本文の先頭へ
LNJ Logo 報告 : リトアニアの国民投票を尊重し、日立は原発輸出をやめろ!
Home 検索
 


報告 : リトアニアの国民投票を尊重し、日立は原発輸出をやめろ!

12月18日午前10時30分から、東京にある日立本社前で、リトアニアへの原発輸出に反対する抗議行動が実施されました。「脱原発世界会議2」(15-16日開催)に参加のため、各国から来日した約20名が中心となり、リトアニアでの原発建設中止を求め、文書で申し入れました。文書は日本政府、国際協力銀行、そしてリトアニア政府に対しても送付。リトアニアから来日したアンドレイ・オザロフスキーさんは、「国民投票では、62・68%の人が原発新設に反対だ。リトアニア国民の意思を尊重してほしい」と主張しています。また、1970年の日立就職差別裁判闘争以来、日立と闘い続ける朴鐘碩さんも現場に駆けつけ、皆と連帯し「日立のリトアニアへの原発輸出反対」「HITACHI, GERBK LIETUVA(日立はリトアニアを尊重せよ)」と訴えました。

リトアニアでは、2000年代にソ連時代の原発が閉鎖された後、原発新設プロジェクトが進められ、11年に日立が優先交渉権を獲得。ところが3・11フクシマ原発事故後、「脱原発」の世論が広がり、2012年10月に行われた国民投票では新設反対が6割を超えました。また同時期に行われた選挙で、建設を推進してきた与党が敗北し、政権交代も起きました。それにもかかわらず、未だに日立は原発輸出を断念していません。安全で平和に暮らしたいという願いは、世界中どこの人々でも同じではないでしょうか。今こそ「脱原発」国際連帯が必要です。

※なお、リトアニアの国民投票には「歴史」がある。1990年3月11日、民族組織「サユディス」が選挙に圧勝すると、共和国最高会議議長がソ連からの独立を宣言。だが1991年1月、ソ連は武力投入して放送局やテレビ塔を占拠し、市民14名が死亡・700人が負傷した。それに対し1991年2月9日、初の国民投票により、90.24%のリトアニア国民が独立宣言を支持。命懸けの闘争の中で、生まれた民主主義制度と言ってもよいだろう。

報告:佐藤和之(脱原発かわさき市民)
Blog=>http://blogs.yahoo.co.jp/tocka_jikkoi/64132037.html


Created by staff01. Last modified on 2012-12-20 13:56:03 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について