本文の先頭へ
LNJ Logo トーベ・ヤンソン展に行ってきました(壱花花)
Home 検索
 


*レイバーネットMLから
佐々木有美さんの記事(http://www.labornetjp.org/news/2014/1115tobe)を読み、トーベ・ヤンソン展に行ってきました。

目的は、政治風刺雑誌「ガルム」の絵。
「ガルム」は順路の最初のほうに展示されていて、ムーミンの展示はその後でした。
休日で混んでいたため、列がなかなか進みません。
「ガルム」のコーナーのあたりで、小さな女の子が親に「ねえ、ムーミンま
だ?」と言ってたのには苦笑しました。

もう一つの目的は、トーベ・ヤンソンが伴侶と夏季を過ごした島に関するの展示
を見るためです。展覧会ではさらっと「パートナー」と紹介されていましたが、
伴侶は女性です。

フィンランドでは1971年まで、同性愛は違法だったそうです。
トーベ・ヤンソンは2001年で亡くなる数年前に、自分のセクシュアリティをカミ
ングアウトしました。

トーベ・ヤンソンがナチス批判の絵を描いている当時、自身のセクシュアリティ
をどこまで自覚していたかは不明ですが、ナチスが同性愛者を迫害しているとい
う情報は耳にしていたかもしれません。憶測ですが。

ナチスによる同性愛者迫害については、以前、ブログに書きました。
被害者の証言を集めた映画「刑法175条」を見た感想です。(壱花花)
http://18787.blog63.fc2.com/blog-entry-20.html




Created by staff01. Last modified on 2014-11-23 11:00:08 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について