本文の先頭へ
LNJ Logo 【挺対協報道資料】12.28日韓外相会談に向けて〜日本軍「慰安婦」問題の解決とは何か
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1451198106768st...
Status: published
View


日本軍「慰安婦」問題の解決とは何か〜挺対協が論評

 昨日今日急に浮上してきた、日韓外相会談による日本軍「慰安婦」問題 の解決に関する読売新聞を始めとする様さまな報道がされています。 安倍首相は、「私が責任をとる」など何を責任を取るのか知らないが、 勝手に発言し、少女像の撤去を解決の条件にあげ、また二度とこの問題を 蒸し返さないことも解決の条件にあげるなど、およそ日本軍「慰安婦」 問題の本質が分からないままに解決を言っているとしか思えない発言を しています。  こうした状況に対して、韓国の挺対協は次のような論評を発表し、 日本軍「慰安婦」問題の解決とは何かを明確に提示しました。 是非とも多くの皆さんがこの挺対協の論評を読んでいただき、 この事態の正しい把握をしていただくことをお願いいたします。(尾沢孝司)
  *ソウルの日本大使館前に設置された「平和の碑」 翻訳:挺対協

【挺対協報道資料】 12.28日韓外相会談に向けて

「平和の碑」の撤去といった前提条件付きで日本軍「慰安婦」問題を解決 することは不可能です。 光復70周年をこのまま終えるのが惜しいのだろうか。安倍首相が2015年も あと数日という今、世論づくりの主人公として踊り出た。 いつもそうだった。緊急で重要な外交問題を、メディアを通して暴露し、 世論はこれに踊らされ惑わされてきた。その波紋は、あたかも真実である かのように、直ちに歴史を変えるかのように、世の中を騒がせた。過ぎて 見れば結局何らの進展もなく、内容のないパフォーマンスに過ぎなかった。 その中で、被害者たちは「今度は本当に可能性があるのか?」と期待し、 「やっぱりダメなのね」と天国と地獄を行き来する。このような日本政府 を見て「まるで私たちをからかっているみたい」と言う。 この度の事態は、安倍晋三首相が25日、岸田外相に「慰安婦」問題妥結の ため年内に韓国を訪問するよう電撃的に指示したという日本のある放送局 の報道から始まった。韓国メディアも一斉に日本発のニュースを報道し始 めた。外交の相手国である韓国政府との間でやりとりされている重要で緊 急な外交議題を、このようにメディアを通して流し、世論づくりをして日 本政府の立場を固めようとする下心が実に見苦しい。そして、そのように 騒々しく登場した「年内妥結」努力の中身は空疎としか言いようがない。 日本のメディア報道によると、安倍首相が責任をとるという解決の中身は 「被害者支援のためのアジア女性基金のフォローアップ事業を拡大して1億 円規模の基金を創設することと、安倍首相の謝罪の手紙」だという。これ では10年前、日本政府が法的責任を否定して掲げた「補償に代わる措置」 としてのアジア女性平和国民基金のやり方と何ら変わらない。アジア女性 基金は、被害者の反対にあって既に失敗した日本政府の政策だった。 私たちは、緊急に開かれる2015年最後の日韓外相会談では真に日本軍「慰 安婦」問題解決のための正しい協議がおこなわれるよう願い、以下のよう に明らかにする。 1. 解決の内容に何が盛り込まれるべきか。 すでに私たちは何度も日本政府と韓国政府に要求している。2014年、東京で 開催された第12回日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議で採択された提言で、 また2015年にソウルで開かれた第13回アジア連帯会議の決議で求めた内容だ。 第一に、日本軍「慰安婦」問題解決のために日本政府は、 ‘本政府および軍が軍の施設として「慰安所」を立案・設置し管理・統制 したこと、 ⊇性たちが本人たちの意に反して「慰安婦・性奴隷」にされ、「慰安所」 等において強制的な状況の下におかれたこと、 F本軍の性暴力に遭った植民地、占領地、日本の女性たちの被害にはそれ ぞれに異なる態様があり、かつ被害が甚大であったこと、そして現在もその 被害が続いているということ、 づ時の様々な国内法・国際法に違反する重大な人権侵害であったという 事実と責任を認めなければならない。 第二に、このような事実認定に基づいて、)櫃垢海箸里任ない明確で公式 な方法で謝罪すること、⊆婪瓩両擇箸靴独鏗下圓貿綵すること、真相究 明のため、日本政府保有資料の全面公開、国内外でのさらなる資料調査、国 内外の被害者および関係者へのヒヤリング、ず独防止措置として義務教育 課程の教科書への記述を含む学校教育・社会教育の実施、追悼事業の実施、 誤った歴史認識に基づく公人の発言の禁止、および同様の発言への明確で公 式な反駁等をおこなうことである。 