本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:9号線民間委託同意案可決…労組、野宿座り込み突入
Home 検索
 


9号線民間委託同意案可決…労組、野宿座り込み突入

9号線支部、争議行為賛否投票突入

ウン・ヘジン記者 2020.06.17 20:11

ソウル市議会交通委員会が9号線に対する民間委託同意案を全員一致で可決した。 9号線の労働者たちは、市民の安全を威嚇する民間委託を拒否して野宿座り込みに突入した。

交通委員会は6月17日午前10時に会議を開き、 午後3時30分頃、9号線に対する民間委託同意案を全員一致で可決した。 5月25日にソウル市は 「ソウル特別市9号線2・3段階区間管理運営事業民間委託同意案(民間委託同意案)」を ソウル市議会に提出し、労働・市民団体から非難を受けた。

民間委託同意案議決が予定されたこの日の午前9時30分、 公共運輸労組ソウル・メトロ9号線支部のシン・サンファン支部長は、 ソウル市議会別館の前で民間委託阻止のための野宿・座り込みに突入した。 これまで労組と市民社会は9号線の環境改善のために、 民間委託ではなく「公営化」を推進すべきと要求してきた。 2018年に「9号線安全と公営化市民社会対策委員会」が実施した市民アンケートでも、 回答者の93%が9号線改善のために「公営化」を推進すべきと答えた。

[出処:公共運輸労組ソウル・メトロ9号線支部]

全国鉄道地下鉄労働組合協議会(軌道協議会)は6月17日午前9時30分、 ソウル市議会別館の前で座り込み突入記者会見を開き、 「運営人員の不足と労働者の深刻な労働強度は、そのまま利用客であるソウル市民の安全に直結してしまった」とし 「9号線はソウルの地下鉄のうち混雑度が一番高い路線になり、 ラッシュアワーには市民は地獄鉄の中で疲れている」と指摘した。

軌道協議会は9号線の「高い混雑度」の現象が良くならない理由として、 「(民間委託は)契約によって定められた事業費内で行われるので 安全のための最善の業務ではなく、 費用中心の現状維持が事業運営のカギになりやすい構造」とし 「安全ではない『費用中心の現状維持』が中心だ。 現状維持はこのままずっと『地獄鉄』だ」と指摘した。 当初、9号線はソウル地下鉄5〜8号線と同じ8両編成で設計されたが、 初期には4両編成で運営して市民の不満により最近6両編成に増やした。

合わせて彼らは 「こうして事態では労働者たちの境遇が良くなるわけがなく、 9号線の2・3段階の安定的運営は骨を折ることになる」とし 「結局、乗客は助けが必要な時に駅やホームで職員を見つけるのが難しくなり、 機関士は鼻血を流して働いても休めない。 それでもソウル市はまた再委託を推進している」と批判した。

9号線は江南の主要乗換駅を中心としてソウルの東西を横切り、ソウル市内に入る乗客を運ぶため、「黄金路線」と呼ばれる。 国土部の鉄道統計によれば、9号線の乗車下車乗客数は2017年は1億9138万人で、 昨年は2億332万人と着実に増加している。 KBSが2015年に報道した「年度別ソウル地下鉄9路線混雑度」の調査でも、 9号線(急行列車基準)の混雑度は238%で、他の8路線の平均混雑度の158%をはるかに上回った。 軌道協議会は「混雑度が200%を越えると人の間に挟まって呼吸困難などで気を失うこともあるが、 実際に乗客が倒れて救急車で運ばれる事も少なくない」と指摘した。 混雑度は列車1両の定員に対する乗車人員をいう。

2018年の7月には当時9号線を運営していたソウル交通公社の子会社 ソウル・メトロ9号線運営(株)が最低賃金法違反および勤労基準法違反で労働庁から是正指示を受けた。 その上、ソウル市が市議会に提出した 「ソウル市民間委託総合評価書」でも、 9号線の非正規職が増加問題に対して 「正規職転換で雇用安全性を企てなければならない」と指摘した。 評価書によれば、2017年の非正規職割合は18.9%で昨年23.1%に増加した。

ソウル市とソウル交通公社の地下鉄9号線運営委託契約は今年8月までだ。 そのため6月30日の本会議で民間委託同意案が最終通過すると、 ソウル市は9号線民間委託のための民間業者選定に入る。 労組は本会議が終わるまで座り込みを続ける計画だ。 シン・サンファン支部長は 「19日に地労委の争議調整申請結果が出る。 調整が入らなければスト権を得ることになる」と伝えた。 9号線2・3段階労組のソウル・メトロ9号線支部は、17日から争議行為賛否投票に突入する予定だ。

[出処:公共運輸労組ソウル・メトロ9号線支部]

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2020-06-26 20:43:39 / Last modified on 2020-06-26 20:43:40 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について