本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:[国際民衆行動1信]いよいよ持ち出してきた『牛肉』...『FTA全面廃棄』要求
Home 検索
 


[国際民衆行動1信]いよいよ持ち出してきた『牛肉』...『FTA全面廃棄』要求

14時、ソウル駅に4千人が集まり『韓米FTA強行MB政府糾弾大会』

共同取材チーム 2010.11.11 16:05

[1信]いよいよ持ち出してきた『牛肉』...『FTA全面廃棄』要求

14時、ソウル駅に4千余名集まって『韓米FTA強行MB政府糾弾大会』進行

当初、10日に妥結すると予想されていた韓米FTA再協議が合意に至らなかった。 米国側の牛肉開放要求に対して両国が意見の違いを示し、韓米首脳会談以後に 交渉が延期になったためだ。米国車に関する交渉が争点になった今回の韓米FTA は、やはり米国側が牛肉開放カードを持ち出して、議論に包まれることになった。

また、政府は韓米FTA交渉に突入する前、「協定文は一文字も直さない」強硬な 立場を示したが、結局EU FTAと同等に待遇しろという米国側の要求で、事実上 付属書や書簡に明記するものと見られる。事実上の『再協議』であることが立 証された今回の韓米FTA交渉は、特に米国車部門でも『ばらまき交渉』と非難さ れてきたが、牛肉分野も問題に浮上した状況で、反対世論はさらに強まりそうだ。

まず政府は30か月以上の牛肉輸入を要求する米国側要求に『受け入れない』と いう立場を取ったという。だが交渉は韓米首脳会談以後に再開され、市民社会 団体は『自動車分野でばらまき交渉をした政府が、牛肉も開放しないという保 障はない』と対立点をたてている。

ソウル駅、4千人が集まって「韓米FTA全面廃棄」を要求

そのため労働、市民社会団体会員4千人は11日午後、ソウル駅前で集会を開き、 『韓米FTA全面廃棄』を要求した。すでに2007年、韓米FTAでサービス、農業な どの分野を放棄した政府が、今回の再協議で対米従属性をさらに確実にすると いう主張だ。

この席でイ・ガンシル韓国進歩連帯代表は「FTA協定が妥結すれば、金融企業と 株式市場を占める米国は、国民の血の汗の結果を強奪して行くだろう」とし、 「また教育費、医療費、薬の価格などは手が届かない所まで高騰し、国民の生 存権を威嚇する」と警告した。

FTAの毒素条項も指摘された。イ・ガンシル代表は「力尽防止条項は、この協定 を廃棄したくても、変えたくてもこれを源泉封鎖する」と強調した。

終盤に米国側が牛肉開放を要求し、国民健康権を憂慮する声も提起された。イ・ ジョンヒ民主労働党代表は「今、牛肉問題が出てきた」とし「米国商工会議所 長が昨日、牛肉開放について『協議している、3/4程度妥結した、細かい調整だ けが残っている、米国が望む方向に向っている』と話した」と述べた。続いて 「今回のBSE牛肉の密室交渉は、6年間韓米FTAと戦ってきたわれわれの力を見せ る」と警告した。

チョン・ウィホン民主労総首席副委員長も「交渉が決裂しても、今まで政府が 密室交渉を続けて、ばらまき交渉をしたことを見れば、今後の交渉は見なくて も明らかな結果になる」と批判した。

一方、彼らは『韓米FTA強行、労働弾圧李明博政権糾弾大会』を終え、『G20糾 弾国際民衆共同行動の日』を進める。彼らはイベントが終わり次第、都心デモ 行進に突入する予定だ。(メディア忠清、チャムセサン共同取材チーム)

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2010-11-11 18:27:34 / Last modified on 2010-11-11 18:27:37 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について