは
広場へとつづく封鎖された横丁の通り
かれらが手を振って見せたのは 屋根の上で
護衛しているスナイパーたちにではなかったのか

広場では三色旗が振られ 「私はシャルリー」が
犠牲者を悼み泣いていたのだ すべてを赦しあおうと
だがかれらは 「テロとの戦い」の儀式を行ったのだ
民衆の先頭を歩いているかのように 演技して

↓上から撮った写真


Created by staff01. Last modified on 2015-01-28 12:55:44 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について