本文の先頭へ
LNJ Logo 報告:朝鮮学校差別を許さない!「高校無償化」即時適用を求める市民行動
Home 検索
 


「絶対に、この闘いに勝ちたい!」(朝鮮学校生徒)
政府は、朝鮮学校に「高校無償化」の即時適用を!

6月27日、東京芝公園で「朝鮮学校差別を許さない!『高校無償化』即時適用を求める市民行動」が開催され、1000人が結集した。(主催・「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会) 3月27日に東京・代々木公園での緊急集会では、1000人が結集した。それに前後して全国各地でも同趣旨の集会がもたれ、自治体でも決議があがり、朝鮮学校排除に対する抗議の声は確実に広まっていった。

4月30日、文科省は31校の外国人学校・インターナショナルスクールを「高校無償化」の対象とすることを発表、ただし朝鮮学校は対象から除外された。政府は、この件について「専門家会議」なるもので検討するとしているが、排除の論理は明らかに実行過程をつきすすんでいる。これに対する怒りが、再度爆発したのだ。

この集会に向けた賛同は、前回の集会の2倍を上回る140以上の団体から寄せられた。集会には、350人の朝鮮学校生徒が結集した。朝鮮学校の生徒たちは全国の朝鮮高校10校を束ねた「連絡会」を作り、無償化即時適用を求める署名運動を展開しているということが、東京朝鮮中高級学校の生徒会長から報告された。また、同校生徒会副委員長からは、「悲しみは、勝ちたいという決意になった」という発言があった。

運動は確実に継続・拡大している。これを、ぜひとも成果に結びつけていきたい。(湯本雅典)

動画(UnionTube)

↓在特会が妨害


Created by staff01. Last modified on 2010-06-28 08:06:55 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について