本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:料金所労働者80人、民主党議員室8か所で座り込みに突入
Home 検索
 


料金所労働者80人、民主党議員室8か所で座り込みに突入

  「執権与党が、料金所集団解雇事態作った張本人」

キム・ハンジュ記者 2019.11.29 12:55

▲丁世均国会議員事務室[出処:民主労総民主一般連盟]

料金所労働者80人が共に民主党議員室8か所を占拠して座り込みに突入した。

民主労総民主一般連盟(以下労組)によれば、 料金所の労働者たちは11月29日午前11時10分、 民主党国会議員の丁世均(チョン・セギュン)、李仁栄(イ・イニョン)、 朴映宣(パク・ヨンソン)、禹相虎(ウ・サンホ)、金映豪(キム・ヨンホ)、 閔(ミン)ビョンドゥ、盧雄来(ノ・ウンネ)、洪翼杓(ホン・イクピョ) 事務所を占拠した。 労組は執権与党が料金所集団解雇事態を解決しなければ、 民主党のソウルにある25区の議員室全体を占拠することもあると明らかにした。

民主一般連盟は占拠の直後に立場文を出して 「料金所の集団解雇、暴力、連行、損害賠償仮差押え、懐柔、脅迫、無責任を作った張本人は 金賢美(キム・ヒョンミ)国土副長官と李康来(イ・ガンネ)韓国道路公社社長」とし 「金長官は現在民主党の所属で、李社長は民主党3選議員までした人物だ。 料金徴収員が自分たちの権利を守ろうとする過程での集団解雇と暴力が、 果たして共に民主党がすることかを問う。 そしてこれらの単語をなくすための解決方案も要求する」と伝えた。

労働者たちは約10人ずつ、朴映宣議員室を除く議員室7か所の内部を占拠して 「非正規職撤廃、直接雇用争奪、李康来社長罷免」と 書かれたプラカードを持った。 朴映宣議員室は 扉が閉まっていたため、扉の前で座り込みを続けている。

▲洪翼杓国会議員事務室[出処:民主労総民主一般連盟]

▲李仁栄国会議員事務室[出処:民主労総民主一般連盟]

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2019-12-03 11:16:19 / Last modified on 2019-12-03 11:16:20 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について