本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:警察、ムン・ジュンウォン烈士の霊柩車を囲んで焼香妨害…衝突
Home 検索
 


警察、ムン・ジュンウォン烈士の霊柩車を囲んで焼香妨害…衝突

故人の夫人「夫に手をつけるな」と絶叫

キム・ハンジュ記者 2019.12.27 20:16

12月27日午後6時頃、警察が政府ソウル庁舎の前に作られた韓国馬事会の ムン・ジュンウォン烈士の焼香を妨害し、労働者、市民と衝突した。

先立って公共運輸労組はこの日の午後5時頃、 政府ソウル庁舎の前にムン・ジュンウォン烈士市民焼香所を設置した。 ムン・ジュンウォン烈士の霊柩車は午後6時に焼香所に到着したが、 数百人の警官が霊柩車を取り囲んで進入を防いだ。 特に警察がレッカー車を動員して霊柩車の牽引を試みて、衝突が起きた。 労働者、市民約200人は警察が遺体を奪取しようとすると反発し、 午後8時現在まで警察と対峙している。

▲ムン・ジュンウォン烈士の遺族[出処:公共運輸労組]

ムン・ジュンウォン烈士の夫人は霊柩車を捕まえて警察に 「私の夫に手をつけるな」と絶叫した。 現在、警察のレッカー車は撤収した状態だ。 公共運輸労組によれば、警察は霊柩車の運転手に免許取り消しまで言及したという。

公共運輸労組は午後7時50分にマスコミへのブリーフィングで 「警察は道路交通違反に言及して霊柩車を遮った」とし 「霊柩車まで防ぐ警察の行動はとうてい納得できない。 馬事会では14年間で7人の労働者が死んだ。 第2、第3のムン・ジュンウォンが現れないようにするには、 政府が責任を持って解決しなければならない」と明らかにした。

一方、公共運輸労組はこの日、青瓦台の市民社会首席室と面談した。 労組は青瓦台側に烈士問題解決、再発防止対策を要求し、 青瓦台は「面談で提起された問題を報告して措置するように努力する」とだけ答えたと 労組は伝えた。

ムン・ジュンウォン烈士は韓国馬事会の不条理とカプチル(パワハラ)を暴露して、 去る11月29日に自ら命を絶った。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2020-01-06 15:41:36 / Last modified on 2020-03-15 01:24:44 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について