本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:統合進歩党、前職・現職代表・議員などが離党
Home 検索
 


統合進歩党、前職・現職代表・議員などが離党、旧党権派にメッセージ

柳時敏「私たちの誤り立証を」...魯会燦「低いところからまた」

キム・ヨンウク記者 2012.09.13 15:04

柳時敏(ユ・シミン)、シム・サンジョン、チョ・ジュノ前統合進歩党共同代表 が離党を宣言した。これで旧民主労働党と統合進歩党の元党代表は、李正姫(イ・ ジョンヒ)前代表を除き全員が離党を宣言した。

現職議員でない柳時敏、チョ・ジュノ前代表は9月13日午前、進歩政治革新の会 運営委員会の冒頭発言で、離党の心境を明らかにした。この日の統合進歩党の 離党ラッシュはね前職・現職代表と国会議員、地方議員、最高委員にも続いて、 本格的な新党創党に向かう動きが始まったことを知らせた。

特に、現役地方区議員のシム・サンジョン、魯会燦、カン・ドンウォン議員の 離党宣言には、まずセルフ除名で無所属になったソ・ギホ、パク・ウォンソク、 キム・ジェナム、チョン・ジヌ議員も共に国会記者会見場に立った。離党記者 会見をした前職・現職代表と議員は、党権を死守する旧党権派に微妙な心情を 含むさまざまなメッセージを投げた。

まず柳時敏前共同代表のメッセージが最も眼につく。柳時敏前代表は旧党権派 に脱党派の自分たちが異なる選択をしたことを立証する歴史的責任があるとし、 幸運を祈った。

柳時敏前代表は「党で希望を見つけられずに党を離れる私たちの判断は誤った 判断かもしれない」とし「党に残る方々がさらに革新し、さらに発展し、『党 を離れた私たちの判断が誤りだった』と立証する責任がある。それが党に残る 方々が歴史の中で勝利する道であり、できれば成功して国民の理解と愛を受け る、そんな政党になるよう幸運を祈る」と話した。

チョ・ジュノ前代表は、旧党権派の責任と新しい政党の道を強調した。チョ前 代表は離党の心境で「いつからか私たちの進歩政治が旧態を踏襲していた」と し「私たちが自浄努力をして刷新しなければ、国民の目の高さ、労働者、農民、 庶民大衆から無視されるということを骨に凍みて十分に噛み締めなければなら ない」と話した。

チョ・ジュノ前代表は、また「私たちは今、国民の目の高さ、労働者、農民、 庶民の希望になって、その苦痛を抱いて未来に進む政治の道を進みたい」と明 らかにした。

魯会燦(ノ・フェチャン)議員は、残った統合進歩党の党員に韓龍雲の『あなたの 沈黙』の一節を伝えた。

魯会燦議員は「『われわれは会う時に別れを心配するように、別れる時にまた 会うことを信じます』。私は心からまた会えると信じる」とし「しかしその日 は、私たちが互いに今よりはるかに良くなれば可能」と話した。

ノ議員は続いて「流れる水は山の中で別れても野原でまた出会い、野原で別れ た水があの海にまた集まるが、どんな水もますます低いところで臨む時、その 出逢いも可能になる」とし「進歩政党の本来の精神に戻り、さらに低いところ にいれば、結局に共に出会うことを心から望む」と明らかにした。

シム・サンジョン、「国民だけを見て前に進む」

シム・サンジョン議員は「早に白帝城を発す」という李白の詩のある一節で、 離れる人の覚悟に代えた。シム議員は「『兩岸猿聲啼不住、輕舟已過萬重山』 両岸の猿が啼きやまないうちに、舟は多くの山を越えて海に進んでいるという 意味」とし「躊躇すること、泥仕合の騒がしさ、煩悶の苦しさをもう振り返ら ず、志を立てて船を出したからには国民だけを見て前に進む」と覚悟を固めた。

カン・ドンウォン議員もソンガン・チョンチョル先生がチョンインに残した詩 を引用し、旧党権派に自分の心境を伝えた。カン・ドンウォン議員は「言葉は 行こうとし、あなたは掴んで行くなという。あなたは行く私を捉えず、沈む 太陽を捉えろ」と短く話した。

統合進歩党離党記者会見は前職国会議員と最高委員も続けた。

初の環境美化員出身のホン・ヒドク前議員は、前最高委員と共に記者会見を行い、 旧党権派を強く非難した。

ホン前議員は「今の統合進歩党は、特定政派の覇権主義で国民の上に君臨し、 純粋に進歩政治を渇望する党員の上に君臨する仲間内の政治に没頭してきた。 国民にバカにされ、とても一緒にできない」とし「それでもこのまま止まれない ので、反省と省察する気持ちで労働者/庶民大衆の痛みを共に解決する真の 大衆的進歩政党建設のために進む」と明らかにした。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2012-09-15 01:42:13 / Last modified on 2012-09-15 01:42:13 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について