本文の先頭へ
LNJ Logo 安倍政権は民意を聞け!〜12.4国会ヒューマンチェーンに6千人
Home 検索
 


安倍政権は民意を聞け!〜国会ヒューマンチェーンに6千人

 続々と押し寄せる人の波。たくさんのプラカード。みんな怒りに満ちた表情だ。12月4日正午から始まった国会を取り囲む「秘密保護法反対」ヒューマンチェーンは、12時35分の段階でほぼつながった。午後1時と1時30分の2回にわたって、国会は完全に包囲され、「秘密保護法反対」「強行採決やめろ」のコールが周辺一帯に響き渡った。集まった人数は、約6千人となった。

 参議院議員会館前では、落合恵子、小山内美江子、佐高信、村井敏邦、田島泰彦、現代書館菊池社長、「週刊金曜日」平井編集長などの各氏がマイクを握り廃案を訴える。さらに国会議員が次々にアピールした。

 ちょうど参院本会議が開会中であり、議員たちに届くように、「私たちはテロリストではない」「民意を反映する国会になれ」「秘密保護法廃案へ」と参加者たちはコールを続けた。

 いろんな人がやってきた。大きな団体に所属しているかたも、もちろん見かけたが、数名のグループや個人での参加者も多く、運動が草の根のように広がっていることを物語っていた。

 参加者は、午後から強行開催される大宮での「地方」公聴会抗議行動に移動する人、数か所で開催されている院内集会へ移動する人、議員会館前に残ってアピールを続ける人など、解散後も行動を続ける人が多数見られた。(白石孝)

動画(YouTube 5分)

↓議員会館前

↓「私たちが主権者」プラカードに思いをこめて

↓さあ手をつなごう!国会は完全包囲された

 


Created by staff01. Last modified on 2013-12-05 01:01:20 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について