本文の先頭へ
LNJ Logo 写真速報 : クニに騙されるな!太田昌国さん「固有の領土論」を撃つ
Home 検索
 


クニに騙されるな!〜太田昌国さん「固有の領土論」を撃つ

9月27日のレイバーネットTVは「“尖閣・竹島”だれのもの?―太田昌国と考える領土問題」を放送した。太田さん(写真)は、全マスコミが「固有の領土論」に乗ってナショナリズムを煽るなか、その「論」の虚偽性を歴史的に明らかにした。「領土問題の原点は植民地主義。江戸時代の日本は“本州・四国・九州”だけで、明治の“蝦夷征伐・琉球処分”で領土を南北に広げた」と、北海道・沖縄が入っていなかった当時の日本地図を示した。「竹島・尖閣の領有も日本のアジア侵略の過程で行われたもの」。また今回の引き金は、石原都知事の“尖閣買取り”発言であったと指摘し、「横田基地返還の公約を破り、沖縄の問題も福島の問題も無視する知事がなぜ尖閣を言い出したのか。国家間の対立を煽る権力者の意図を見抜き、クニに騙されないことが大事だ」と説いた。(М)

↓準備中。狭い神楽坂スタジオに機材がならんだ

↓ニュースダイジェスト(尾澤邦子さん)

↓「領土問題」特集、太田さんが熱弁。「先占」という強者の論理で領土略奪がはじまった

↓たくさんの図表を駆使。江戸時代の日本地図には北海道はない

↓山口正紀さんは、1931年の柳条湖事件(日本軍部によるデッチあげ事件で中国侵略の発端)のときのマスコミの嘘と侵略加担をとりあげ、「同じことが繰り返されている」と警告した

↓ジョニーH「戦争をしたがる大人たち」うたう

↓乱鬼龍の川柳

↓レイバーネットTVでリーフレットつくりました

↓恒例の記念撮影

↓同じ場所で二次会。会費は300円

↓本番で紹介し忘れた富山県作成の日本地図。太田さん「これを見ると日本がアジアの一員であることがよくわかる。日本は遠いアメリカを向くのでなく、近隣アジアと共存する道をさぐるべき」。

*写真撮影=小林未来

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
松元ちえのツイッターから
今晩のレイバーネットTVで、太田昌国さんから「尖閣・竹島領土問題」についての解説があった。歴史認識はもちろんのこと、福島の原発被害の解決もままならず、沖縄の基地問題やオスプレイ強制配備など深刻な問題に手をつけない政府が、隠れ蓑として対外感情を煽っているという。一番ストンときた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アーカイブ視聴(81分)

レイバーネットTV次回放送は、10月12日(金)午後8時〜9時15分。IMF世界銀行を特集します。


Created by staff01 and Staff. Last modified on 2012-12-04 13:17:25 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について