2.解決に前提条件はありえない。日本政府は責任を尽くさなければならない。  解決の前提条件として「平和の碑」の撤去と「二度と問題を蒸し返さない という約束」を提示していることは、安倍政権が表向きには日本軍「慰安婦」 問題の解決を口にしながら、実は日本軍「慰安婦」問題を解決する意思がない のだとしか解釈できない。さらにこれは、仮に日本軍「慰安婦」問題が未解決 のまま残された場合に、その責任を被害者側である韓国社会に押しつけるた めの術策ではないかとさえ思われる。 ―「平和の碑」は、1992年1月8日に始まった水曜デモが2011年12月14日に 1000回を迎えた日に、20年以上も毎週水曜日にその場所で訴えてきたハルモ ニたちと私たちの歴史を記憶するために建てたものだ。過去の辛い歴史を記 憶することを超えて、被害者と市民の1000回もの叫び、20年もの歳月あきら めずに水曜デモをおこなってきた過程を表現したものである。そして、戦争 を経験していない若い世代に、生きた歴史教育の場として、人権と平和教育 の教室として、被害者の人権擁護活動の象徴として積み重ねてきたその歴史 を前向きに評価し、褒め称えて「平和の碑」を建てたのである。ところがこ れの撤去を条件とすることは、加害者が被害者の問題解決の歴史を抹消しよ うとする暴力的な動きであり、新たな障害を作り出すものである。 ―「二度と問題を蒸し返さないという約束」をしろという前提条件も、加害 者側が出してはいけないもので、ありえないことだ。それは、日本政府の正 しい責任履行によって実現されることで、韓国政府が前提条件として約束す る事柄ではないからである。 3.私たちは、日本軍「慰安婦」問題解決のため、25年間、諦めずに走ってき た。その成果が国連と国際社会の決議採択、日本政府への勧告を引き出し、 韓国憲法裁判所の判決を生み出したのだと思う。また、このような圧力によっ て、日韓政府が日本軍「慰安婦」問題を外交議題として議論するようになった のだと思っている。12月28日に予定されている日韓外相会談は、25年もの間努 力してきた、このような被害者たちの活動とアジアの被害国の女性たち、そし て国際社会の努力が実を結ぶような形で結果が引き出されなければならない。 万が一にも懸念される、外交辞令でお茶を濁すような解決ではなく、被害者が 心から納得できる、受け入れることのできる、速やかで正しい解決を願う。 ※金福童ハルモニの立場 「安倍が謝罪の手紙を出して、10億ウォンで解決するって? そんなこ とで解決はできないよ。こっそり、誰も分からないように手紙を出して おいて、後でまたそんなことしてないって言うつもりじゃないの? 記 者をみんな集めて、その記者たちの前で宣言しなきゃ。日本が、安倍の 時代にやったことではないけど、祖先たちが私たちに悪いことをしたっ てこと、戦場に私たちを連れて行って、あんな凄惨な状況で軍人たちに されたこと、申し訳なかったって、許して欲しいって言わなきゃ。それ も、一人でやるんじゃなくて、日本政府の公式的な立場でやらなきゃ。 それから10億ウォン、私たちがお金が欲しくてこんなに長い間こうして きたと思ってるのかね? 私たちも、今では韓国政府が生活支援金もく れるし、民間団体でこうして面倒もみてくれてるんだから、お金がなく て言ってるわけじゃないじゃない。法的に賠償しろってことなんだよ。 それは、犯罪国家として、罪をおかしたということを認めろってことよ。 そうじやないですか? それから少女像を撤去しろってことだけど、 それと問題を解決するのとは関係のない、全く別のことだと思うんだけ ど、どうしてやたらと少女像をなくせって言うのか分からないね。私た ちの国に私たちが建てたのに、どうして日本がああしろこうしろって指 図するの? 少女像は私たちの過去の歴史、過去にああいう辛いことが あったってことを、後生に伝えて二度と同じようなことがないように、 歴史の勉強をさせる目的で建てたのに、なぜ歴史を消せ、なくせって言 うのか分からない」 2015年12月26日 韓国挺身隊問題対策協議会共同代表 ユン・ミヒャン、ハン・グギョム、 キム・ソンシル

Created by staff01. Last modified on 2015-12-27 19:49:06 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について