本文の先頭へ
LNJ Logo 写真速報 : 厳しい時代に立ち向かう文化〜レイバーフェスタ2012開かれる
Home 検索
 


厳しい時代に立ち向かう文化〜レイバーフェスタ2012成功裏に終了

12月15日、レイバーフェスタ2012が東京・新大久保アールズアートコートで開かれた。選挙戦最終日の中だったが130人が集まった。映画『X年後』からフィナーレの中川五郎(写真)と歌う「ウィ・シャル・オーバーカム2012(大きな壁が崩れる)」まで盛り沢山だったが、充実した内容に観客も大満足。「今までのフェスタで一番よかった」の声をいただいた。演目の中には、ビキニ被ばく・足尾鉱毒事件・パリコミューン・ベトナム反戦なども出てきたが、それらはすべて今の日本に生きる私たちにリンクして迫ってきた。ジョニーHの「東京なのに宇都宮」では会場一体となって大合唱。選挙の行方を案じ、厳しい時代に立ち向かう文化の祭典となった。またワープア川柳の特選には「議事堂が小さく見える金曜日」が選ばれた。(M)

動画(YouTube 6分半)

↓映画「X年後」上映後、木下昌明さんが解説

↓フィナーレでドラム隊と一緒に「ウィ・シャル・オーバーカム2012」を歌う

↓二次会、30人が集まり大交流会になった


Created by staff01. Last modified on 2012-12-16 18:56:41 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について