本文の先頭へ
LNJ Logo 「アフガン日本人殺害」緊急集会〜NGO・ジャーナリストの役割を再認識
Home 検索
 


「アフガン日本人殺害」緊急集会 報告
                     by大地実

 9月4日「アフガン日本人殺害」緊急集会が、ペシャワール 会の伊藤和也さんがアフガニスタンで殺害された事件の意味を 問い、危機にさらされながら仕事をするNGOやジャーナリス トの役割を再認識し、伊藤さんを偲ぶ機会として、東京の明治 大学お茶の水校舎リバティタワーで開催された。会場は立ち見 の人もでるほど盛況になった。

アフガニスタン現地で長く地元の人たちと一緒に人道支援に取り組んできたNGOの報告や現地に入って取材してきたジャ ーナリストの話は、映像も適宜使われて、その内容は見ごたえ 聞きごたえあるものだった。本格的なビデオカメラが4台は入 っていた。その他参加者の人たちが撮っていた分は確認できな かった。また参加者は50代以上の人たちよりも40代、30 代、20代の人たちが多かったことにも私は注目した。

司会は、広河隆一氏(DAYS JAPAN編集長 JVJ A会員)で、発言者は以下の5氏であった。
伊勢崎賢治(東京外語大教授)
石山永一郎(共同通信社編集委員)
白川 徹  (ジャーナリスト・アジアプレス所属)
長谷部貴俊(JVCアフガニスタン代表)
山元めぐみ(ピースウィンズジャパン)

第一報として、以上取り急ぎ報告する。内容の詳細は後日別 途報告予定。


左から伊勢崎賢治氏(東京外語大教授)・長谷部貴俊氏(JVCアフガニスタン代表)・石山永一郎氏(共同通信社編集委員)・山元めぐみ氏(ピースウィンズジャパン)


司会の広河隆一氏(横のスクリーンには中村哲氏が写っているのだが、私のデジカメでは良く撮れていない)


Created by staff01. Last modified on 2008-09-05 22:25:41 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について