本文の先頭へ
LNJ Logo 秘密保護法絶対廃案!大阪で約1000人が抗議デモ
Home 検索
 


秘密保護法絶対廃案!大阪で約1000人が抗議デモ

12月4日、扇町公園で秘密保護法絶対廃案の緊急集会がひらかれ、1000人近い人々が結集し、中之島まで抗議のデモを行いました(7時過ぎの発表では800人でしたが、続々仕事帰りの労働者・市民が結集)。

服部良一元衆議員議員の報告では、明日、参議院特別委員会で強行採決が、明後日本会議で強行採決が行われようとしているということです。集会で、明日、明後日(5日、6日)、夕方17時から、自民党大阪府連事務所前(地下鉄天満橋駅南徒歩数分。ガレリア大手前ビル前)に集合して、最後の、廃案求める街頭宣伝を地域一帯で行おう!すべての皆さんが結集してくださいとアピール、行動提起がありました。

永嶋弁護士はじめ、すべての発言者が、凄まじい危機感を述べて何としても廃案にするために、最後の最後まで闘うことを訴え、参加者も誓い合いました。賛同団体の打ち合わせでは、各国会議員には、1日に、10cmの厚さの抗議メールが届いているそうです。国民の6〜7割が法案に反対しているにもかかわらず、自公政権は、数の暴力で強行採決しようとしています! そんなでたらめなことは絶対に許してはなりません!!

明日明後日、仕事終了後、数千の人々の怒りの声で、自民党大阪府連に抗議の嵐を上げよう!何が「デモはテロ」(石破茂)だ!ちゃんちゃらおかしい!権力の不正・秘密を暴露するものを、重罪=懲役10年にする法こそ、テロリズムではないか!!

(報告=関西合同労働組合)


Created by staff01. Last modified on 2013-12-04 23:33:45 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について